教育的「自治」概念の成立と展開 : 農村社会における教育・文化運動を中心に

この論文をさがす

著者

    • 松田, 千枝子 マツダ, チエコ

書誌事項

タイトル

教育的「自治」概念の成立と展開 : 農村社会における教育・文化運動を中心に

著者名

松田, 千枝子

著者別名

マツダ, チエコ

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (社会科学)

学位授与番号

乙第67号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 序 本研究の課題と方法 / p1 (0008.jp2)
  3. 一 課題 / p1 (0008.jp2)
  4. 二 概要と分析方法 / p4 (0011.jp2)
  5. 三 先行研究 / p7 (0014.jp2)
  6. 第一部 教員組合啓明会の誕生と「教育自治」の提唱 / p12 (0019.jp2)
  7. 序章 官製「自治」概念の特質 / p12 (0019.jp2)
  8. 第一節 地方自洽制度の成立と『公民之友』誌にみる「自治」をめぐる世論 / p12 (0019.jp2)
  9. 一 「地方自治」の制度化 / p12 (0019.jp2)
  10. 二 地方行政の実態 / p14 (0021.jp2)
  11. 三 「自治」をめぐる世論 / p16 (0023.jp2)
  12. 第二節 地方改良運動における官製「自治」概念の特質 / p20 (0027.jp2)
  13. 一 地方改良運動の経緯と「自治」の人づくり的性格 / p20 (0027.jp2)
  14. 二 「教育」概念の拡大とそれに伴う「忠君愛国」思想の強化 / p23 (0030.jp2)
  15. 第三節 官製「自治」概念の公教育への組織化 / p27 (0034.jp2)
  16. 一 「自治」普及の基盤としての学校教育への着目 / p27 (0034.jp2)
  17. 二 「自治」の社会教育への組織化 / p30 (0037.jp2)
  18. 第一章 啓明会の活動とその農村への着目 / p35 (0042.jp2)
  19. 第一節 転換期の諸相 / p35 (0042.jp2)
  20. 一 「地方自治」の再編成 / p35 (0042.jp2)
  21. 二 社会運動の進展 / p37 (0044.jp2)
  22. 三 日常生活面での変動 / p39 (0046.jp2)
  23. 第二節 啓明会の活動とその特質 / p44 (0051.jp2)
  24. 一 活動の概観 / p44 (0051.jp2)
  25. 二 先行研究と本研究の視角 / p48 (0055.jp2)
  26. 三 地方組織と兵庫の蒼空会 / p49 (0056.jp2)
  27. 第三節 『蒼空』誌にみる会員教師の動向 / p55 (0062.jp2)
  28. 一 蒼空会の概観 / p55 (0062.jp2)
  29. 二 人間解放の希求と旧共同体への憧憬 / p57 (0064.jp2)
  30. 三 蒼空会の多様性 / p60 (0067.jp2)
  31. 四 あをぞら社への転生と農民自治会への合流 / p62 (0069.jp2)
  32. 第二章 教員組合啓明会の誕生―下中弥三郎の「教育自治」構想― / p67 (0074.jp2)
  33. 第一節 啓明会創設に至るまでの下中弥二郎の生活史 / p67 (0074.jp2)
  34. 一 陶工としての生活 / p67 (0074.jp2)
  35. 二 小学校教師としての経験 / p69 (0076.jp2)
  36. 三 社会主義者としての模索 / p70 (0077.jp2)
  37. 四 師範学校教諭から出版業へ / p71 (0078.jp2)
  38. 第二節 「学習権」と「教育自治」の思想 / p73 (0080.jp2)
  39. 一 「教育改造の四綱領」における教育権論の特色 / p73 (0080.jp2)
  40. 二 「学習権」の思想 / p78 (0085.jp2)
  41. 三 「教育自治」の主張から「地方自治」の徹底へ / p80 (0087.jp2)
  42. 第三節 下中弥三郎の教育改革構想 / p85 (0092.jp2)
  43. 一 『万人労働の教育』における「万人学校」の構想 / p85 (0092.jp2)
  44. 二 子ども中心主義と自由教育批判 / p88 (0095.jp2)
  45. 三 「到達目標」をめぐる議論 / p91 (0098.jp2)
  46. 第三章 教員組合啓明会の教育実践―大西伍一の教育実践と「自治」意識― / p97 (0104.jp2)
  47. 第一節 下中弥三郎と大西伍一 / p97 (0104.jp2)
  48. 第二節 承認されなかった青年期の模索―少年時代の『日記』の分析を通して― / p100 (0107.jp2)
  49. 一 生まれ育った時代と地域 / p100 (0107.jp2)
  50. 二 生意気な優等生の村人批判 / p103 (0110.jp2)
  51. 三 農夫としての生活と心性―師範学校受験までの一年間― / p107 (0114.jp2)
  52. 四 「大日本」に依拠しての村社会批判 / p111 (0118.jp2)
  53. 五 「権威の出現」への熱望―姫路師範学校時代― / p112 (0119.jp2)
  54. 第三節 大西伍一の教育実践とその深層に潜む共同体的心性 / p115 (0122.jp2)
  55. 一 ダルトン・プランをとりいれた授業―姫路師範学校代用附属城北小学校時代― / p115 (0122.jp2)
  56. 二 「自由教育」から「無産教育」へ―東京府女子師範学校附属竹早小学校時代― / p120 (0127.jp2)
  57. 三 グループ活動を中心にすえた学級集団づくり―東京市立関口台町小学校時代― / p125 (0132.jp2)
  58. 四 教育実践の深層に潜む共同体的心性 / p129 (0136.jp2)
  59. 第四節 『土の教育』にみる「自治」と「教育」 / p132 (0139.jp2)
  60. 一 「土」への着目 / p132 (0139.jp2)
  61. 二 教育目標としての「自治」の提起とその問題点 / p136 (0143.jp2)
  62. 第五節 農民自治会と農村教育研究会 / p142 (0149.jp2)
  63. 一 農民自治会運動からの離脱 / p142 (0149.jp2)
  64. 二 「生活」概念の発見―「村落中心」の学校への期待― / p144 (0151.jp2)
  65. 三 「生活」概念の探求―郷上教育論の展開― / p146 (0153.jp2)
  66. 第六節 『日本老農伝』とその後の大西伍一の生き方 / p150 (0157.jp2)
  67. 補論 蒼空会に集まった教師たちの群像 / p157 (0164.jp2)
  68. 池田種生のジレンマ/小林かねよの苫悩/長船黎人の童謡教育 上村正福の青年指導/佐藤たくせの劣等生幸福論/金子史了の野外劇の提唱 梅里久子のみた都市労働者の生活 / p157 (0164.jp2)
  69. 第二部 農民自治会 / p168 (0175.jp2)
  70. 序章 教員組合啓明会から農民自治会へ / p168 (0175.jp2)
  71. 第一節 先行研究と本研究の視角 / p168 (0175.jp2)
  72. 第二節 農民自治会運動の概観 / p170 (0177.jp2)
  73. 一 農民自治会全国連合の成立と展開 / p170 (0177.jp2)
  74. 二 啓明会から農民自治会へ / p174 (0181.jp2)
  75. 第一章 農民自治会全国連合の教育実践と運動の広がり / p178 (0185.jp2)
  76. 第一節 農民自治会全国連合の教育内容と教育方法 / p178 (0185.jp2)
  77. 一 研究会・講習会活動の展開と多様な「自治」観 / p178 (0185.jp2)
  78. 二 「森の家」の林間講座 / p182 (0189.jp2)
  79. 第二節 自由大学と農民自治会の違い / p186 (0193.jp2)
  80. 第三節 地方講習会の展開と各地への広がり / p195 (0202.jp2)
  81. 第四節 農民文学運動との提携―『農民自治』から第二次『農民』、第三次『農民』ヘ― / p199 (0206.jp2)
  82. 第二章 農民自治会の教育実践―岡山県下の場合― / p204 (0211.jp2)
  83. 第一節 概観 / p204 (0211.jp2)
  84. 一 川上郡とその周辺 / p204 (0211.jp2)
  85. 二 勝田郡豊並村 / p205 (0212.jp2)
  86. 三 英田郡 / p207 (0214.jp2)
  87. 四 中西伊之助の来岡 / p208 (0215.jp2)
  88. 第二節 岡山県連合青年団その他の青年組織と農民自洽会 / p211 (0218.jp2)
  89. 第三節 『郷土』その他の文芸同人誌にみられる青年たちの模索 / p223 (0230.jp2)
  90. 一 『郷土』誌と農民自治会 / p223 (0230.jp2)
  91. 二 「自治社会」像の模索 / p226 (0233.jp2)
  92. 三 「土」への憧憬 / p232 (0239.jp2)
  93. 第四節 講演会活動 / p236 (0243.jp2)
  94. 第五節 中心メンバーの移行と少年団活動 / p244 (0251.jp2)
  95. 第六節 運動を担った青年たちのその後の生き方 / p251 (0258.jp2)
  96. 一 延原政行・延原義憲・平松久雄の場合 / p252 (0259.jp2)
  97. 二 延原大川の場合 / p255 (0262.jp2)
  98. 補論 埼玉県下の活動を担った青年たちの教育要求と生き方 / p259 (0266.jp2)
  99. 岡正否/浜野信治/桑島政寿/松本正枝/子どもの「野性」文化への注目 / p259 (0266.jp2)
  100. 第三章 農民自治会の教師たち―中西伊之助と犬田卯― / p272 (0279.jp2)
  101. 第一節 官製百年団の「自治」と農民自治会の「自治」 / p272 (0279.jp2)
  102. 第二節 中西伊之助の社会派文学における「自治」と発達観 / p274 (0281.jp2)
  103. 一 農民自治会結成に至るまでの中西の生き方と活動 / p274 (0281.jp2)
  104. 二 中西の文学における「自治」と青年観 / p280 (0287.jp2)
  105. 第三節 犬田卯の「魂の表現」としての「土の芸術」論 / p285 (0292.jp2)
  106. 一 農民文芸会結成に至るまでの犬田の生き方と活動 / p285 (0292.jp2)
  107. 二 犬田の「土の芸術」と「農民自治」の理論 / p289 (0296.jp2)
  108. 第四節 教育運動としての農民自治会 / p295 (0302.jp2)
  109. 第三部 農村の「自治」から学校の「自治」へ / p297 (0304.jp2)
  110. 序章 ファシズム教育体制下の官製「自治」概念の特質と農村教育研究会 / p297 (0304.jp2)
  111. 第一節 「教育自治」から「教育計画」へ / p297 (0304.jp2)
  112. 第二節 ファシズム教育体制下の官製「自治」概念の特質 / p298 (0305.jp2)
  113. 一 農村経済更生運動と郷土教育 / p298 (0305.jp2)
  114. ニ ファシズム教育体制の成立 / p302 (0309.jp2)
  115. 第三節 農村教育研究会の解散 / p305 (0312.jp2)
  116. 第一章 郷土教育連盟から教育科学研究会へ / p312 (0319.jp2)
  117. 第一節 郷土教育連盟の成立と展開―「郷土教育」の返上― / p312 (0319.jp2)
  118. 第二節 「社会計画」としての教育論の登場―尾高豊作の「児童社会学」の構想― / p320 (0327.jp2)
  119. 第二節 教育科学研究会の成立と展開 / p326 (0333.jp2)
  120. 一 活動の概観と先行研究 / p326 (0333.jp2)
  121. 二 「教育の科学的企画化」の構想 / p330 (0337.jp2)
  122. 三 教育制度改革の構想と教育内容研究 / p333 (0340.jp2)
  123. 第二章 教育科学研究会の教育実践―修身・公民教育部会と学級経営部会― / p338 (0345.jp2)
  124. 第一節 修身・公民教育部会の道徳教育研究 / p338 (0345.jp2)
  125. 一 修身科不要論の浮上 / p338 (0345.jp2)
  126. 二 道徳教育をめぐる議論と柏崎栄の教育実践 / p339 (0346.jp2)
  127. 三 「生活」の教材化と生活指導の教育評価への着眼 / p344 (0351.jp2)
  128. 第二節 学級経営部会の動向と山田清人の教育実践 / p346 (0353.jp2)
  129. 一 学級経営部会の動向 / p346 (0353.jp2)
  130. 二 山田清人の「教育協同体」創出の試み―「母の会」の実践― / p349 (0356.jp2)
  131. 第三節 平野婦美子の教育実践にみる「生活」の教材化 / p354 (0361.jp2)
  132. 一 『綴る生活の指導法』における「科学性」の特質 / p354 (0361.jp2)
  133. 二 子どもの生活に学ぶ視点 / p357 (0364.jp2)
  134. 三 教材・教具に注目した学級経営の実際 / p360 (0367.jp2)
  135. 第三章 村落改革をめざした教育実践の悲劇―寒川道夫における「自治」実現の試み― / p365 (0372.jp2)
  136. 第一節 平野婦美子の寒川道夫像と寒川道夫研究をめぐる今日的状況 / p365 (0372.jp2)
  137. 第二節 生活綴方をめぐる模索と脱皮 / p368 (0375.jp2)
  138. 第三節 郷士教育の実践と村落改革の試み / p372 (0379.jp2)
  139. 第四節 文集『青い空』にみる子どもたちの形成過程 / p378 (0385.jp2)
  140. 一 分析の視点と文集『青い空』の概観 / p378 (0385.jp2)
  141. ニ 一家団欒のなかでの児童労働 / p382 (0389.jp2)
  142. 三 群のなかの野性遊び / p386 (0393.jp2)
  143. 四 身近な老い・病・死 / p389 (0396.jp2)
  144. 五 地域に開かれた家族 / p392 (0399.jp2)
  145. 第五節 教育の実際と展望のずれ / p394 (0401.jp2)
  146. 結 総括と今後の研究課題 / p396 (0403.jp2)
  147. 資料 / p401 (0408.jp2)
  148. 『蒼空』総目次/『農村教育研究』総目次 / p401 (0408.jp2)
  149. 年表 / p409 (0416.jp2)
  150. 参考文献・引用文献一覧 / p415 (0422.jp2)
17アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152844
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087022
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317158
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ