ダウン症候群における中手骨・指節骨の長径パターンの解析、および手根骨のX線学的考察 Study of Radiographic Measurements of Metacarpophalangeal Lengths, Pattern Profile Analysis, and Skeletal Maturity Judging from Hand and Wrist Bones in Down Syndrome ダウン ショウコウグン ニオケル チュウシュコツ ・ シセツコツ ノ チョウケイ パターン ノ カイセキ, オヨビ シュコンコツ ノ Xセンガクテキ コウサツ

この論文をさがす

著者

    • 松田, 幸久 マツダ, ユキヒサ

書誌事項

タイトル

ダウン症候群における中手骨・指節骨の長径パターンの解析、および手根骨のX線学的考察

タイトル別名

Study of Radiographic Measurements of Metacarpophalangeal Lengths, Pattern Profile Analysis, and Skeletal Maturity Judging from Hand and Wrist Bones in Down Syndrome

タイトル別名

ダウン ショウコウグン ニオケル チュウシュコツ ・ シセツコツ ノ チョウケイ パターン ノ カイセキ, オヨビ シュコンコツ ノ Xセンガクテキ コウサツ

著者名

松田, 幸久

著者別名

マツダ, ユキヒサ

学位授与大学

鹿児島大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1154号

学位授与年月日

1997-09-18

注記・抄録

博士論文

Down syndrome (DS) is one of the most famous congenital anomaly syndromes,which has characteristic clinical features,including stocky hands and short fingers. The lengths of 19 tubular bones of the hand were measured on radiographs of 222 patients in DS. Between healthy Japanese children and DS,the pattern of the length order of bones on each finger was same. The metacarpophalangeal pattern profile analysis (MCPP) of DS is presented ; MCPP of male and female DS is very similar, overall shortening of the hand tubular bones, relatively shortening of 2nd proximal phalanx. By TW2 method, bone age was judged. The bone age was different from the clinological age in range between -6 months and +3 months. Skeletal maturity of DS was almost normal.

医歯学総合研究科博士論文(医学) ; 学位取得日: 平成9年9月18日

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152496
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086681
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316810
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ