完新世における海岸沖積低地の地形形成環境の変遷に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大平, 明夫 オオヒラ, アキオ

書誌事項

タイトル

完新世における海岸沖積低地の地形形成環境の変遷に関する研究

著者名

大平, 明夫

著者別名

オオヒラ, アキオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (地理学)

学位授与番号

甲第3816号

学位授与年月日

1997-09-18

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類 : 博士(地理学)(課程) 学位授与年月日:平成9年9月18日

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 要旨 / (0009.jp2)
  3. I.はじめに / p1 (0019.jp2)
  4. 1.沖積低地・沖積層の定義と沖積低地・沖積層研究の意義 / p1 (0019.jp2)
  5. 2.海外における海岸沖積低地研究と海水準変動研究 / p2 (0020.jp2)
  6. 3.日本における海岸沖積低地研究と海水準変動研究 / p7 (0025.jp2)
  7. 4.海岸沖積低地研究の課題 / p15 (0033.jp2)
  8. 5.従来の河成低地研究の動向と課題 / p16 (0034.jp2)
  9. 6.本研究の目的と研究の手順 / p21 (0039.jp2)
  10. 7.研究対象地域 / p23 (0041.jp2)
  11. II.研究方法と研究対象地域の地形・地質概観 / p29 (0047.jp2)
  12. 1.研究方法 / p29 (0047.jp2)
  13. 2.研究対象地域に関する従来の研究 / p34 (0052.jp2)
  14. 3.研究対象地域の地形・地質概観 / p39 (0057.jp2)
  15. III.沖積層の構造・年代と堆積環境 / p48 (0066.jp2)
  16. 1.新潟平野北東部の沖積層 / p48 (0066.jp2)
  17. 2.サロベツ原野の沖積層 / p72 (0090.jp2)
  18. 3.風蓮湖周辺低地の沖積層 / p84 (0102.jp2)
  19. IV.完新世における地形発達と地形形成環境 / p92 (0110.jp2)
  20. 1.完新世における沖積低地の地形発達 / p92 (0110.jp2)
  21. 2.海岸沖積低地の地形発達と地形形成環境 / p101 (0119.jp2)
  22. V.完新世の河成活動と気候変化 / p121 (0139.jp2)
  23. 1.東北日本の海岸沖積低地における河成沖積層の堆積時期 / p121 (0139.jp2)
  24. 2.東北日本の山地・山麓域における物質移動期と河成活動 / p127 (0145.jp2)
  25. 3.東北日本における完新世の河成活動の活発化と気候条件 / p132 (0150.jp2)
  26. VI.完新世における海岸沖積低地の地形形成環境の変遷 / p134 (0152.jp2)
  27. 1.完新世における東北日本のバリアータイプの地形形成環境の変遷 / p134 (0152.jp2)
  28. 2.温帯における河成活動とその要因 / p139 (0157.jp2)
  29. VII.結論 / p143 (0161.jp2)
  30. 注 / (0165.jp2)
  31. 引用文献 / (0167.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153145
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087204
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000317459
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ