視覚的選択時における注意機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 河原, 純一郎 カワハラ, ジュンイチロウ

書誌事項

タイトル

視覚的選択時における注意機構に関する研究

著者名

河原, 純一郎

著者別名

カワハラ, ジュンイチロウ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (心理学)

学位授与番号

甲第1574号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 研究の背景と目的 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1節 視覚的注意の役割と視覚探索パラダイム / p3 (0006.jp2)
  3. 1.視覚的注意の役割 / p3 (0006.jp2)
  4. 2.視覚探索パラダイム / p6 (0009.jp2)
  5. 第2節 視覚的注意の心理学的モデル / p13 (0016.jp2)
  6. 1.視覚的注意のモデル / p13 (0016.jp2)
  7. 2.特徴統合理論 / p16 (0019.jp2)
  8. 第3節 特徴統合理論における未解決な点 / p21 (0024.jp2)
  9. 第4節 本研究の目的 / p26 (0029.jp2)
  10. 第2章 視覚選択時における注意機構の検討 / p28 (0031.jp2)
  11. 第1節 特徴マップと逐次プロセス間の相互作用の有無 / p29 (0032.jp2)
  12. 1.実験1―結合探索課題を用いた検討― / p29 (0032.jp2)
  13. 2.まとめ / p42 (0045.jp2)
  14. 第2節 前注意的分析の結果に基づく対象の意図的選択は可能か / p42 (0045.jp2)
  15. 1.単一標的の選択 / p43 (0046.jp2)
  16. 2.標的と妨害刺激の関係 / p52 (0055.jp2)
  17. 3.複数標的の選択 / p85 (0088.jp2)
  18. 第3章 総合考察 / p104 (0107.jp2)
  19. 第1節 本研究の成果と意義 / p105 (0108.jp2)
  20. 1.本研究で得られた知見 / p105 (0108.jp2)
  21. 2.刺激駆動的な注意定位のモデル / p106 (0109.jp2)
  22. 3.目的指向的探索と刺激駆動的な注意制御との関係 / p109 (0112.jp2)
  23. 4.注意が向けられた位置で起こっていること / p115 (0118.jp2)
  24. 第2節 今後の課題 / p117 (0120.jp2)
  25. 引用文献 / p121 (0124.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152177
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069084
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316491
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ