貸借対照表能力論の展開 : ドイツ会計制度と会計の国際的調和化との関連において

この論文をさがす

著者

    • 森, 美智代 モリ, ミチヨ

書誌事項

タイトル

貸借対照表能力論の展開 : ドイツ会計制度と会計の国際的調和化との関連において

著者名

森, 美智代

著者別名

モリ, ミチヨ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第6571号

学位授与年月日

1997-12-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0007.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 研究の視角 / p1 (0005.jp2)
  4. 序章 会計制度と貸借対照表論の研究の意義 / p1 (0012.jp2)
  5. 第1節 はじめに / p1 (0012.jp2)
  6. 第2節 会計制度と貸借対照表論との関係 / p2 (0013.jp2)
  7. 第3節「費用の繰り延べ」(見越し)の歴史的変遷 / p4 (0014.jp2)
  8. 第4節 むすびに / p8 (0016.jp2)
  9. 第1部 / (0017.jp2)
  10. 貸借対照表論から制度への影響 / (0017.jp2)
  11. ―「費用の繰り延べ」(見越し)の生成段階 ― / (0017.jp2)
  12. 第1章 貸借対照表論における「経過勘定」の生成 / p13 (0018.jp2)
  13. 第1節 はじめに / p13 (0018.jp2)
  14. 第2節「経過勘定」の基本的概念 / p13 (0018.jp2)
  15. 第3節 静態論における「経過勘定」 / p16 (0020.jp2)
  16. 第4節 動態論における「経過勘定」 / p20 (0022.jp2)
  17. 第5節 有機態論における「経過勘定」 / p24 (0024.jp2)
  18. 第6節 むすびに / p26 (0025.jp2)
  19. 第2章 制度における計算限定項目の変遷と問題点 / p30 (0027.jp2)
  20. 第1節 はじめに / p30 (0027.jp2)
  21. 第2節 計算限定項目の制度への導入期 / p31 (0027.jp2)
  22. 第3節 計算限定項目へ法的制限が与えられた時期 / p33 (0028.jp2)
  23. 第4節 計算限定項目が制度上拡張された時期 / p37 (0030.jp2)
  24. 第5節 むすびに / p40 (0032.jp2)
  25. 第3章 理論と実務における計算限定項目 / p43 (0033.jp2)
  26. 第1節 はじめに / p43 (0033.jp2)
  27. 第2節 制度上の計算限定項目の理論的意義 / p44 (0034.jp2)
  28. 第3節 実務における計算限定項目の表示形式 / p52 (0038.jp2)
  29. 第4節 実務における計算限定項目の計上状況 / p53 (0038.jp2)
  30. 第5節 むすびに / p55 (0039.jp2)
  31. 第2部 / (0043.jp2)
  32. 制度から貸借対照表論への影響 / (0043.jp2)
  33. ―「費用の繰り延べ」(見越し)の拡張と公開の生成段階 ― / (0043.jp2)
  34. 第4章 EC指令の国内法化による「賃借対照表補助的計上」の生成 / p65 (0044.jp2)
  35. 第1節 はじめに / p65 (0044.jp2)
  36. 第2節 計算限定項目と「貸借対照表補助的計上」 / p66 (0045.jp2)
  37. 第3節 EC第4号指令と商法との調整における問題点とその背景 / p71 (0047.jp2)
  38. 第4節 「貸借対照表補助的計上」の条文への導入への背景 / p84 (0054.jp2)
  39. 第5節 むすびに / p86 (0055.jp2)
  40. 第5章 制度における貸借対照表補助的計上能力 / p90 (0057.jp2)
  41. 第1節 はじめに / p90 (0057.jp2)
  42. 第2節 貸借対照表補助的計上の貸借対照表計上能力 / p91 (0057.jp2)
  43. 第3節 商法と税法における貸借対照表計上能力の相違 / p95 (0059.jp2)
  44. 第4節 貸借対照表補助的計上の法的規制 / p100 (0062.jp2)
  45. 第5節 むすびに / p103 (0063.jp2)
  46. 第6章 貸借対照表論から貸借対照表形成論への移行―制度を基礎とした理論的アプローチ(1) / p108 (0066.jp2)
  47. 第1節 はじめに / p108 (0066.jp2)
  48. 第2節 法の計算書類目的の体系化 / p109 (0066.jp2)
  49. 第3節 貸借対照表形成論の構築 / p113 (0068.jp2)
  50. 第4節 貸借対照表補助的計上の定義 / p117 (0070.jp2)
  51. 第5節 むすびに / p118 (0071.jp2)
  52. 第7章 会計政策論―制度を基礎とした理論的アプローチ(2) / p123 (0073.jp2)
  53. 第1節 はじめに / p123 (0073.jp2)
  54. 第2節 会計政策論 / p124 (0074.jp2)
  55. 第3節 計上および評価「選択権」による会計政策 / p127 (0075.jp2)
  56. 第4節 継続性の原則による会計政策―会計政策規制の限界― / p130 (0077.jp2)
  57. 第5節 むすびに / p131 (0077.jp2)
  58. 第8章 ドイツ企業の会計政策の現状 / p135 (0079.jp2)
  59. 第1節 はじめに / p135 (0079.jp2)
  60. 第2節「営業開始準備および拡張費」の会計政策 / p135 (0079.jp2)
  61. 第3節「借方繰延税」の会計政策 / p137 (0080.jp2)
  62. 第4節 コンツェルン決算書における貸借対照表補助的計上 / p146 (0085.jp2)
  63. 第5節 むすびに / p147 (0085.jp2)
  64. 第3部 / (0086.jp2)
  65. 資本市場におけるアングロ・アメリカ型の会計基準の影響 / (0086.jp2)
  66. ―「費用の繰り延べ」(見越し)の変容と公開の拡充段階― / (0086.jp2)
  67. 第9章 資本市場における会計基準の国際的調和化の影響―制度的アプローチ― / p151 (0087.jp2)
  68. 第1節 はじめに / p151 (0087.jp2)
  69. 第2節 一般条項・「選択権」を巡る議論 / p152 (0088.jp2)
  70. 第3節 EU委員会・ドイツのIASへの対応の変遷 / p154 (0089.jp2)
  71. 第4節 IASCへのドイツの影響力 / p162 (0093.jp2)
  72. 第5節 むすびに / p167 (0095.jp2)
  73. 第10章 ドイツ商法の会計規定とIASとの不一致―理論的アプローチ― / p174 (0099.jp2)
  74. 第1節 はじめに / p174 (0099.jp2)
  75. 第2節 商法の会計規定とIASの不一致 / p175 (0099.jp2)
  76. 第3節 新たな「貸借対照表補助的計上」の主張 / p178 (0101.jp2)
  77. 第4節 商法と税法における貸借対照表補助的計上 / p180 (0102.jp2)
  78. 第5節 むすびに / p182 (0103.jp2)
  79. 第11章 ドイツ企業のIAS適用の現状と問題点―実務分析― / p186 (0105.jp2)
  80. 第1節 はじめに / p186 (0105.jp2)
  81. 第2節 ドイツ企業のIAS適用の現状 / p187 (0105.jp2)
  82. 第3節 ドイツ企業のコンツェルン決算書の現状分析 / p197 (0110.jp2)
  83. 第4節 むすびに / p214 (0119.jp2)
  84. 第12章 コンツェルン決算書における国際的調和化の問題点 / p219 (0121.jp2)
  85. 第1節 はじめに / p219 (0121.jp2)
  86. 第2節 コンツェルン決算書の問題点―商法とUS-GAAP/IASの相違 / p220 (0122.jp2)
  87. 第3節 中間持株会社の部分コンツェルン決算書 / p221 (0122.jp2)
  88. 第4節 中間持株会社の免責規定 / p239 (0131.jp2)
  89. 第5節 むすびに / p241 (0132.jp2)
  90. 結章「費用の繰り延べ」(見越し)による会計上の変革 / p245 (0134.jp2)
  91. 第1節 はじめに / p245 (0134.jp2)
  92. 第2節 第1段階:「費用の繰り延べ」(見越し) / p246 (0135.jp2)
  93. ―動的貸借対照表論の影響― / p246 (0135.jp2)
  94. 第3節 第2段階:「費用の繰り延べ」(見越し) / p247 (0135.jp2)
  95. ―アングロ・サクソン型の会計基準の影響― / p247 (0135.jp2)
  96. 第4節 第3段階:「費用の繰り延べ」(見越し) / p248 (0136.jp2)
  97. ―アングロ・アメリカ型の会計基準の影響― / p248 (0136.jp2)
  98. 第5節 むすびに / p249 (0136.jp2)
  99. 和文参考文献および論文 / p251 (0137.jp2)
  100. 欧文参考文献および論文 / p254 (0139.jp2)
  101. 本書の基礎となった論文 / p270 (0147.jp2)
  102. 事項索引 / p273 (0148.jp2)
  103. 人名索引 / p277 (0150.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153317
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087375
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317631
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ