スチレン重合反応の評価と制御に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 長迫, 透 ナガサコ, トオル

書誌事項

タイトル

スチレン重合反応の評価と制御に関する研究

著者名

長迫, 透

著者別名

ナガサコ, トオル

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1568号

学位授与年月日

1997-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1・1 ポリマー製造分野の動向およびポリスチレン製造装置の概要 / p1 (0006.jp2)
  4. 1・2 研究の歴史 / p6 (0011.jp2)
  5. 1・3 本研究の目的 / p12 (0017.jp2)
  6. 1・4 本研究の内容 / p13 (0018.jp2)
  7. 第2章 管型反応器内の不均一性を考慮したスチレン熱重合反応過程の解析 / p16 (0021.jp2)
  8. 2・1 目的 / p16 (0021.jp2)
  9. 2・2 実験装置と方法 / p16 (0021.jp2)
  10. 2・3 反応モデルと数値計算 / p20 (0025.jp2)
  11. 2・4 実験結果および計算との比較 / p26 (0031.jp2)
  12. 2・5 重力の影響について / p32 (0037.jp2)
  13. 2・6 まとめ / p40 (0045.jp2)
  14. 第3章 管型反応器内の不均一性を考慮したスチレン熱重合反応過程の過渡特性に関する解析 / p42 (0047.jp2)
  15. 3・1 目的 / p42 (0047.jp2)
  16. 3・2 実験装置と方法 / p43 (0048.jp2)
  17. 3・3 反応モデルと数値計算 / p43 (0048.jp2)
  18. 3・4 実験結果と計算結果との比較 / p54 (0059.jp2)
  19. 3・5 まとめ / p60 (0065.jp2)
  20. 第4章 反応器内の流動と重合反応に及ぼす溶媒添加の影響 / p62 (0067.jp2)
  21. 4・1 目的 / p62 (0067.jp2)
  22. 4・2 実験装置と方法 / p63 (0068.jp2)
  23. 4・3 反応モデルと数値計算手法 / p65 (0070.jp2)
  24. 4・4 実験結果および計算結果とその比較 / p69 (0074.jp2)
  25. 4・5 まとめ / p74 (0079.jp2)
  26. 第5章 ポリスチレンバッチ重合反応器のモデリングと制御 / p76 (0081.jp2)
  27. 5・1 目的 / p76 (0081.jp2)
  28. 5・2 ポリスチレンバッチプラントの概要 / p77 (0082.jp2)
  29. 5・3 プラントの構造を決定するモデリング / p78 (0083.jp2)
  30. 5・4 バッチ反応器への適用 / p83 (0088.jp2)
  31. 5・5 バッチ反応器の制御 / p92 (0097.jp2)
  32. 5・6 まとめ / p97 (0102.jp2)
  33. 第6章 ポリスリレンバッチ重合プラントの運転支援による生産性の向上 / p99 (0104.jp2)
  34. 6・1 目的 / p99 (0104.jp2)
  35. 6・2 ポリスチレン製造装置の概要 / p100 (0105.jp2)
  36. 6・3 バッチ重合反応器のモデル化と運転支援 / p102 (0107.jp2)
  37. 6・4 診断事例および効果 / p111 (0116.jp2)
  38. 6・5 まとめ / p113 (0118.jp2)
  39. 第7章 本研究の成果 / p115 (0120.jp2)
  40. Nomenclature / p117 (0122.jp2)
  41. 謝辞 / p121 (0126.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152172
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069079
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316486
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ