高層骨組における柱・梁接合部の耐震設計法に関する研究 Study on Earthquake-Resistant Design Methods for Beam-Column Joints in High-rise Moment-Resisting Frames Studium von die Erdbeben-Widerstands-Bemessung des Rahmenknoten für Hochbau

この論文をさがす

著者

    • 寺岡, 勝 テラオカ, マサル

書誌事項

タイトル

高層骨組における柱・梁接合部の耐震設計法に関する研究

タイトル別名

Study on Earthquake-Resistant Design Methods for Beam-Column Joints in High-rise Moment-Resisting Frames

タイトル別名

Studium von die Erdbeben-Widerstands-Bemessung des Rahmenknoten für Hochbau

著者名

寺岡, 勝

著者別名

テラオカ, マサル

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2919号

学位授与年月日

1997-01-09

注記・抄録

博士論文

論文要旨 / p4目次 / p6第I部 鉄筋コンクリート構造高層骨組における柱・梁接合部の耐震設計法に関する研究 / p1 第1章 序論 / p2  1.1 本研究の背景と目的 / p2  1.2 研究の現状の概観と研究課題 / p5  1.3 本研究の構成と位置付け / p15  <第1章参考文献> / p17 第2章 柱・梁接合部パネルのせん断強度に関する調査及び検討 / p20  2.1 序 / p20  2.2 普通コンクリートを用い、直交梁の無い内部柱・梁接合部のせん断強度 / p23  2.3 コンクリート種類などを変えた内部柱・梁接合部のせん断強度 / p40  2.4 外部柱・梁接合部の終局強度 / p56  2.5 まとめ / p74  <第2章参考文献> / p76  付録2.A.1 梁主筋の外部柱・梁接合部内90°折り曲げ定着耐力 / p80  2.A.2 外部柱・梁接合部パネルのせん断ひび割れ強度 / p82 第3章 内部柱・梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p83  3.1 序 / p83  3.2 実験概要 / p87  3.3 実験結果 / p105  3.4 柱・梁接合部の力学的挙動の検討 / p166  3.5 接合部内通過梁主筋の付着応力度の評価と梁降伏前の梁端断面曲げ解析 / p182  3.6 梁の力学的挙動の検討 / p193  3.7 柱部材の力学的挙動の検討 / p215  3.8 部分架構の耐震性能の評価 / p217  3.9 まとめ / p228  <第3章参考文献> / p233  付録3.A.1 実験結果一覧 / p237 第4章 外部柱・梁接合部内への梁主筋の折り曲げ定着性能に関する実験的研究 / p251  4.1 序 / p251  4.2 折り曲げ定着基礎実験 / p253  4.3 外部柱・梁接合部内への折り曲げ梁主筋の定着補強実験 / p256  4.4 まとめ / p275  <第4章参考文献> / p276 第5章 高変動軸力を受ける柱を有する外部柱・梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p278  5.1 序 / p278  5.2 試験体と実験方法 / p280  5.3 実験結果 / p283  5.4 解析法の概要 / p295  5.5 部分架構の力学的挙動の検討 / p296  5.6 構造各部の力学的挙動 / p302  5.7 まとめ / p310  <第5章参考文献> / p311 第6章 柱・梁接合部の耐震設計法の提案 / p313  6.1 序 / p313  6.2 設計目標 / p313  6.3 適用範囲 / p314  6.4 接合部パネルのせん断力に対する設計 / p315  6.5 梁および柱主筋の付着・定着 / p320  6.6 破壊モードの判別方法と終局耐力 / p322  6.7 部材の復元力特性 / p324  6.8 骨組の復元力特性 / p328  6.9 まとめ / p331  <第6章参考文献> / p332 第7章 結論 / p333  7.1 研究成果の総括 / p333  7.2 今後の課題 / p341第II部 複合構造高層骨組における柱・梁接合部の耐震設計法に関する研究 / p342 第1章 序論 / p343  1.1 本研究の背景と目的 / p343  1.2 複合構造の分類と本研究対象構造の柱・梁接合部の課題 / p345  1.3 本研究の構成 / p348  <第1章参考文献> / p349 第2章 鉄筋コンクリート被覆角形鋼管柱・鉄骨梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p350  2.1 序 / p350  2.2 実験計画 / p351  2.3 実験結果 / p355  2.4 構造各部の力学的挙動の考察 / p363  2.5 まとめ / p371  <第2章参考文献> / p372 第3章 内ダイアフラム補強方式コンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p373  3.1 序 / p373  3.2 コンクリート充填角形鋼管柱・合成梁接合部 / p375  3.3 高張力鋼を用いたコンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部 / p395  3.4 十字形縦リブ補強形式コンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部 / p413  3.5 まとめ / p428  <第3章参考文献> / p430 第4章 SRC構造柱・梁接合部に関する研究 / p432  4.1 序 / p432  4.2 柱・梁接合部パネルの終局せん断強度推定式の調査と検討 / p434  4.3 施工の簡易化を図ったSRC構造柱・梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p438  4.4 まとめ / p457  <第4章参考文献> / p458 第5章 柱・梁接合部の耐震設計法の提案 / p459  5.1 序 / p459  5.2 設計目標 / p459  5.3 RC被覆角形鋼管柱・鉄骨梁構造の柱・梁接合部設計法 / p460  5.4 内ダイアフラム補強形式コンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁構造の柱・梁接合部設計法 / p464  5.5 施工の簡易化を図ったSRC構造柱・梁接合部の設計法 / p475  5.6 まとめ / p479  <第5章参考文献> / p480 第6章 結論 / p481  6.1 研究成果の総括 / p481  6.2 今後の課題 / p484本研究の総括 / p485発表論文 / p495謝辞 / p500英文・独文概要 / p502

目次

  1. 論文要旨 / p4 (0005.jp2)
  2. 目次 / p6 (0006.jp2)
  3. 第I部 鉄筋コンクリート構造高層骨組における柱・梁接合部の耐震設計法に関する研究 / p1 (0010.jp2)
  4. 第1章 序論 / p2 (0011.jp2)
  5. 1.1 本研究の背景と目的 / p2 (0011.jp2)
  6. 1.2 研究の現状の概観と研究課題 / p5 (0013.jp2)
  7. 1.3 本研究の構成と位置付け / p15 (0018.jp2)
  8. <第1章参考文献> / p17 (0019.jp2)
  9. 第2章 柱・梁接合部パネルのせん断強度に関する調査及び検討 / p20 (0020.jp2)
  10. 2.1 序 / p20 (0020.jp2)
  11. 2.2 普通コンクリートを用い、直交梁の無い内部柱・梁接合部のせん断強度 / p23 (0022.jp2)
  12. 2.3 コンクリート種類などを変えた内部柱・梁接合部のせん断強度 / p40 (0030.jp2)
  13. 2.4 外部柱・梁接合部の終局強度 / p56 (0038.jp2)
  14. 2.5 まとめ / p74 (0047.jp2)
  15. <第2章参考文献> / p76 (0048.jp2)
  16. 付録2.A.1 梁主筋の外部柱・梁接合部内90°折り曲げ定着耐力 / p80 (0050.jp2)
  17. 2.A.2 外部柱・梁接合部パネルのせん断ひび割れ強度 / p82 (0051.jp2)
  18. 第3章 内部柱・梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p83 (0052.jp2)
  19. 3.1 序 / p83 (0052.jp2)
  20. 3.2 実験概要 / p87 (0054.jp2)
  21. 3.3 実験結果 / p105 (0063.jp2)
  22. 3.4 柱・梁接合部の力学的挙動の検討 / p166 (0094.jp2)
  23. 3.5 接合部内通過梁主筋の付着応力度の評価と梁降伏前の梁端断面曲げ解析 / p182 (0102.jp2)
  24. 3.6 梁の力学的挙動の検討 / p193 (0107.jp2)
  25. 3.7 柱部材の力学的挙動の検討 / p215 (0118.jp2)
  26. 3.8 部分架構の耐震性能の評価 / p217 (0119.jp2)
  27. 3.9 まとめ / p228 (0125.jp2)
  28. <第3章参考文献> / p233 (0127.jp2)
  29. 付録3.A.1 実験結果一覧 / p237 (0129.jp2)
  30. 第4章 外部柱・梁接合部内への梁主筋の折り曲げ定着性能に関する実験的研究 / p251 (0136.jp2)
  31. 4.1 序 / p251 (0136.jp2)
  32. 4.2 折り曲げ定着基礎実験 / p253 (0137.jp2)
  33. 4.3 外部柱・梁接合部内への折り曲げ梁主筋の定着補強実験 / p256 (0139.jp2)
  34. 4.4 まとめ / p275 (0148.jp2)
  35. <第4章参考文献> / p276 (0149.jp2)
  36. 第5章 高変動軸力を受ける柱を有する外部柱・梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p278 (0150.jp2)
  37. 5.1 序 / p278 (0150.jp2)
  38. 5.2 試験体と実験方法 / p280 (0151.jp2)
  39. 5.3 実験結果 / p283 (0153.jp2)
  40. 5.4 解析法の概要 / p295 (0159.jp2)
  41. 5.5 部分架構の力学的挙動の検討 / p296 (0159.jp2)
  42. 5.6 構造各部の力学的挙動 / p302 (0162.jp2)
  43. 5.7 まとめ / p310 (0166.jp2)
  44. <第5章参考文献> / p311 (0167.jp2)
  45. 第6章 柱・梁接合部の耐震設計法の提案 / p313 (0168.jp2)
  46. 6.1 序 / p313 (0168.jp2)
  47. 6.2 設計目標 / p313 (0168.jp2)
  48. 6.3 適用範囲 / p314 (0169.jp2)
  49. 6.4 接合部パネルのせん断力に対する設計 / p315 (0169.jp2)
  50. 6.5 梁および柱主筋の付着・定着 / p320 (0172.jp2)
  51. 6.6 破壊モードの判別方法と終局耐力 / p322 (0173.jp2)
  52. 6.7 部材の復元力特性 / p324 (0174.jp2)
  53. 6.8 骨組の復元力特性 / p328 (0176.jp2)
  54. 6.9 まとめ / p331 (0177.jp2)
  55. <第6章参考文献> / p332 (0178.jp2)
  56. 第7章 結論 / p333 (0178.jp2)
  57. 7.1 研究成果の総括 / p333 (0178.jp2)
  58. 7.2 今後の課題 / p341 (0182.jp2)
  59. 第II部 複合構造高層骨組における柱・梁接合部の耐震設計法に関する研究 / p342 (0184.jp2)
  60. 第1章 序論 / p343 (0185.jp2)
  61. 1.1 本研究の背景と目的 / p343 (0185.jp2)
  62. 1.2 複合構造の分類と本研究対象構造の柱・梁接合部の課題 / p345 (0186.jp2)
  63. 1.3 本研究の構成 / p348 (0188.jp2)
  64. <第1章参考文献> / p349 (0188.jp2)
  65. 第2章 鉄筋コンクリート被覆角形鋼管柱・鉄骨梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p350 (0189.jp2)
  66. 2.1 序 / p350 (0189.jp2)
  67. 2.2 実験計画 / p351 (0190.jp2)
  68. 2.3 実験結果 / p355 (0192.jp2)
  69. 2.4 構造各部の力学的挙動の考察 / p363 (0196.jp2)
  70. 2.5 まとめ / p371 (0200.jp2)
  71. <第2章参考文献> / p372 (0200.jp2)
  72. 第3章 内ダイアフラム補強方式コンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p373 (0201.jp2)
  73. 3.1 序 / p373 (0201.jp2)
  74. 3.2 コンクリート充填角形鋼管柱・合成梁接合部 / p375 (0202.jp2)
  75. 3.3 高張力鋼を用いたコンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部 / p395 (0212.jp2)
  76. 3.4 十字形縦リブ補強形式コンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁接合部 / p413 (0221.jp2)
  77. 3.5 まとめ / p428 (0229.jp2)
  78. <第3章参考文献> / p430 (0230.jp2)
  79. 第4章 SRC構造柱・梁接合部に関する研究 / p432 (0231.jp2)
  80. 4.1 序 / p432 (0231.jp2)
  81. 4.2 柱・梁接合部パネルの終局せん断強度推定式の調査と検討 / p434 (0232.jp2)
  82. 4.3 施工の簡易化を図ったSRC構造柱・梁接合部の耐震性能に関する実験的研究 / p438 (0234.jp2)
  83. 4.4 まとめ / p457 (0244.jp2)
  84. <第4章参考文献> / p458 (0244.jp2)
  85. 第5章 柱・梁接合部の耐震設計法の提案 / p459 (0245.jp2)
  86. 5.1 序 / p459 (0245.jp2)
  87. 5.2 設計目標 / p459 (0245.jp2)
  88. 5.3 RC被覆角形鋼管柱・鉄骨梁構造の柱・梁接合部設計法 / p460 (0246.jp2)
  89. 5.4 内ダイアフラム補強形式コンクリート充填角形鋼管柱・鉄骨梁構造の柱・梁接合部設計法 / p464 (0248.jp2)
  90. 5.5 施工の簡易化を図ったSRC構造柱・梁接合部の設計法 / p475 (0253.jp2)
  91. 5.6 まとめ / p479 (0255.jp2)
  92. <第5章参考文献> / p480 (0256.jp2)
  93. 第6章 結論 / p481 (0256.jp2)
  94. 6.1 研究成果の総括 / p481 (0256.jp2)
  95. 6.2 今後の課題 / p484 (0258.jp2)
  96. 本研究の総括 / p485 (0259.jp2)
  97. 発表論文 / p495 (0264.jp2)
  98. 謝辞 / p500 (0267.jp2)
  99. 英文・独文概要 / p502 (0268.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152361
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069246
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316675
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ