凝集法によるセラミックスの設計

この論文をさがす

著者

    • 村田, 茂一 ムラタ, シゲカズ

書誌事項

タイトル

凝集法によるセラミックスの設計

著者名

村田, 茂一

著者別名

ムラタ, シゲカズ

学位授与大学

京都工芸繊維大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第138号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 基本的背景 / p2 (0007.jp2)
  4. 2.実験 / p10 (0011.jp2)
  5. 2.1.材料 / p10 (0011.jp2)
  6. 2.2 スラリー調製 / p10 (0011.jp2)
  7. 2.3 成形体の作製 / p11 (0011.jp2)
  8. 2.4 焼結体の作製 / p14 (0013.jp2)
  9. 2.5 測定方法 / p14 (0013.jp2)
  10. 3.結果及び考察 / p18 (0015.jp2)
  11. 3.1 凝集スラリー(フロック)の基本的性質(I)-凝集スラリー中のフロックサイズとレオロジー特性及び表面電位との関連性- / p18 (0015.jp2)
  12. 3.2 凝集スラリー(フロック)の基本的性質(II)-凝集スラリーのレオロジー測定によるフロック間の相互作用- / p28 (0020.jp2)
  13. 3.3 凝集の制御(I)-イオン性の異なる水溶性ポリマーのセラミックス粉体への吸着挙動- / p43 (0027.jp2)
  14. 3.4 凝集の制御(II)-イオン性の異なる水溶性ポリマーを用いたセラミックス粉体の凝集の制御- / p65 (0038.jp2)
  15. 3.5 凝集の制御(III)-吸着性ポリマー(カチオン性ポリ電解質)の珪酸塩粒子との枯渇凝集- / p83 (0047.jp2)
  16. 3.6 凝集スラリーの成形特性及び焼成特性-吸着メカニズムの異なるフロックの成形特性と焼成特性- / p91 (0051.jp2)
  17. 4.総括 / p116 (0064.jp2)
  18. 4.1 凝集スラリーの基本的性質(I)-フロックとレオロジー,ゼータ電位の関連性- / p117 (0064.jp2)
  19. 4.2 凝集スラリーの基本的性質(II)-フロック間の相互作用- / p117 (0064.jp2)
  20. 4.3 凝集の制御(I)-イオン性の異なる水溶性ポリマーのセラミックス粉体への吸着挙動- / p118 (0065.jp2)
  21. 4.4 凝集の制御(II)-イオン性の異なる水溶性ポリマーを用いたセラミックス粉体の凝集の制御- / p118 (0065.jp2)
  22. 4.5 凝集の制御(III)-吸着性ポリマーの珪酸塩粒子との枯渇凝集- / p119 (0065.jp2)
  23. 4.6 凝集スラリーの成形特性及び焼成特性”吸着メカニズムの異なるフロックの成形特性と焼成特性” / p120 (0066.jp2)
  24. 参考文献 / p123 (0067.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151937
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068864
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316251
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ