水泳における運動強度の指標としての主観的運動強度 (RPE) の有用性

この論文をさがす

著者

    • 上田, 毅 ウエダ, タケシ

書誌事項

タイトル

水泳における運動強度の指標としての主観的運動強度 (RPE) の有用性

著者名

上田, 毅

著者別名

ウエダ, タケシ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第2954号

学位授与年月日

1997-03-21

注記・抄録

博士論文

目次 / p1緒言 / p1第1章 主観的運動強度(RPE)に関する研究と本研究の目的 / p5 第1節 RPE尺度の理論的背景 / p6 第2節 RPEの妥当性と再現性 / p8 第3節 RPEと環境温 / p11 第4節 全身のRPEと部分RPE / p13 第5節 設定RPE値による運動強度の調節 / p19 第6節 RPEこ及ぼすトレーニングの影響 / p21 第7節 水泳におけるRPE / p23 第8節 本研究の目的 / p24第2章 水泳中のRPEの妥当性に関連する基礎的要因 / p28 第1節 水泳における運動強度の指標としてのRPEの妥当性 / p29 第2節 異なる水温下での水泳におけるRPE / p39 第3節 水泳における全身のRPEに対する部分RPEの寄与率 / p46第3章 水泳指導へのRPEの適用 / p54 第1節 時間泳における設定RPE値による運動強度の調節 / p55 第2節 設定RPE値による運動強度の調節に及ぼす水泳練習の効果 / p59 第3節 間欠的水泳運動におけるRPE / p65第4章 総合考察 / p76 第1節 本研究の成果と意義 / p77 第2節 総括と今後の課題 / p81引用文献 / p85謝辞 / p97図表 / p98

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 主観的運動強度(RPE)に関する研究と本研究の目的 / p5 (0008.jp2)
  4. 第1節 RPE尺度の理論的背景 / p6 (0009.jp2)
  5. 第2節 RPEの妥当性と再現性 / p8 (0011.jp2)
  6. 第3節 RPEと環境温 / p11 (0014.jp2)
  7. 第4節 全身のRPEと部分RPE / p13 (0016.jp2)
  8. 第5節 設定RPE値による運動強度の調節 / p19 (0022.jp2)
  9. 第6節 RPEこ及ぼすトレーニングの影響 / p21 (0024.jp2)
  10. 第7節 水泳におけるRPE / p23 (0026.jp2)
  11. 第8節 本研究の目的 / p24 (0027.jp2)
  12. 第2章 水泳中のRPEの妥当性に関連する基礎的要因 / p28 (0031.jp2)
  13. 第1節 水泳における運動強度の指標としてのRPEの妥当性 / p29 (0032.jp2)
  14. 第2節 異なる水温下での水泳におけるRPE / p39 (0042.jp2)
  15. 第3節 水泳における全身のRPEに対する部分RPEの寄与率 / p46 (0049.jp2)
  16. 第3章 水泳指導へのRPEの適用 / p54 (0057.jp2)
  17. 第1節 時間泳における設定RPE値による運動強度の調節 / p55 (0058.jp2)
  18. 第2節 設定RPE値による運動強度の調節に及ぼす水泳練習の効果 / p59 (0062.jp2)
  19. 第3節 間欠的水泳運動におけるRPE / p65 (0068.jp2)
  20. 第4章 総合考察 / p76 (0079.jp2)
  21. 第1節 本研究の成果と意義 / p77 (0080.jp2)
  22. 第2節 総括と今後の課題 / p81 (0084.jp2)
  23. 引用文献 / p85 (0088.jp2)
  24. 謝辞 / p97 (0100.jp2)
  25. 図表 / p98 (0101.jp2)
13アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152394
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069274
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316708
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ