3価、4価セリウム塩を触媒とするベローゾフ-ザボチンスキー反応およびミニマル振動子の流れ系による熱・電位差同時測定と化学振動挙動の解析

この論文をさがす

著者

    • 張, 微 チョウ, ビ

書誌事項

タイトル

3価、4価セリウム塩を触媒とするベローゾフ-ザボチンスキー反応およびミニマル振動子の流れ系による熱・電位差同時測定と化学振動挙動の解析

著者名

張, 微

著者別名

チョウ, ビ

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第74号

学位授与年月日

1997-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 本論文中で用いた主な記号と物理化学量 / p1 (0005.jp2)
  3. 実測曲線と物理化学量 / p3 (0006.jp2)
  4. 序章 本研究の背景および概要 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  6. 1.2 化学振動反応の分類における本研究の位置付け / p5 (0009.jp2)
  7. 1.3 本研究の概要 / p5 (0009.jp2)
  8. 序章参考文献 / p7 (0010.jp2)
  9. 第1部 測定法 / (0011.jp2)
  10. 第2章 流れ系熱交換熱量測定法 / p8 (0012.jp2)
  11. 2.1 流れ系熱交換熱量測定法の原理 / p8 (0012.jp2)
  12. 2.2 熱量測定装置(1流路) / p12 (0014.jp2)
  13. 2.3 流れ系の測定 / p15 (0016.jp2)
  14. 2.4 熱交換定数αの液送速度依存 / p17 (0017.jp2)
  15. 2.5 熱交換定数αの反応容器体積、壁の厚さへの依存性 / p20 (0018.jp2)
  16. 2.6 熱交換定数αと回路定数(R₂C₂)の関係 / p24 (0020.jp2)
  17. 第2章参考文献 / p24 (0020.jp2)
  18. 第3章 流れ系熱量電位差同時測定 / p27 (0022.jp2)
  19. 3.1 3流路の流れ系熱量電位差同時測定装置 / p27 (0022.jp2)
  20. 3.2 異なる液送速度におけるジュール熱測定及び熱量較正値の再現性 / p30 (0023.jp2)
  21. 3.3 流れ系熱量電位差同時測定の問題点と注意点 / p39 (0028.jp2)
  22. 3.4 反応物質・参照物質と熱量較正値 / p40 (0028.jp2)
  23. 第3章参考文献 / p41 (0029.jp2)
  24. 第4章 電位差測定と臭化物イオン濃度の関係 / p47 (0032.jp2)
  25. 第4章参考文献 / p49 (0033.jp2)
  26. 第2部 Belousov-Zhabotinskii反応 / (0033.jp2)
  27. 第5章 Belousov-Zhabotinskii反応 / p50 (0034.jp2)
  28. 5.1 BZ反応に必要な物質 / p50 (0034.jp2)
  29. 5.2 Field-Koros-Noyes(FKN)モデルと先行研究からの知見 / p50 (0034.jp2)
  30. 5.3 流れ系とバッチ形式の実験における機能的違い / p53 (0036.jp2)
  31. 第5章参考文献 / p58 (0038.jp2)
  32. 第6章 セリウム(IV)塩を触媒とするマロン酸系BZ反応 / p59 (0039.jp2)
  33. 6.1 セリウム(IV)塩を触媒とするマロン酸系BZ反応 / p59 (0039.jp2)
  34. 6.2 実験 / p59 (0039.jp2)
  35. 6.3 結果と考察 / p65 (0042.jp2)
  36. 第6章参考文献 / p154 (0086.jp2)
  37. 第7章 カオス現象の解析 / p155 (0087.jp2)
  38. 7.1 カオス的化学振動挙動の実現 / p155 (0087.jp2)
  39. 7.2 実験 / p155 (0087.jp2)
  40. 7.3 結果と考察 / p157 (0088.jp2)
  41. 第7章参考文献 / p160 (0089.jp2)
  42. 10.2 実験 / p213 (0116.jp2)
  43. 10.3 結果と考察 / p216 (0117.jp2)
  44. 第10章参考文献 / p225 (0122.jp2)
  45. 第3部 Minimal Bromate Oscillator反応 / (0123.jp2)
  46. 第11章 Minimal Bromate Oscillator反応 / p227 (0124.jp2)
  47. 11.1 MBO反応とBZ反応 / p227 (0124.jp2)
  48. 11.2 Noyes-Field-Thompson(NFT)モデルと先行研究からの知見 / p227 (0124.jp2)
  49. 11.3 実験 / p229 (0125.jp2)
  50. 11.4 結果と考察 / p230 (0126.jp2)
  51. 第11章参考文献 / p250 (0136.jp2)
  52. 第4部 熱量電位差測定と化学振動挙動 / (0136.jp2)
  53. 第12章 BZ反応の熱量電位差測定と化学振動挙動 / p251 (0137.jp2)
  54. 12.1 BZ反応とMBO反応の比較 / p251 (0137.jp2)
  55. 12.2 エンタルピー変化による考察 / p257 (0140.jp2)
  56. 第12章参考文献 / p259 (0141.jp2)
  57. 第13章 まとめ / p261 (0142.jp2)
  58. 謝辞 / p264 (0144.jp2)
  59. 第8章 セリウム(III)塩を触媒とするマロン酸系BZ反応 / p161 (0090.jp2)
  60. 8.1 セリウム(III)塩を触媒とするマロン酸系BZ反応 / p161 (0090.jp2)
  61. 8.2 実験 / p161 (0090.jp2)
  62. 8.3 結果と考察 / p162 (0090.jp2)
  63. 第8章参考文献 / p172 (0095.jp2)
  64. 第9章 反応基質にリンゴ酸を用いるBZ反応 / p175 (0097.jp2)
  65. 9.1 リンゴ酸系とマロン酸系の比較の必要性 / p175 (0097.jp2)
  66. 9.2 実験 / p175 (0097.jp2)
  67. 9.3 結果と考察 / p181 (0100.jp2)
  68. 第9章参考文献 / p211 (0115.jp2)
  69. 第10章 臭化物イオンを外部から加えるBZ反応 / p213 (0116.jp2)
  70. 10.1 臭化物イオンを外部から加えるBZ反応 / p213 (0116.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152833
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087012
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317147
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ