ラットにおける薬剤の免疫毒性評価法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 土井, 孝良 ドイ, タカヨシ

書誌事項

タイトル

ラットにおける薬剤の免疫毒性評価法に関する研究

著者名

土井, 孝良

著者別名

ドイ, タカヨシ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第2906号

学位授与年月日

1996-11-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第2章 ラットにおけるplaque-forming cell(PFC)法の最適条件とサイクロホスファミドによるPFC反応抑制 / p4 (0009.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p4 (0009.jp2)
  5. 第2節 羊赤血球(SRBC)投与経路のPFC反応および血中抗体価に与える影響 / p4 (0009.jp2)
  6. 第3節 SRBC投与量のPFC反応および血中抗体価に与える影響 / p5 (0009.jp2)
  7. 第4節 SRBC投与後のPFC反応および血中抗体価の経時変化 / p6 (0010.jp2)
  8. 第5節 SRBCロットのPFC反応および血中抗体価に与える影響 / p6 (0010.jp2)
  9. 第6節 ラット週齢のPFC反応および血中抗体価に与える影響 / p7 (0010.jp2)
  10. 第7節 サイクロホスファミドをラットに単回経口投与した後のPFC反応抑制と脾臓への影響 / p8 (0011.jp2)
  11. 第8節 考察 / p10 (0012.jp2)
  12. 第3章 アルキル化剤投与後のラット脾臓における細胞毒性、PFC反応および病理組織学的変化の用量反応相関 / p12 (0013.jp2)
  13. 第1節 緒言 / p12 (0013.jp2)
  14. 第2節 アルキル化剤を単回あるいは7日間投与した後の脾臓における細胞毒性とPFC反応の用量反応相関 / p14 (0014.jp2)
  15. 第1項 サイクロホスファミドの静脈内投与 / p14 (0014.jp2)
  16. 第2項 ナイトロミンの静脈内投与 / p14 (0014.jp2)
  17. 第3項 メルファランの経口投与 / p19 (0016.jp2)
  18. 第4項 クロラムブシルの経口投与 / p19 (0016.jp2)
  19. 第3節 アルキル化剤を7日間投与した後の脾臓における病理組織学的変化と体重、脾臓重量および脾臓のcellularity / p24 (0019.jp2)
  20. 第1項 サイクロホスファミドの静脈内投与 / p24 (0019.jp2)
  21. 第2項 ナイトロミンの静脈内投与 / p24 (0019.jp2)
  22. 第3項 メルファランの経口投与 / p24 (0019.jp2)
  23. 第4節 考察 / p29 (0021.jp2)
  24. 第4章 代謝拮抗薬投与後のラット脾臓における細胞毒性、PFC反応および病理組織学的変化の用量反応相関 / p33 (0023.jp2)
  25. 第1節 緒言 / p33 (0023.jp2)
  26. 第2節 代謝拮抗薬を単回あるいは7日間経口投与した後の脾臓における細胞毒性とPFC反応の用量反応相関 / p33 (0023.jp2)
  27. 第1項 アザチオプリン / p33 (0023.jp2)
  28. 第2項 6-メルカプトプリン / p34 (0024.jp2)
  29. 第3項 5-フルオロウラシル / p34 (0024.jp2)
  30. 第3節 代謝拮抗薬を7日間経口投与した後の脾臓における病理組織学的変化と体重、脾臓重量および脾臓のcellularity / p41 (0027.jp2)
  31. 第1項 アザチオプリン / p41 (0027.jp2)
  32. 第2項 6-メルカプトプリン / p41 (0027.jp2)
  33. 第3項 5-フルオロウラシル / p41 (0027.jp2)
  34. 第4節 考察 / p46 (0030.jp2)
  35. 第5章 考察および結論 / p49 (0031.jp2)
  36. 謝辞 / p54 (0034.jp2)
  37. 実験の部 / p55 (0034.jp2)
  38. 引用文献 / p60 (0037.jp2)
  39. APPROPRIATE CONDITIONS FOR THE PLAQUE FORMING CELL(PFC)ASSAY IN RATS AND EFFECTS OF CYCLOPHOSPHAMIDE ON PFC RESPONSE / p225 (0044.jp2)
  40. Dose-response relationships of cytotoxicity,PFC response and histology in the spleen in rats treated with alkylating agents / (0050.jp2)
  41. Dose-Response Relationships of Weight, Cellularity, Plaque-Forming Cell Response, and Histology in the Spleen of Rats Treated with Antimetabolites / p394 (0057.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152349
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069235
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316663
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ