4D quantum N-dilaton gravity and one-loop divergence of effective action on constant dilaton 4次元Nディラトン量子重力とコンスタントディラトン上における有効作用の1ループ発散

この論文をさがす

著者

    • 高田, 浩行 タカタ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

4D quantum N-dilaton gravity and one-loop divergence of effective action on constant dilaton

タイトル別名

4次元Nディラトン量子重力とコンスタントディラトン上における有効作用の1ループ発散

著者名

高田, 浩行

著者別名

タカタ, ヒロユキ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1595号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. ♠主論文 / (0006.jp2)
  3. ・4-D Quantum N-Dilaton Gravity and One-Loop Divergence of Effective Action on Constant Dilaton. / (0007.jp2)
  4. ♠参考論文 / (0020.jp2)
  5. ・One loop renormalization of the 4-D Quantum Dilaton Gravity in Spherically symmetric background / (0021.jp2)
  6. ・4-D Quantum Dilaton Gravity During Inflation and Renormalization at One loop / (0029.jp2)
  7. ・Conformal Transformation in Gravity / (0043.jp2)
  8. ・One Loop Renormalization of the Four-Dimensional Theory for Quantum Dilaton Gravity / (0052.jp2)
  9. ・Effective Lagrangian for A Technicolor Model Without Exact Custodial Symmetry / (0068.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152197
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069101
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316511
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ