ドーパミンD2受容体ファミリーの神経化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 日高, 和幸 ヒダカ, カズユキ

書誌事項

タイトル

ドーパミンD2受容体ファミリーの神経化学的研究

著者名

日高, 和幸

著者別名

ヒダカ, カズユキ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第2889号

学位授与年月日

1996-09-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 本論 / p4 (0009.jp2)
  4. 第一編 D3およびD4受容体の存在状態に関する研究 / p4 (0009.jp2)
  5. 緒言 / p4 (0009.jp2)
  6. 実験方法 / p6 (0010.jp2)
  7. 実験結果 / p8 (0011.jp2)
  8. 考察 / p10 (0012.jp2)
  9. 第二編 D2受容体ファミリーにおけるドーパミン誘発反応の研究 / p12 (0013.jp2)
  10. 緒言 / p12 (0013.jp2)
  11. 実験方法 / p12 (0013.jp2)
  12. 実験結果 / p15 (0014.jp2)
  13. 考察 / p17 (0015.jp2)
  14. 第三編 新規リガンドYM-43611のin vitro神経化学的研究 / p19 (0016.jp2)
  15. 緒言 / p19 (0016.jp2)
  16. 実験方法 / p20 (0017.jp2)
  17. 実験結果 / p22 (0018.jp2)
  18. 考察 / p25 (0019.jp2)
  19. 総括 / p27 (0020.jp2)
  20. 謝辞 / p28 (0021.jp2)
  21. 引用文献 / p29 (0021.jp2)
  22. Comparison of 〔³H〕YM-09151-2 with 〔³H〕spiperone and 〔³H〕raclopride for dopamine D-2 receptor binding to rat striatum / p177 (0026.jp2)
  23. Full-length cDNA cloning and distribution of human dopamine D4 receptor / p157 (0030.jp2)
  24. Differential effects of [³H]nemonapride and [³H]spiperone binding on human dopamine D4 receptors / p145 (0034.jp2)
  25. POLYMORPHIC TANDEM REPEATS IN DOPAMINE D4 RECEPTOR ARE SPREAD OVER PRIMATE SPECIES / p467 (0037.jp2)
  26. Low Levels of mRNA for Dopamine D4 Receptor in Human Cerebral Cortex and Striatum / p915 (0044.jp2)
  27. In vitro pharmacological profile of YM-43611,a novel D₂-like receptor antagonist with high affinity and selectivity for dopamine D₃ and D₄ receptors / p1625 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152332
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069218
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316646
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ