低温プラズマ処理による羊毛の防縮性

この論文をさがす

著者

    • 田原, 充 タハラ, ミツル

書誌事項

タイトル

低温プラズマ処理による羊毛の防縮性

著者名

田原, 充

著者別名

タハラ, ミツル

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第918号

学位授与年月日

1997-11-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 参考文献 / p5 (0006.jp2)
  4. 第1章 低温プラズマ処理羊毛表面の特性 / p6 (0007.jp2)
  5. 第1節 低温プラズマ処理羊毛のESCAによる表面分析 / p6 (0007.jp2)
  6. 1.1.1 緒言 / p6 (0007.jp2)
  7. 1.1.2 実験方法 / p6 (0007.jp2)
  8. 1.1.3 結果および考察 / p7 (0007.jp2)
  9. 1.1.4 結言 / p23 (0015.jp2)
  10. 参考文献 / p23 (0015.jp2)
  11. 第2節 低温プラズマ処理羊毛の動摩擦特性と収縮性の関係 / p25 (0016.jp2)
  12. 1.2.1 緒言 / p25 (0016.jp2)
  13. 1.2.2 実験方法 / p25 (0016.jp2)
  14. 1.2.3 結果および考察 / p27 (0017.jp2)
  15. 1.2.4 結言 / p38 (0023.jp2)
  16. 参考文献 / p40 (0024.jp2)
  17. 第3節 種々のpH緩衝液中における低温プラズマ処理羊毛の収縮性 / p42 (0025.jp2)
  18. 1.3.1 緒言 / p42 (0025.jp2)
  19. 1.3.2 実験方法 / p42 (0025.jp2)
  20. 1.3.3 結果と考察 / p44 (0026.jp2)
  21. 1.3.4 結言 / p62 (0035.jp2)
  22. 参考文献 / p62 (0035.jp2)
  23. 第2章 低温プラズマ処理を伴った防縮加工 / p64 (0036.jp2)
  24. 第1節 低温プラズマおよびカリウムtert-ブトキシド処理羊毛のESCAによる比較 / p64 (0036.jp2)
  25. 2.1.1 緒言 / p64 (0036.jp2)
  26. 2.1.2 実験方法 / p64 (0036.jp2)
  27. 2.1.3 結果および考察 / p65 (0036.jp2)
  28. 2.1.4 結言 / p79 (0043.jp2)
  29. 参考文献 / p79 (0043.jp2)
  30. 第2節 低温プラズマと樹脂による防縮加工羊毛の光学および電子顕微鏡観察 / p81 (0044.jp2)
  31. 2.2.1 緒言 / p81 (0044.jp2)
  32. 2.2.2 実験方法 / p81 (0044.jp2)
  33. 2.2.3 結果と考察 / p82 (0045.jp2)
  34. 2.2.4 結言 / p95 (0051.jp2)
  35. 参考文献 / p95 (0051.jp2)
  36. 第3節 低温プラズマおよび酵素処理羊毛の収縮性 / p97 (0052.jp2)
  37. 2.3.1 緒言 / p97 (0052.jp2)
  38. 2.3.2 実験方法 / p97 (0052.jp2)
  39. 2.3.3 結果と考察 / p98 (0053.jp2)
  40. 2.3.4 結言 / p110 (0059.jp2)
  41. 参考文献 / p110 (0059.jp2)
  42. 第3章 プラズマ重合による防縮性 / p112 (0060.jp2)
  43. 第1節 フッ素化合物を用いてプラズマ重合処理した羊毛織物の防縮性 / p112 (0060.jp2)
  44. 3.1.1 緒言 / p112 (0060.jp2)
  45. 3.1.2 実験方法 / p112 (0060.jp2)
  46. 3.1.3 結果および考察 / p113 (0060.jp2)
  47. 3.1.4 結言 / p129 (0068.jp2)
  48. 参考文献 / p132 (0070.jp2)
  49. 第2節フッ素化合物をプラズマ重合した綿および羊毛織物の洗濯耐久性 / p133 (0070.jp2)
  50. 3.2.1 緒言 / p133 (0070.jp2)
  51. 3.2.2 実験方法 / p134 (0071.jp2)
  52. 3.2.3 結果および考察 / p134 (0071.jp2)
  53. 3.2.4 結言 / p152 (0080.jp2)
  54. 参考文献 / p153 (0080.jp2)
  55. 総括 / p154 (0081.jp2)
  56. 謝辞 / p158 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152754
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086932
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317068
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ