摩擦・接触要素を含む構造物の非線形振動解析と応答特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山本, 利弘 ヤマモト, トシヒロ

書誌事項

タイトル

摩擦・接触要素を含む構造物の非線形振動解析と応答特性に関する研究

著者名

山本, 利弘

著者別名

ヤマモト, トシヒロ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1679号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 摩擦力の性質 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 摩擦を含む構造物と摩擦の制振・免震への適用 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 摩擦系の振動に対する理論と数値解析 / p2 (0006.jp2)
  6. 1.4 摩擦と接触の問題 / p4 (0007.jp2)
  7. 1.5 本論文の概要 / p6 (0008.jp2)
  8. 第2章 摩擦要素を含む1自由度系の時刻歴応答解析 / p9 (0009.jp2)
  9. 2.1 解析手法 / p9 (0009.jp2)
  10. 2.2 正弦波応答理論解との比較 / p15 (0012.jp2)
  11. 2.3 自由減衰波形の解析例 / p18 (0014.jp2)
  12. 2.4 応答スペクトルに対する摩擦の影響 / p18 (0014.jp2)
  13. 第3章 摩擦要素を含む2自由度系の時刻歴応答解析 / p25 (0017.jp2)
  14. 3.1 解析手法 / p25 (0017.jp2)
  15. 3.2 正弦波応答理論解との比較 / p27 (0018.jp2)
  16. 第4章 摩擦・接触要素を含む多自由度系の時刻歴応答解析と免震特性 / p31 (0020.jp2)
  17. 4.1 摩擦要素を含む多自由度系に対する解析手法 / p31 (0020.jp2)
  18. 4.2 摩擦面の面圧変動と接触問題の取り扱い / p35 (0022.jp2)
  19. 4.3 1質点系モデルによる免震特性の検討 / p38 (0024.jp2)
  20. 4.4 すべり面上の質量を考慮した免震特性 / p46 (0028.jp2)
  21. 4.5 鉛直地震による面圧変動の影響 / p53 (0031.jp2)
  22. 4.6 根開きによる面圧変動の影響 / p58 (0034.jp2)
  23. 4.7 衝突と摩擦面の浮き上がりに対する解析例 / p60 (0035.jp2)
  24. 4.8 3方向地震入力時の応答解析例 / p62 (0036.jp2)
  25. 第5章 摩擦係数の非定常性 / p66 (0038.jp2)
  26. 5.1 解析手法 / p66 (0038.jp2)
  27. 5.2 すべり速度依存性に対する検討 / p67 (0038.jp2)
  28. 第6章 平面上をすべる場合に作用する方向性のない摩擦力 / p77 (0043.jp2)
  29. 6.1 解析手法 / p77 (0043.jp2)
  30. 6.2 すべり面における運動軌跡 / p79 (0044.jp2)
  31. 第7章 すべり支承と水平バネを併用した免震機構の計算例 / p87 (0048.jp2)
  32. 7.1 2次元平面骨組モデルによる解析 / p88 (0049.jp2)
  33. 7.2 3次元立体骨組モデルによる解析 / p95 (0052.jp2)
  34. 第8章 結論 / p106 (0058.jp2)
  35. 謝辞 / p110 (0060.jp2)
  36. 参考文献 / p111 (0060.jp2)
  37. 記号表 / p115 (0062.jp2)
  38. 付録 / p117 (0063.jp2)
  39. A 解析に使用した地震波形 / p118 (0064.jp2)
  40. B 1質点系の免震特性におけるその他の解析結果 / p119 (0064.jp2)
  41. C 摩擦要素とダンパーが並列に置かれた場合の免震特性 / p132 (0071.jp2)
  42. D 根開きによる面圧変動の影響に対するその他の解析例 / p139 (0074.jp2)
  43. D.1 基部のつなぎ梁がない場合 / p139 (0074.jp2)
  44. D.2 左右の摩擦係数が異なる場合 / p141 (0075.jp2)
  45. D.3 すべり面に傾斜がある場合 / p144 (0077.jp2)
  46. D.4 摩擦係数が大きく浮き上がりが生じる場合 / p147 (0078.jp2)
  47. E 方向性のない摩擦力に対するその他の計算例 / p151 (0080.jp2)
  48. F 質量凝縮法による自由度の縮約 / p156 (0083.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152267
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069162
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316581
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ