Pharmacological evidence for the persistent activation of ATP-sensitive K[+] channels in early phase of reperfusion and its protective role against myocardial stunning 再灌流早期のATP感受性カリウムチャネルの持続的活性化と遷延性心筋障害に対するその防御作用についての薬理学的証明

この論文をさがす

著者

    • 重松, 作治 シゲマツ, サクジ

書誌事項

タイトル

Pharmacological evidence for the persistent activation of ATP-sensitive K[+] channels in early phase of reperfusion and its protective role against myocardial stunning

タイトル別名

再灌流早期のATP感受性カリウムチャネルの持続的活性化と遷延性心筋障害に対するその防御作用についての薬理学的証明

著者名

重松, 作治

著者別名

シゲマツ, サクジ

学位授与大学

大分医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第135号

学位授与年月日

1995-09-29

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152625
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086806
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316939
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ