コムギ・カラスムギ間で選択性を有する除草剤の合成とその選択性機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 公平 マツモト, コウヘイ

書誌事項

タイトル

コムギ・カラスムギ間で選択性を有する除草剤の合成とその選択性機構に関する研究

著者名

松本, 公平

著者別名

マツモト, コウヘイ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

博士 (農芸化学)

学位授与番号

乙第623号

学位授与年月日

1996-07-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 コムギ・カラスムギ間で選択性を有する化合物の創製のための先導化合物の選定 / p5 (0010.jp2)
  4. 第1節 アリールオキシフェノキシプロピオン酸およびその誘導体の合成 / p5 (0010.jp2)
  5. 第2節 コムギ・カラスムギ間における選択性 / p11 (0016.jp2)
  6. 第3節 考察 / p13 (0018.jp2)
  7. 第3章 3,5-ジクロロピリジルオキシフェノキシプロピオンアミドオキシ酢酸誘導体のコムギ・カラスムギ間における選択性 / p16 (0021.jp2)
  8. 第1節 3,5-ジクロロピリジルオキシフェノキシプロピオンアミドオキシ酢酸誘導体の合成 / p16 (0021.jp2)
  9. 第2節 3,5-ジクロロピリジルオキシフェノキシプロピオンアミドオキシ酢酸誘導体のコムギ・カラスムギ間における選択性 / p19 (0024.jp2)
  10. 第3節 考察 / p21 (0026.jp2)
  11. 第4章 アミノオキシ酢酸誘導体の合成と除草活性 / p22 (0027.jp2)
  12. 第1節 アミノオキシ酢酸誘導体の合成 / p22 (0027.jp2)
  13. 第2節 アミノオキシ酢酸誘導体の除草活性 / p26 (0031.jp2)
  14. 第3節 考察 / p27 (0032.jp2)
  15. 第5章 ピリフェノップエステル配糖体の合成 / p28 (0033.jp2)
  16. 第1節 糖部分の水酸基をアセチル基で保護することによるピリフェノップエステル配糖体の合成の試み / p28 (0033.jp2)
  17. 第2節 糖部分の水酸基をベンジル基で保護することによるピリフェノップエステル配糖体の合成 / p29 (0034.jp2)
  18. 第3節 考察 / p33 (0038.jp2)
  19. 第6章 化合物(PPPAAA)のコムギ・カラスムギ間における選択性発現機構 / p35 (0040.jp2)
  20. 第1節 化合物(PPPAAA)のコムギ・カラスムギ間における選択性 / p36 (0041.jp2)
  21. 第2節 PPPAAAおよびその除草活性体(ピリフェノップ)の両植物の茎葉部への取り込み量の差異 / p37 (0042.jp2)
  22. 第3節 コムギ・カラスムギ間におけるPPPAAAの除草活性体への変換速度の差異 / p38 (0043.jp2)
  23. 第4節 茎葉部の生長阻害率と茎葉部中の除草活性体(ピリフェノップ)含量の関係 / p39 (0044.jp2)
  24. 第5節 両植物のアセチルーCoAカルボキシラーゼに対する除草活性体(ピリフェノップ)の阻害活性の差異 / p39 (0044.jp2)
  25. 第6節 両植物の茎葉部からの除草活性体(ピリフェノップ)の消失速度の差異と茎葉部中でのピリフェノップエステル配糖体含量の経時変化 / p40 (0045.jp2)
  26. 第7章 考察 / p41 (0046.jp2)
  27. 第7章 ピリフェノップのコムギ・カラスムギ間における選択性 / p43 (0048.jp2)
  28. 第1節 コムギ、カラスムギのカルスにに対するピリフェノップの選択性 / p43 (0048.jp2)
  29. 第2節 コムギ、カラスムギの茎葉部にに対するピリフェノップの選択性 / p43 (0048.jp2)
  30. 第3節 ピリフェノップの根部処理時での茎葉部への取り込み量 / p44 (0049.jp2)
  31. 第4節 考察 / p45 (0050.jp2)
  32. 第8章 PPPAAAの除草活性発現機構 / p46 (0051.jp2)
  33. 第1節 ピリフェノップのアセチル-CoAカルボキシラーゼに対する阻害活性 / p46 (0051.jp2)
  34. 第2節 脂肪酸含量におよぼすPPPAAAの影響 / p49 (0054.jp2)
  35. 第3節 アミノ酸含量におよぼすPPPAAAの影響 / p50 (0055.jp2)
  36. 第4節 考察 / p51 (0056.jp2)
  37. 第9章 コムギ、カラスムギ茎葉部における化合物(PPPMA)の代謝物の検索 / p53 (0058.jp2)
  38. 第1節 想定代謝物の合成 / p53 (0058.jp2)
  39. 第2節 代謝物の検索 / p55 (0060.jp2)
  40. 第3節 考察 / p57 (0062.jp2)
  41. 第10章 総括 / p59 (0064.jp2)
  42. 謝辞 / p64 (0069.jp2)
  43. 参考文献 / p65 (0070.jp2)
  44. Summary / p69 (0074.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151906
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068835
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316220
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ