地域農業発展の社会システム論的考究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 公能 コバヤシ, キミヨシ

書誌事項

タイトル

地域農業発展の社会システム論的考究

著者名

小林, 公能

著者別名

コバヤシ, キミヨシ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

博士 (農業経済学)

学位授与番号

乙第629号

学位授与年月日

1996-11-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 〔分析視角の部〕 農業問題の社会システム論的視角 / (0012.jp2)
  3. 序章 視角の明示 / p1 (0013.jp2)
  4. 第1章 システム概念と地域農業問題 / p3 (0015.jp2)
  5. 第1節 地域農業システムにおける共通目的と相互依存関係 / p3 (0015.jp2)
  6. 第2節 オ一プン・システムとしての地域農業システム / p6 (0018.jp2)
  7. 第3節 自己組織系としての地域農業システム / p15 (0027.jp2)
  8. 第4節 革新行為の社会システム化図式 / p19 (0031.jp2)
  9. 第5節 複合システムとしての地域農業システム / p29 (0041.jp2)
  10. 第6節 トータル・システムとしての地域農業システム / p34 (0046.jp2)
  11. 第2章 システム創造の概念と命題群の設定 / p40 (0052.jp2)
  12. はじめに / p40 (0052.jp2)
  13. 第1節 システム創造の概念 / p40 (0052.jp2)
  14. 第2節 地域農業システム創造の概念 / p47 (0059.jp2)
  15. 第3節 命題群の設定と吟味 / p57 (0069.jp2)
  16. 第4節 分析の準拠枠組 / p69 (0081.jp2)
  17. 〔検証の部〕 革新行為の社会システム化に関する検証 / p73 (0085.jp2)
  18. 第1章 モデル採択による検証 / p73 (0085.jp2)
  19. 第1節 モデル採択の意義 / p73 (0085.jp2)
  20. 第2節 地域農業振興と地域自尊感情 / p75 (0087.jp2)
  21. 1 ともづれと自尊感情 / p75 (0087.jp2)
  22. 2 自我包絡 / p76 (0088.jp2)
  23. 3 自我包絡の地域社会化 / p76 (0088.jp2)
  24. 4 新しいリーダーシップとパラダイム転換 / p78 (0090.jp2)
  25. 5 独創を生む精神風土 / p81 (0093.jp2)
  26. 6 地域文化の形成 / p82 (0094.jp2)
  27. 第3節 モデル―中核地域―の抽出 / p84 (0096.jp2)
  28. 1 事例の典型性と代表性 / p84 (0096.jp2)
  29. 2 中核地域と共通生産圏 / p85 (0097.jp2)
  30. 3 モデル―共通生産圏と中核地域の設定 / p85 (0097.jp2)
  31. 第4節 分析手段としての「市町村農業規模」「集落農業規模」 / p102 (0114.jp2)
  32. 1 集団的・組織的営農活動の適用範囲 / p102 (0114.jp2)
  33. 2 分析手段としての「市町村農業規模」 / p103 (0115.jp2)
  34. 3 分析手段としての「集落農業規模」 / p104 (0116.jp2)
  35. 4 留意すべき点 / p105 (0117.jp2)
  36. 第5節 検証のすすめかた / p107 (0119.jp2)
  37. 第2章 社会システム化の基本構造 / p108 (0120.jp2)
  38. はじめに / p108 (0120.jp2)
  39. 第1節 モデル1―館林市および周辺農業にみる社会システム化の基本構造 / p108 (0120.jp2)
  40. 第2節 モデル2―中野市および周辺農業にみる社会システム化の基本構造 / p117 (0129.jp2)
  41. 第3節 モデル3―川上村および周辺農業にみる社会システム化の基本構造 / p125 (0137.jp2)
  42. 第4節 モデル4―三ヶ日町および周辺農業にみる社会システム化の基本構造 / p132 (0144.jp2)
  43. 第5節 モデル5―渥美町および周辺農業にみる社会システム化の基本構造 / p141 (0153.jp2)
  44. 第6節 モデル6―串良町および周辺農業にみる社会システム化の基本構造 / p150 (0162.jp2)
  45. 第7節 6モデルにみる基本構造の共通点 / p160 (0172.jp2)
  46. 第8節 問題提起―分析手段としての「市町村農業規模」・「集落農業規模」の吟味 / p164 (0176.jp2)
  47. 第3章 革新行為の社会システム化に関する考察 / p167 (0179.jp2)
  48. 第1節 “革新行為の社会システム化”の視点 / p167 (0179.jp2)
  49. 第2節 モデル1―館林市における事例の考察― / p168 (0180.jp2)
  50. はじめに / p168 (0180.jp2)
  51. 1 集落農業振興度格差の分析 / p169 (0181.jp2)
  52. 2 革新行為の地域社会システム化 / p172 (0184.jp2)
  53. 第3節 モデル2―中野市における事例の考察― / p176 (0188.jp2)
  54. 1 集落農業振興度格差の分析 / p176 (0188.jp2)
  55. 2 革新行為の地域社会システム化 / p179 (0191.jp2)
  56. 第4節 モデル3―川上村における事例の考察― / p192 (0204.jp2)
  57. 1 集落農業振興度格差の分析 / p192 (0204.jp2)
  58. 2 革新行為の地域社会システム化 / p195 (0207.jp2)
  59. 第5節 モデル4―三ヶ日町における事例の考察― / p204 (0216.jp2)
  60. 1 集落農業振興度格差の分析 / p204 (0216.jp2)
  61. 2 革新行為の地域社会システム化 / p207 (0219.jp2)
  62. 第6節 モデル5―渥美町における事例の考察― / p226 (0238.jp2)
  63. 1 集落農業振興度格差の分析 / p226 (0238.jp2)
  64. 2 革新行為の地域社会システム化 / p229 (0241.jp2)
  65. 第7節 モデル6―串良町における事例の考察― / p251 (0263.jp2)
  66. 1 集落農業振興度格差の分析 / p251 (0263.jp2)
  67. 2 革新行為の地域社会システム化 / p254 (0266.jp2)
  68. 第4章 6モデルの共通点 / p267 (0279.jp2)
  69. はじめに / p267 (0279.jp2)
  70. 第1節 命題の検証 / p267 (0279.jp2)
  71. 第2節 原点―貧困な畑作農村 / p267 (0279.jp2)
  72. 第3節 水利確保 / p270 (0282.jp2)
  73. 第4節 革新行為の地域社会システム化 / p272 (0284.jp2)
  74. 第5節 最小有効多様性の創出 / p277 (0289.jp2)
  75. 第6節 地域情報の創出 / p279 (0291.jp2)
  76. 第7節 地域自尊感情の共有 / p282 (0294.jp2)
  77. 第8節 協働効果・組織力効果・集積効果・規模効果 / p284 (0296.jp2)
  78. 第9節 自立地域の形成 / p287 (0299.jp2)
  79. 第5章 システミック・イノベーション / p292 (0304.jp2)
  80. はじめに / p292 (0304.jp2)
  81. 第1節 地域農業発展におけるシステミック・イノベーションの意義 / p292 (0304.jp2)
  82. 第2節 内発的発展との連続性 / p294 (0306.jp2)
  83. 第3節 システミック・イノベーションの展開 / p295 (0307.jp2)
  84. 第4節 異業種交流システムの進展 / p301 (0313.jp2)
  85. 第6章 構造効果の測定 / p304 (0316.jp2)
  86. はじめに / p304 (0316.jp2)
  87. 第1節 地域格差拡大の時代 / p304 (0316.jp2)
  88. 第2節 地域農業構造の変革 / p309 (0321.jp2)
  89. 1 分析手段 / p309 (0321.jp2)
  90. 2 モデル1 館林市および周辺における農業構造の変革 / p310 (0322.jp2)
  91. 3 モデル2 中野市および周辺における農業構造の変革 / p314 (0326.jp2)
  92. 4 モデル3 川上村および周辺における農業構造の変革 / p318 (0330.jp2)
  93. 5 モデル4 三ヶ日町および周辺における農業構造の変革 / p323 (0335.jp2)
  94. 6 モデル5 渥美町および周辺における農業構造の変革 / p326 (0338.jp2)
  95. 7 モデル6 串良町および周辺における農業構造の変革 / p330 (0342.jp2)
  96. 8 6モデルにみる地域農業構造変革の共通点 / p336 (0348.jp2)
  97. 第3節 構造効果の測定 / p338 (0350.jp2)
  98. 1 測定方法 / p338 (0350.jp2)
  99. 2 モデル1―館林市および周辺農業における構造効果の測定 / p339 (0351.jp2)
  100. 3 モデル2―中野市および周辺農業における構造効果の測定 / p349 (0361.jp2)
  101. 4 モデル3―川上村および周辺農業における構造効果の測定 / p360 (0372.jp2)
  102. 5 モデル4―三ヶ日町および周辺農業における構造効果の測定 / p370 (0382.jp2)
  103. 6 モデル5―渥美町および周辺農業における構造効果の測定 / p379 (0391.jp2)
  104. 7 モデル6―串良町および周辺農業における構造効果の測定 / p387 (0399.jp2)
  105. 第4節 6モデルにみる構造効果の共通点 / p398 (0410.jp2)
  106. 1 中間と個との連結分析 / p398 (0410.jp2)
  107. 2 構造効果1―革新行為の社会システム化で具現した「集落農業規模」 / p399 (0411.jp2)
  108. 3 構造効果2―革新行為の社会システム化で具現した「市町村農業規模」 / p400 (0412.jp2)
  109. 第7章 家族経営存立をめぐる中核と周辺 / p402 (0414.jp2)
  110. はじめに / p402 (0414.jp2)
  111. 第1節 果樹作における中核集落と周辺集落 / p403 (0415.jp2)
  112. 1 中核集落の二世代経営 / p403 (0415.jp2)
  113. 2 新作物導入と経営権交替をめぐる中核と周辺 / p407 (0421.jp2)
  114. 第2節 きのこ栽培の展開をめぐる中核集落と周辺集落 / p440 (0454.jp2)
  115. 1 中核集落の二世代経営 / p440 (0454.jp2)
  116. 2 雇用創出型経営の成立をめぐる中核と周辺 / p447 (0461.jp2)
  117. 第3節 家族農業経営発展の社会システム論的意義 / p468 (0482.jp2)
  118. 終章 地域農業生き残りの基本戦略 / p471 (0485.jp2)
  119. 第1節 国際化時代の地域農業 / p471 (0485.jp2)
  120. 第2節 差異動機の地域社会システム化 / p474 (0488.jp2)
  121. 第3節 “ともづれ”による「地域農業規模」「集落農業規模」効果具現の吟味 / p475 (0489.jp2)
  122. SUMMARIE / p478 (0492.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151912
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068840
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316226
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ