大気圧下の小口径円管内強制流動沸騰に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 呉田, 昌俊 クレタ, マサトシ

書誌事項

タイトル

大気圧下の小口径円管内強制流動沸騰に関する研究

著者名

呉田, 昌俊

著者別名

クレタ, マサトシ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第7032号

学位授与年月日

1997-11-25

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・課程博士

甲第7032号

工博第1664号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. §1.1.はじめに / p1 (0007.jp2)
  5. §1.2.従来の研究 / p3 (0008.jp2)
  6. §1.3.本研究の目的と論文の構成 / p7 (0010.jp2)
  7. 第2章 小口径円管内強制流動沸騰実験 / p10 (0012.jp2)
  8. §2.1.緒言 / p10 (0012.jp2)
  9. §2.2.安定流動時の小口径円管内強制流動沸騰 / p11 (0012.jp2)
  10. 2.2.1.実験装置 / p11 (0012.jp2)
  11. 2.2.2.実験条件 / p13 (0013.jp2)
  12. 2.2.3.測定値から諸物理量の計算 / p14 (0014.jp2)
  13. 2.2.4.実験結果 / p15 (0014.jp2)
  14. §2.3.不安定流動時の小口径円管内強制流動沸騰 / p29 (0021.jp2)
  15. 2.3.1.実験装置 / p29 (0021.jp2)
  16. 2.3.2.実験条件 / p29 (0021.jp2)
  17. 2.3.3.流量が 定で熱流束が上昇する場合の変動特性 / p30 (0022.jp2)
  18. 2.3.4.熱流束が 定で流量が低下する場合の変動特性 / p31 (0022.jp2)
  19. 2.3.5.不安定流動発生領域 / p32 (0023.jp2)
  20. 2.3.6.限界熱流束の低下と不安定流動の関係 / p33 (0023.jp2)
  21. §2.4.結言 / p33 (0023.jp2)
  22. 第3章 小口径円管内強制流動熱伝達 / p53 (0033.jp2)
  23. §3.1.緒言 / p53 (0033.jp2)
  24. §3.2.液単相強制対流領域の壁面熱伝達特性 / p53 (0033.jp2)
  25. 3.2.1.既存の熱伝達率相関式の評価 / p53 (0033.jp2)
  26. 3.2.2.Dittus‐Boelter式の修正式の評価 / p55 (0034.jp2)
  27. 3.2.3.加熱部人口からの距離が液単相強制対流熱伝達に及ぼす影響 / p56 (0035.jp2)
  28. §3.3.核沸騰開始条件 / p57 (0035.jp2)
  29. §3.4.核沸騰領域の壁面熱伝達特性 / p58 (0036.jp2)
  30. 3.4.1.既存の熱伝達率相関式の評価 / p58 (0036.jp2)
  31. 3.4.2.小口径円管内飽和核沸騰熱伝達用相関式の評価 / p62 (0038.jp2)
  32. §3.5.小口径円管での興味深い壁温変動 / p62 (0038.jp2)
  33. §3.6.結言 / p63 (0038.jp2)
  34. 第4章 小口径円管内強制流動沸騰バーンアウト / p70 (0042.jp2)
  35. §4.1.緒言 / p70 (0042.jp2)
  36. §4.2.バーンアウトの発生機構別分類 / p70 (0042.jp2)
  37. §4.3.バーンアウト発生機構別バーンアウト・発生メカニズムの考察 / p73 (0043.jp2)
  38. (1)フラッディング型のバーンアウト / p73 (0043.jp2)
  39. (2)ドライアウト型のバーンアウト / p73 (0043.jp2)
  40. (3)DNB型のバーンアウト / p74 (0044.jp2)
  41. §4.4.既存の限界熱流束相関式およびモデル式の適用性の評価 / p75 (0044.jp2)
  42. 4.4.1.ドライアウト型バーンアウト領域 / p75 (0044.jp2)
  43. 4.4.2.DNB型バーンアウト領域 / p81 (0047.jp2)
  44. §4.5.結言 / p102 (0058.jp2)
  45. 第5章 不安定流動時の小口径円管内沸騰流の熱水力特性 / p122 (0068.jp2)
  46. §5.1.緒言 / p122 (0068.jp2)
  47. §5.2.数値解析モデル / p122 (0068.jp2)
  48. §5.3.構成式の評価 / p123 (0068.jp2)
  49. 5.3.1.壁面摩擦モデルの評価 / p123 (0068.jp2)
  50. 5.3.2.壁面熱伝達率モデルの評価 / p125 (0069.jp2)
  51. §5.4.数値解析結果と実験結果の比較 / p126 (0070.jp2)
  52. 5.4.1.熱流束上昇に伴う不安定流動現象の数値解析結果と評価 / p127 (0070.jp2)
  53. 5.4.2.流量低下に伴う不安定流動現象の数値解析結果と評価128 / p128 (0071.jp2)
  54. 5.4.3.不安定流動発生領域の予測と評価 / p129 (0071.jp2)
  55. §5.5.不安定流動発生時の熱水力挙動に関する考察 / p129 (0071.jp2)
  56. §5.6.結言 / p131 (0072.jp2)
  57. 第6章 総括 / p139 (0076.jp2)
  58. 使用記号 / p144 (0079.jp2)
  59. 参考文献 / p146 (0080.jp2)
  60. 発表論文・国際会議等一覧 / p156 (0085.jp2)
  61. 謝辞 / p157 (0085.jp2)
  62. Appendix A / p159 (0086.jp2)
  63. “A DATA SET OF CRITICAL HEAT FLUX FOR FLOW-BOILING OF WATER IN SMALL-DIAMETER TUBES UNDER LOW-PRESSURE CONDITIONS” / p159 (0086.jp2)
  64. Appendix B / p201 (0107.jp2)
  65. “COMPARISON BETWEEN PRESENT DATA AND THE EXISTING CORRELATIONS AND MODELS” / p201 (0107.jp2)
  66. Appendix C / p205 (0109.jp2)
  67. “FIGURE CONCEPTUAL VIEW OF THE DNB TYPE BURNOUT MODELS” / p205 (0109.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152421
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069300
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316735
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ