税務会計の理論

この論文をさがす

著者

    • 菅原, 計 スガワラ, ケイ

書誌事項

タイトル

税務会計の理論

著者名

菅原, 計

著者別名

スガワラ, ケイ

学位授与大学

中央大学

取得学位

博士 (会計学)

学位授与番号

乙第205号

学位授与年月日

1996-10-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 税務会計認識の基礎 / p1 (0009.jp2)
  3. 1 法制度会計と税務会計 / p1 (0009.jp2)
  4. 2 法による会計規制の論理 / p7 (0012.jp2)
  5. 3 税法の特殊性と税務会計の会計制度依存性 / p13 (0015.jp2)
  6. 4 一般に公正妥当と認められる会計処理の基準 / p16 (0017.jp2)
  7. 5 租税の税務会計学的認識 / p25 (0021.jp2)
  8. 第2章 税務会計認識の構造 / p35 (0026.jp2)
  9. 1 税法における権利確定主義 / p35 (0026.jp2)
  10. 2 税務会計認識の重層的構造 / p41 (0029.jp2)
  11. 3 税務事実認定と税務会計認識 / p54 (0036.jp2)
  12. 4 税務会計学における認識原理 / p59 (0038.jp2)
  13. 5 確定決算主義を前提とする税務会計認識の特質 / p68 (0043.jp2)
  14. 6 税務会計における独自の認識対象領域 / p70 (0044.jp2)
  15. 第3章 税務会計認識における実質主義 / p77 (0047.jp2)
  16. 1 実質課税主義と税務会計認識 / p77 (0047.jp2)
  17. 2 税務会計学からみた財務会計認識 / p85 (0051.jp2)
  18. 3 アメリカ租税判例にみる「実現」の質的拡大 / p102 (0060.jp2)
  19. 4 税務会計認識による経済的実質性の分析視点 / p107 (0062.jp2)
  20. 第4章 収益概念と税務会計認識 / p125 (0071.jp2)
  21. 1 益金認識と収益認識 / p125 (0071.jp2)
  22. 2 法人税法第22条第2項の収益概念 / p133 (0075.jp2)
  23. 3 収益認識に基礎をお<益金認識 / p139 (0078.jp2)
  24. 4 益金認識と益金除外認識 / p151 (0084.jp2)
  25. 5 個別判断事例にみる益金の税務会計認識 / p173 (0095.jp2)
  26. 第5章 費用概念と税務会計認識 / p183 (0100.jp2)
  27. 1 損金の費用概念依存性 / p183 (0100.jp2)
  28. 2 債務確定主義と税務会計認識 / p188 (0103.jp2)
  29. 3 税法規定と公正処理基準 / p195 (0106.jp2)
  30. 4 損金認識と損金除外の認識 / p202 (0110.jp2)
  31. 第6章 真実公正な課税所得概念の定立 / p263 (0140.jp2)
  32. 1 税務会計学における課税所得概念 / p263 (0140.jp2)
  33. 2 租税特別措置による課税所得の侵食化現象 / p272 (0145.jp2)
  34. 3 税務会計処理に埋没する課税所得の侵食化現象 / p278 (0148.jp2)
  35. 4 真実公正な課税所得概念の形成要因たる税務会計認識 / p285 (0151.jp2)
  36. 索引 / p289 (0153.jp2)
23アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153356
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087413
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317670
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ