Bacillus thuringiensis subsp. israelensisの産生する毒素蛋白に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 横山, 由美 ヨコヤマ, ユミ

書誌事項

タイトル

Bacillus thuringiensis subsp. israelensisの産生する毒素蛋白に関する研究

著者名

横山, 由美

著者別名

ヨコヤマ, ユミ

学位授与大学

名古屋市立大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1234号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 学位論文内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0007.jp2)
  4. 総論の部 / p1 (0010.jp2)
  5. 第1章 はじめに / p1 (0010.jp2)
  6. 第2章 Bt菌の産生する毒素蛋白の殺細胞性 / p3 (0011.jp2)
  7. 2-1 序論 / p3 (0011.jp2)
  8. 2-2 Bt菌亜種のスクリーニング / p5 (0012.jp2)
  9. 2-3 培養条件の検討 / p6 (0013.jp2)
  10. 2-4 溶解条件の検討 / p7 (0013.jp2)
  11. 2-5 精製 / p8 (0014.jp2)
  12. 2-6 BTI蛋白の処理時間と殺細胞活性 / p12 (0016.jp2)
  13. 2-7 BTI蛋白の脂質に対する親和性 / p13 (0016.jp2)
  14. 2-8 考察 / p13 (0016.jp2)
  15. 第3章 BTI蛋白の既存制癌剤に対する併用効果 / p15 (0017.jp2)
  16. 3-1 序論 / p15 (0017.jp2)
  17. 3-2 併用効果 / p15 (0017.jp2)
  18. 3-3 〔³H〕VCRの細胞内取り込み量に及ぼすBTI蛋白の効果 / p25 (0022.jp2)
  19. 3-4 考察 / p26 (0023.jp2)
  20. 第4章 BTI蛋白の既存制癌剤に対する併用効果 / p27 (0023.jp2)
  21. 4-1 序論 / p27 (0023.jp2)
  22. 4-2 BTI蛋白の急性毒性 / p27 (0023.jp2)
  23. 4-3 担癌マウスに対するBTI蛋白によるBLMの効果増強(1) / p27 (0023.jp2)
  24. 4-4 担癌マウスに対するBTI蛋白によるBLMの効果増強(2) / p32 (0026.jp2)
  25. 4-5 考察 / p36 (0028.jp2)
  26. 第5章 BTI蛋白併用によるのBLMのDNA鎖切断能の増強 / p38 (0029.jp2)
  27. 5-1 序論 / p38 (0029.jp2)
  28. 5-2 BLMのDNA鎖切断能に対するBTI蛋白の併用効果 / p38 (0029.jp2)
  29. 5-3 NCS、ACNUのDNA鎖切断能に対するBTI蛋白の併用効果 / p43 (0031.jp2)
  30. 5-4 考察 / p47 (0033.jp2)
  31. 第6章 温熱によるBTI蛋白のBLMに対する併用効果の更なる増強 / p48 (0034.jp2)
  32. 6-1 序論 / p48 (0034.jp2)
  33. 6-2 BLMと温熱との併用効果 / p48 (0034.jp2)
  34. 6-3 BTI蛋白と温熱との併用効果 / p50 (0035.jp2)
  35. 6-4 BLMと温熱の併用効果に対するBTI蛋白の効果 / p51 (0035.jp2)
  36. 6-5 BTI蛋白存在、非存在時のVCRに対すると温熱の併用効果 / p53 (0036.jp2)
  37. 6-6 考察 / p55 (0037.jp2)
  38. 第7章 BTI蛋白関連の3種の蛋白 / p56 (0038.jp2)
  39. 7-1 序論 / p56 (0038.jp2)
  40. 7-2 BTI蛋白精製時に見い出された3種の蛋白 / p56 (0038.jp2)
  41. 7-3 殺細胞活性 / p60 (0040.jp2)
  42. 7-4 Bt菌のDAPI染色による光学顕微鏡観察 / p62 (0041.jp2)
  43. 7-5 吸光スペクトル及びCDスペクトル / p64 (0042.jp2)
  44. 7-6 Agarose Gel電気泳動 / p66 (0043.jp2)
  45. 7-7 Gel Shift Assay / p68 (0044.jp2)
  46. 7-8 M2のN末アミノ酸配列 / p72 (0046.jp2)
  47. 7-9 考察 / p73 (0047.jp2)
  48. 第8章 結語 / p75 (0048.jp2)
  49. 実験の部 / p78 (0049.jp2)
  50. 謝辞 / p88 (0054.jp2)
  51. 引用文献 / p89 (0055.jp2)
  52. Potentiation of the Cytotoxic Activity of Anti-cancer Drugs against Cultured L1210 Cells by Bacillus thuringiensis subsp. israelensis Toxin / p4499 (0058.jp2)
  53. Potentiation of Antitumor Activity of Bleomycin towards Solid Tumors in Mice by Bacillus Thuringiensis Subsp. Israelensis Toxin / p1625 (0062.jp2)
  54. Hyperthermic Potentiation of Bleomycin Cytotoxicity in the Presence of Bacillus thuringiensis subsp. israelenis δ-Endotoxin / p1079 (0066.jp2)
  55. Enhanced Cytotoxicity Caused by Increased DNA Strand Breakage Resulting from Synergistic Potentiation of Bleomycin with Bacillus thuringiensis subsp. israelensis δ-Endotoxin / p837 (0069.jp2)
  56. Mechanistic aspects of the cytocidal action of ulithiacyclamide on mouse leukemia L1210 cells in vitro / p4497 (0073.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152879
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000153150
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317193
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ