ストレス性高血圧の発症のメカニズムに関する研究 : 脳内アドレナリン受容体及びニコチン受容体との関係

この論文をさがす

著者

    • 田北, 学 タキタ, マナブ

書誌事項

タイトル

ストレス性高血圧の発症のメカニズムに関する研究 : 脳内アドレナリン受容体及びニコチン受容体との関係

著者名

田北, 学

著者別名

タキタ, マナブ

学位授与大学

名古屋市立大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1252号

学位授与年月日

1996-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 学位論文内容要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. 目次 / p4 (0011.jp2)
  4. 第I章.序論 / p6 (0012.jp2)
  5. 第II章.実験方法 / p9 (0014.jp2)
  6. II-1.ストレス及び薬物処置 / p9 (0014.jp2)
  7. II-2.血圧測定 / p10 (0014.jp2)
  8. II-3.脳組織の調製 / p11 (0015.jp2)
  9. II-4.粗膜画分の調製 / p11 (0015.jp2)
  10. II-5.結合実験 / p12 (0015.jp2)
  11. II-6.蛋白定量 / p14 (0016.jp2)
  12. II-7.血漿中の薬物濃度の測定 / p14 (0016.jp2)
  13. II-8.Buffer及び薬物 / p14 (0016.jp2)
  14. II-9.統計処理 / p16 (0017.jp2)
  15. 第III章.結果 / p18 (0018.jp2)
  16. III-1.血圧、体重、及び脳内アドレナリン及びコリン受容体に対する拘束ストレスの影響(実験I) / p18 (0018.jp2)
  17. III-2.アドレナリン受容体遮断薬(atenolol,propranolol,prazosin)の抗ストレス作用(実験II) / p26 (0022.jp2)
  18. III-3.高血圧治療薬bevantololの抗ストレス作用(実験III) / p34 (0026.jp2)
  19. III-4.nicotineの抗ストレス作用(実験IV) / p44 (0031.jp2)
  20. 第IV章.考察 / p49 (0034.jp2)
  21. 第V章.総括 / p59 (0039.jp2)
  22. 謝辞 / p61 (0040.jp2)
  23. 参考文献 / p62 (0040.jp2)
  24. Selectivity of Bevantolol Hydrochloride towards α-and β-Adrenoceptor Subtypes in Rat Cerebral Cortex / p193 (0048.jp2)
  25. Effects of Bevantolol HCl on Immobilization Stress-Induced Hypertension and Central β-adrenoceptors in Rats / p623 (0052.jp2)
  26. NicotineおよびPropranololの抗ストレス作用 / p56 (0058.jp2)
  27. Effects of Propranolol and Atenolol on Immobilization Stress-Induced Hypertension and Down-Regulation of Central β-Adrenoceptors in Rats / p225 (0062.jp2)
  28. Alteration of brain nicotinic receptors induced by immobilization stress and nicotine in rats / p190 (0071.jp2)
  29. Heterogeneity of α₁-adrenoceptor subtypes involved in adrenergic contractions of dog blood vessels / p1167 (0075.jp2)
  30. ラット血圧および脳内β-アドレナリン受容体に対する拘束ストレスの影響 / p219 (0081.jp2)
  31. Subtype selectivity of a new α₁-adrenoceptor antagonist,JTH-601:comparison with prazosin / p155 (0086.jp2)
  32. Chronic nicotine treatment delays the developmental increase in brain muscarinic receptors in rat neonate / p257 (0090.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152897
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000153168
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317211
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ