Comparative effects on biliary concanavalin A-bound glycoproteins and calcium ion on cholesterol crystal nucleation and growth in model bile 人工胆汁における胆汁中コンカナバリンA結合糖蛋白とカルシウムイオンのコレステロール結晶析出と成長に及ぼす効果の比較検討

この論文をさがす

著者

    • 寺面, 和史 テラメン, カズシ

書誌事項

タイトル

Comparative effects on biliary concanavalin A-bound glycoproteins and calcium ion on cholesterol crystal nucleation and growth in model bile

タイトル別名

人工胆汁における胆汁中コンカナバリンA結合糖蛋白とカルシウムイオンのコレステロール結晶析出と成長に及ぼす効果の比較検討

著者名

寺面, 和史

著者別名

テラメン, カズシ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第2899号

学位授与年月日

1996-10-31

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152342
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069228
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316656
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ