Roles of the Pas1 and Par2 genes in determination of the unique, intermediate susceptibility of BALB/cByJ mice to urethane-induction of lung carcinogenesis : differential effects on tumor multiplicity, size and Kras 2 mutations BALB/cByJマウスの肺発癌感受性決定因子としてのPas1およびPar2遺伝子

この論文をさがす

著者

    • 唐崎, 秀則 カラサキ, ヒデノリ

書誌事項

タイトル

Roles of the Pas1 and Par2 genes in determination of the unique, intermediate susceptibility of BALB/cByJ mice to urethane-induction of lung carcinogenesis : differential effects on tumor multiplicity, size and Kras 2 mutations

タイトル別名

BALB/cByJマウスの肺発癌感受性決定因子としてのPas1およびPar2遺伝子

著者名

唐崎, 秀則

著者別名

カラサキ, ヒデノリ

学位授与大学

旭川医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第203号

学位授与年月日

1997-12-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153019
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087095
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317333
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ