反復法による非線形スカラー方程式の数値解法に関する研究 : 方程式解法のアルゴリズム化とその数学的裏付け

この論文をさがす

著者

    • 村上, 隆彦 ムラカミ, タカヒコ

書誌事項

タイトル

反復法による非線形スカラー方程式の数値解法に関する研究 : 方程式解法のアルゴリズム化とその数学的裏付け

著者名

村上, 隆彦

著者別名

ムラカミ, タカヒコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

乙第2922号

学位授与年月日

1997-01-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 反復法研究について / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 研究の意義と目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 研究の流れ / p2 (0006.jp2)
  5. 第3節 本研究に関する基本事項 / p5 (0009.jp2)
  6. 第4節 本研究の構成 / p8 (0012.jp2)
  7. 第2章 多点反復関数族について / p13 (0017.jp2)
  8. 第1節 序論 / p13 (0017.jp2)
  9. 第2節 反復関数族(1・5)の導出 / p18 (0022.jp2)
  10. 第3節 反復関数族(1・8)の導出 / p25 (0029.jp2)
  11. 第4節 反復関数族(1・10)と(1・12)の導出 / p43 (0047.jp2)
  12. 第5節 数値例 / p48 (0052.jp2)
  13. 第3章 ある反復公式族の単調かつ大域的収束について / p57 (0061.jp2)
  14. 第1節 序論 / p57 (0061.jp2)
  15. 第2節 反後公式族(1・2)の導出 / p58 (0062.jp2)
  16. 第3節 α=0に対する反復公式族(1・2)の導出 / p60 (0064.jp2)
  17. 第4節 反復公式族(3・4)に対する単調かつ大域的収束 / p63 (0067.jp2)
  18. 第5節 重根に対する反復公式族(4・3)の修正 / p68 (0072.jp2)
  19. 第6節 反復公式族(3・5)に対する単調かつ大域的収束 / p72 (0076.jp2)
  20. 第7節 重根に対する反復公式族(6・2)の修正 / p76 (0080.jp2)
  21. 第8節 数値例 / p78 (0082.jp2)
  22. 第9節 結論 / p80 (0084.jp2)
  23. 第4章 ある反復公式間の収東速度の比較 / p82 (0086.jp2)
  24. 第1節 序論 / p82 (0086.jp2)
  25. 第2節 単調性 / p82 (0086.jp2)
  26. 第3節 収束速度の比較 / p87 (0091.jp2)
  27. 第4節 結論 / p92 (0096.jp2)
  28. 第5章 ある反復公式族の間の収束速度の比較 / p95 (0099.jp2)
  29. 第1節 序論 / p95 (0099.jp2)
  30. 第2節 収束速度の比較 / p96 (0100.jp2)
  31. 第3節 単調性についての十分条件 / p98 (0102.jp2)
  32. 第4節 いろいろな数値例 / p103 (0107.jp2)
  33. 第5節 結綸 / p107 (0111.jp2)
  34. 第6章 総括 / p110 (0114.jp2)
  35. 第1節 本研究のまとめ / p110 (0114.jp2)
  36. 第2節 本研究の利用法 / p115 (0119.jp2)
  37. 第3節 反復法に対する教材の意義と内容学的考察 / p120 (0124.jp2)
  38. 第4節 今後の研究課題 / p125 (0129.jp2)
  39. 付表 本研究で導出した反復関数族とその関連事項 / p127 (0131.jp2)
  40. 参考文献 / p131 (0135.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152363
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086619
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316677
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ