社会契約説と人類学 : ジョン・ロックからジョン・ミラーへ

この論文をさがす

著者

    • 永山, 了平 ナガヤマ, リョウヘイ

書誌事項

タイトル

社会契約説と人類学 : ジョン・ロックからジョン・ミラーへ

著者名

永山, 了平

著者別名

ナガヤマ, リョウヘイ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第155号

学位授与年月日

1997-11-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p7 (0005.jp2)
  2. はじめに / p3 (0003.jp2)
  3. 第一章 モルガンの社会進化説 / p13 (0008.jp2)
  4. 第一節 生活技術の進化と時代区分 / p14 (0009.jp2)
  5. 第二節 婚姻・家族形態の発達 / p19 (0011.jp2)
  6. 第三節 社会組織の発展 / p22 (0013.jp2)
  7. 第四節 国家の形成―血縁的組織(ソキエタス)から地縁的組織(キビタス) へ / p25 (0014.jp2)
  8. 第五節 座標軸としてのモルガンの理論 / p32 (0018.jp2)
  9. 第二章 一八世紀イギリスにおける自然法と契約説の転換―ロックからヒュームへ / p45 (0024.jp2)
  10. 第一節 ロック政治哲学における理性と歴史 / p49 (0026.jp2)
  11. 第一項 問題の所在 / p49 (0026.jp2)
  12. 第二項 自然状態 / p52 (0028.jp2)
  13. 第三項 政治社会の形成 / p66 (0035.jp2)
  14. 第二節 経験的道徳理論の発展と自然法概念の転換 / p76 (0040.jp2)
  15. 第一項 道徳感覚理論の発展―ロック、ハチスン、ヒューム / p77 (0040.jp2)
  16. 第二項 合理主義的道徳理論の批判―ウォラストン、ハチスン、ヒューム / p89 (0046.jp2)
  17. 第三節 ヒューム政治思想における「歴史」の優位とコンヴェンションの概念 / p102 (0053.jp2)
  18. 第一項 道徳判断の客観性 / p102 (0053.jp2)
  19. 第二項 ヒューム正義論におけるコンヴェンションの概念 / p108 (0056.jp2)
  20. 第三章 一八世紀イギリスにおける人類学的国家起源論の成長 / p119 (0061.jp2)
  21. 第一節 ロック、シャフツペリ、ボーリングブルック / p119 (0061.jp2)
  22. 第一項 ロック国家論における人類学的側面 / p119 (0061.jp2)
  23. 第二項 シャフツベリとボーリングブルック / p123 (0063.jp2)
  24. 第二節 ハチスンとスミス / p136 (0070.jp2)
  25. 第一項 ハチスンの自然状態論と契約説 / p137 (0070.jp2)
  26. 第二項 スミス『法学講義』における国家起源論と人類史の四段階論 / p152 (0078.jp2)
  27. 第四章 ミラーにおける家族と国家 / p169 (0086.jp2)
  28. 第一節 家族論 / p182 (0093.jp2)
  29. 第一項 各時代における女性の地位の変遷 / p182 (0093.jp2)
  30. 第二項 子供に対する父親の支配権と権威 / p203 (0103.jp2)
  31. 第二節 国家起源論 / p213 (0108.jp2)
  32. 第一項 部族ないし村落の形成 / p213 (0108.jp2)
  33. 第二項 首長の権威の起源と性質 / p215 (0109.jp2)
  34. 第三項 国家の形成と展開 / p220 (0112.jp2)
  35. 結びに代えて / p244 (0124.jp2)
  36. あとがき / p248 (0126.jp2)
  37. 文献表(外国語文献・日本語文献) / p1 (0131.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152542
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086725
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316856
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ