極異方性を有する回転円板の曲げ振動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 満弘 サトウ, ミチヒロ

書誌事項

タイトル

極異方性を有する回転円板の曲げ振動に関する研究

著者名

佐藤, 満弘

著者別名

サトウ, ミチヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5261号

学位授与年月日

1997-12-25

注記・抄録

博士論文

157p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(工学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究目的 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 回転円板に関する従来の研究動向 / p3 (0005.jp2)
  5. 1.3 本論文の概要 / p4 (0006.jp2)
  6. 1.4 本論文で用いられる主な記号 / p6 (0007.jp2)
  7. 第2章 等方性回転円板の理論解析 / p8 (0008.jp2)
  8. 2.1 基礎方程式 / p8 (0008.jp2)
  9. 2.2 振動数方程式と応答 / p12 (0010.jp2)
  10. 2.3 一定角加速度で加速される場合 / p16 (0012.jp2)
  11. 2.4 第2章の結果 / p20 (0014.jp2)
  12. 第3章 極異方性回転円板の理論解析 / p21 (0014.jp2)
  13. 3.1 極異方性回転円板 / p21 (0014.jp2)
  14. 3.2 応力成分 / p21 (0014.jp2)
  15. 3.3 運動方程式 / p26 (0017.jp2)
  16. 3.4 面外方向変位 / p28 (0018.jp2)
  17. 3.5 振動数方程式と応答 / p30 (0019.jp2)
  18. 3.6 一定角加速度で加速される場合 / p35 (0021.jp2)
  19. 3.7 円周方向繊維強化材の弾性特性 / p41 (0024.jp2)
  20. 3.8 第3章の結果 / p42 (0025.jp2)
  21. 第4章 等方性回転円板の振動特性 / p43 (0025.jp2)
  22. 4.1 数値計算における解の収束 / p43 (0025.jp2)
  23. 4.2 固有円振動数と角速度との関係 / p45 (0026.jp2)
  24. 4.3 駆動点インピーダンスと振動モード / p47 (0027.jp2)
  25. 4.4 一定角加速度で加速される場合 / p67 (0037.jp2)
  26. 4.5 第4章の結果 / p84 (0046.jp2)
  27. 第5章 極異方性回転円板の振動特性 / p85 (0046.jp2)
  28. 5.1 数値計算に用いる材料物性値と解の収束 / p85 (0046.jp2)
  29. 5.2 応力成分 / p89 (0048.jp2)
  30. 5.3 固有円振動数と角速度との関係 / p91 (0049.jp2)
  31. 5.4 駆動点インピーダンスと振動モード / p100 (0054.jp2)
  32. 5.5 一定角加速度で加速される場合 / p119 (0063.jp2)
  33. 5.6 第5章の結果 / p134 (0071.jp2)
  34. 第6章 実験による理論の検証 / p135 (0071.jp2)
  35. 6.1 実験概要 / p135 (0071.jp2)
  36. 6.2 実験装置 / p135 (0071.jp2)
  37. 6.3 実験方法 / p138 (0073.jp2)
  38. 6.4 供試円板 / p140 (0074.jp2)
  39. 6.5 実験結果 / p144 (0076.jp2)
  40. 第7章 結論 / p150 (0079.jp2)
  41. 参考文献 / p153 (0080.jp2)
  42. 謝辞 / p157 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153121
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087182
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000317435
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ