低接触力Au電気接点における粘着力に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 篤人 コバヤシ, アツト

書誌事項

タイトル

低接触力Au電気接点における粘着力に関する研究

著者名

小林, 篤人

著者別名

コバヤシ, アツト

学位授与大学

静岡大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第80号

学位授与年月日

1997-09-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 電気接点を搭載した機構部品の発展と電気接点に対する要求 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 電気接点の粘着に関する研究の経過 / p8 (0009.jp2)
  5. 1.3 本論文の目的と構成 / p13 (0011.jp2)
  6. 第1章の参考文献 / p16 (0013.jp2)
  7. 第2章 従来の粘着力測定方法 / p18 (0014.jp2)
  8. 2.1 本論文で用いている基礎的な理論 / p18 (0014.jp2)
  9. 2.2 金属の凝着力の測定手段 / p26 (0018.jp2)
  10. 2.3 電気接点の粘着現象 / p32 (0021.jp2)
  11. 第2章の参考文献 / p35 (0022.jp2)
  12. 第3章 電気接点の粘着力測定の製作 / p37 (0023.jp2)
  13. 3.1 電気接点の粘着力測定装置の構造 / p37 (0023.jp2)
  14. 3.2 操作手順 / p41 (0025.jp2)
  15. 3.3 接触力と粘着力の測定精度 / p51 (0030.jp2)
  16. 第3章の参考文献 / p55 (0032.jp2)
  17. 第4章 Au接点の粘着力の測定 / p56 (0033.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p56 (0033.jp2)
  19. 4.2 測定仕様 / p56 (0033.jp2)
  20. 4.3 接触力と粘着力の関係 / p62 (0036.jp2)
  21. 4.4 しゅう動回数と粘着力の関係 / p67 (0038.jp2)
  22. 4.5 しゅう動距離と粘着力の関係 / p73 (0041.jp2)
  23. 4.6 おわりに / p75 (0042.jp2)
  24. 第4章の参考文献 / p77 (0043.jp2)
  25. 第5章 しゅう動が粘着力におよぼす影響 / p78 (0044.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p78 (0044.jp2)
  27. 5.2 粘着力がしゅう動から受ける影響 / p79 (0044.jp2)
  28. 5.3 最大粘着力の推定 / p105 (0057.jp2)
  29. 5.4 おわりに / p107 (0058.jp2)
  30. 第5章の参考文献 / p110 (0060.jp2)
  31. 第6章 結論 / p111 (0060.jp2)
  32. 謝辞 / p115 (0062.jp2)
  33. 付録 / p116 (0063.jp2)
  34. 付録1 摩擦係数の測定方法 / p116 (0063.jp2)
  35. 付録2 電気接点が開離する瞬間の接触抵抗の時間変化 / p117 (0063.jp2)
  36. 研究業績 / p121 (0065.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152509
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086694
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316823
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ