Administration of anti-IL-6 antibody paradoxically enhanced IL-6 activity in the serum of mice with pristane-induced arthritis : possible implication in the pathogenesis of the experimental model of human rheumatoid arthritis プリステン誘導関節炎発症マウスにおける抗IL-6抗体投与による予期せぬ血清IL-6活性の上昇 : ヒト慢性関節リウマチの実験モデルの発症機序における意義

この論文をさがす

著者

    • 石井, 宏治 イシイ, コウジ

書誌事項

タイトル

Administration of anti-IL-6 antibody paradoxically enhanced IL-6 activity in the serum of mice with pristane-induced arthritis : possible implication in the pathogenesis of the experimental model of human rheumatoid arthritis

タイトル別名

プリステン誘導関節炎発症マウスにおける抗IL-6抗体投与による予期せぬ血清IL-6活性の上昇 : ヒト慢性関節リウマチの実験モデルの発症機序における意義

著者名

石井, 宏治

著者別名

イシイ, コウジ

学位授与大学

大分医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第130号

学位授与年月日

1995-03-23

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152620
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086801
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316934
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ