歯科用機能性セラミックスの材料設計のための基礎的研究 : 材料固有の性質が破壊挙動に及ぼす影響の理論的解析

この論文をさがす

著者

    • 吉田, 靖弘 ヨシダ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

歯科用機能性セラミックスの材料設計のための基礎的研究 : 材料固有の性質が破壊挙動に及ぼす影響の理論的解析

著者名

吉田, 靖弘

著者別名

ヨシダ, ヤスヒロ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

乙第2867号

学位授与年月日

1996-06-27

注記・抄録

博士論文

第I章 概要 / p1第II章 光重合型レジンモデルによる圧縮変形挙動について / p3 第1節 序言 / p3 第2節 実験材料および方法 / p4  1. 材料の種類および試料形態が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p4  2. 無機フィラー含有率が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p7 第3節 実験結果 / p9  1. 材料の種類および試料形態が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p9  2. 無機フィラー含有率が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p9 第4節 考察 / p13第III章 光重合型レジンモデルによる破壊領域解析 / p15 第1節 序言 / p15 第2節 実験材料および方法 / p16  1. 実験材料 / p16  2. 実験方法 / p17 第3節 実験結果 / p18  1. ビッカース圧子圧入により生じた破壊領域の検討 / p18  2. 試料表面性状と破壊領域との関係 / p20  3. 圧子圧入時間との破壊領域との関係 / p21  4. 負荷荷重と破壊領域との関係 / p23 第4節 考察 / p27  1. 表面性状,圧子圧入時間,負荷荷重と破壊領域との関係 / p27  2. 理論解析モデルによる塑性変形領域解析 / p28  3. 理論解析モデルによる測定値の検討 / p34第IV章 シリカ系ガラスモデルによる破壊領域解析 / p36 第1節 序言 / p36 第2節 実験材料および方法 / p36  1. 実験材料 / p36  2. 実験方法 / p37 第3節 実験結果 / p38  1. ビッカース圧子圧入により生じた破壊領域の検討 / p38  2. 圧子圧入時間と破壊領域との関係 / p38  3. 負荷荷重と破壊領域との関係 / p38 第4節 考察 / p42第V章 総括 / p44参考文献 / p45

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第I章 概要 / p1 (0009.jp2)
  3. 第II章 光重合型レジンモデルによる圧縮変形挙動について / p3 (0011.jp2)
  4. 第1節 序言 / p3 (0011.jp2)
  5. 第2節 実験材料および方法 / p4 (0012.jp2)
  6. 1.材料の種類および試料形態が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p4 (0012.jp2)
  7. 2.無機フィラー含有率が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p7 (0015.jp2)
  8. 第3節 実験結果 / p9 (0017.jp2)
  9. 1.材料の種類および試料形態が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p9 (0017.jp2)
  10. 2.無機フィラー含有率が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p9 (0017.jp2)
  11. 第4節 考察 / p13 (0021.jp2)
  12. 第III章 光重合型レジンモデルによる破壊領域解析 / p15 (0023.jp2)
  13. 第1節 序言 / p15 (0023.jp2)
  14. 第2節 実験材料および方法 / p16 (0024.jp2)
  15. 1.実験材料 / p16 (0024.jp2)
  16. 2.実験方法 / p17 (0025.jp2)
  17. 第3節 実験結果 / p18 (0026.jp2)
  18. 1.ビッカース圧子圧入により生じた破壊領域の検討 / p18 (0026.jp2)
  19. 2.試料表面性状と破壊領域との関係 / p20 (0028.jp2)
  20. 3.圧子圧入時間との破壊領域との関係 / p21 (0029.jp2)
  21. 4.負荷荷重と破壊領域との関係 / p23 (0031.jp2)
  22. 第4節 考察 / p27 (0035.jp2)
  23. 1.表面性状,圧子圧入時間,負荷荷重と破壊領域との関係 / p27 (0035.jp2)
  24. 2.理論解析モデルによる塑性変形領域解析 / p28 (0036.jp2)
  25. 3.理論解析モデルによる測定値の検討 / p34 (0042.jp2)
  26. 第IV章 シリカ系ガラスモデルによる破壊領域解析 / p36 (0044.jp2)
  27. 第1節 序言 / p36 (0044.jp2)
  28. 第2節 実験材料および方法 / p36 (0044.jp2)
  29. 1.実験材料 / p36 (0044.jp2)
  30. 2.実験方法 / p37 (0045.jp2)
  31. 第3節 実験結果 / p38 (0046.jp2)
  32. 1.ビッカース圧子圧入により生じた破壊領域の検討 / p38 (0046.jp2)
  33. 2.圧子圧入時間と破壊領域との関係 / p38 (0046.jp2)
  34. 3.負荷荷重と破壊領域との関係 / p38 (0046.jp2)
  35. 第4節 考察 / p42 (0050.jp2)
  36. 第V章 総括 / p44 (0052.jp2)
  37. 参考文献 / p45 (0053.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152311
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069198
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316625
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ