昭和戦前期における国家と社会 : 帝国主義戦争下の中堅農民の対応

この論文をさがす

著者

    • 南, 相虎 ナム, サンホ

書誌事項

タイトル

昭和戦前期における国家と社会 : 帝国主義戦争下の中堅農民の対応

著者名

南, 相虎

著者別名

ナム, サンホ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

博士 (歴史学)

学位授与番号

乙第153号

学位授与年月日

1997-07-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 凡例 / p4 (0006.jp2)
  3. 序論 / p5 (0007.jp2)
  4. 一 問題関心 / p5 (0007.jp2)
  5. 二 研究史の検討と本稿の課題 / p8 (0010.jp2)
  6. 1 昭和戦前期における村落有力者の階層と支配力―明治・大正期との比較観点から― / p14 (0016.jp2)
  7. 第一節 名望家・名望家秩序論の検討 / p15 (0017.jp2)
  8. 第二節 村政の担い手 / p18 (0020.jp2)
  9. 一 村長・村会議員の階層分布 / p19 (0021.jp2)
  10. 二 区長・区長代理の階層 / p29 (0031.jp2)
  11. 第三節 村政実体の一面 / p33 (0035.jp2)
  12. 一 村政の担い手の選出過程 / p33 (0035.jp2)
  13. 二 村政運営と村民意識 / p40 (0042.jp2)
  14. まとめ / p45 (0047.jp2)
  15. 2 昭和戦前期における国家官僚の地方政策―農村経済更生運動を中心として― / p53 (0055.jp2)
  16. はじめに / p54 (0056.jp2)
  17. 第一節 現実の農村への認識 / p56 (0058.jp2)
  18. 第二節 国難克服の論理 / p64 (0066.jp2)
  19. 第三節 隣保共助の精神 / p71 (0073.jp2)
  20. 第四節 自力更生の人間づくり / p75 (0077.jp2)
  21. 一 如何なる人間 / p75 (0077.jp2)
  22. 二 担い手 / p78 (0080.jp2)
  23. 第五節 農村経済更生運動の政策内容と矛盾―戦時下への展望― / p82 (0084.jp2)
  24. 一 統制なき増産 / p82 (0084.jp2)
  25. 二 農地問題の解決の微温性―村内全農家の更生― / p86 (0088.jp2)
  26. まとめ / p91 (0093.jp2)
  27. 3 昭和戦前期の農村における中堅人物の意識 / p98 (0100.jp2)
  28. 第一節 村落の概況 / p99 (0101.jp2)
  29. 一 木崎町の概況 / p99 (0101.jp2)
  30. 二 木崎赤堀小作争議の経過 / p101 (0103.jp2)
  31. 第二節「草の根」農本主義 / p114 (0116.jp2)
  32. はじめに / p114 (0116.jp2)
  33. 一 昭和三年日記 / p115 (0117.jp2)
  34. 二 農本主義との出会い / p118 (0120.jp2)
  35. 三「草の根」農本主義の論理 / p130 (0132.jp2)
  36. 四 農本主義の浸透程度 / p149 (0151.jp2)
  37. まとめ―「草の根」農本主義の意義― / p151 (0153.jp2)
  38. 4 中堅人物の農業経営 / p159 (0161.jp2)
  39. 第一節 耕作地の運営 / p160 (0162.jp2)
  40. 第二節 農作業と生産向上努力 / p164 (0166.jp2)
  41. 一 昭和一三頃の農作業の特徴 / p164 (0166.jp2)
  42. 二 昭和一六年頃の省力経営 / p169 (0172.jp2)
  43. 第三節 個人と村落と国策 / p172 (0175.jp2)
  44. まとめ / p177 (0180.jp2)
  45. 終論 / p183 (0186.jp2)
  46. 参考文献 / p193 (0196.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152540
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086723
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316854
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ