傭船契約解釈の基礎理論

この論文をさがす

著者

    • 吉本, 英雄 ヨシモト, ヒデオ

書誌事項

タイトル

傭船契約解釈の基礎理論

著者名

吉本, 英雄

著者別名

ヨシモト, ヒデオ

学位授与大学

中央大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第212号

学位授与年月日

1997-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 総説 / p19 (0012.jp2)
  3. 第1節 船舶傭船の意義の増大 / p19 (0012.jp2)
  4. 第2節 船舶傭船形態の類型 / p19 (0012.jp2)
  5. 第2章 デマイズ・チャーターの概念 / p30 (0018.jp2)
  6. 第1節 意義 / p30 (0018.jp2)
  7. 第2節 船舶利用の現況 / p32 (0019.jp2)
  8. 第3節 船主,傭船者間の船舶利用上の法律関係 / p33 (0019.jp2)
  9. 第4節 船主とデマイズ・チャータラーとの間の法律関係 / p36 (0021.jp2)
  10. 第5節 デマイズ・チャーターの契約書式 / p41 (0023.jp2)
  11. 第3章 定期傭船契約 / p43 (0024.jp2)
  12. 第1節 定期傭船(Time Charter)の概念 / p43 (0024.jp2)
  13. 第2節 期間傭船の態様 / p43 (0024.jp2)
  14. 第3節 定期傭船と航海傭船 / p48 (0027.jp2)
  15. 第4節 船舶利用の史的考察 / p51 (0028.jp2)
  16. 第5節 賃貸借とそれによらない定期傭船との区別 / p65 (0035.jp2)
  17. 第6節 定期傭船契約に関する学説,判例 / p79 (0042.jp2)
  18. 第7節 わが国法の下における定期傭船 / p119 (0062.jp2)
  19. 第4章 傭船契約解釈とImplied Warranty法理の適用 / p160 (0083.jp2)
  20. 第1節 Implied Warrantyの概念 / p160 (0083.jp2)
  21. 第2節 Implied Warranty法理が適用される事項 / p167 (0086.jp2)
  22. 第3節 Implied Warranty 法理の適用があるその他の事項 / p196 (0101.jp2)
  23. 第5章 着船の概念 / p224 (0115.jp2)
  24. 第1節 着船の時期 / p224 (0115.jp2)
  25. 第2節 着船の時期に関する諸外国法の規定 / p235 (0120.jp2)
  26. 第3節 わが国法の下における着船の概念 / p238 (0122.jp2)
  27. 第4節 着船となるに至るまでの当事者の義務 / p239 (0122.jp2)
  28. 第5節 傭船者に与えられた港,またはバース選択権と,その効力 / p249 (0127.jp2)
  29. 第6節 Time lost in waiting for berth条項の法律上の効果 / p251 (0128.jp2)
  30. 第7節 近接港指定の法律上の効果 / p256 (0131.jp2)
  31. 第8節 近接港規定適用原因となる障碍認識の基準 / p267 (0136.jp2)
  32. 第6章 船長の職務上の地位・権限 / p269 (0137.jp2)
  33. 第1節 船長の一般的権限 / p269 (0137.jp2)
  34. 第2節 傭船契約上の船長の職務上の地位,権限 / p269 (0137.jp2)
  35. 第3節 近代傭船における船長の権限の縮小傾向 / p274 (0140.jp2)
  36. 第4節 航海における船長の職務上の地位 / p276 (0141.jp2)
  37. 第5節 船荷証券発行と船長の署名権限 / p289 (0147.jp2)
  38. 第7章 定期傭船契約終了と船舶の返船時期 / p299 (0152.jp2)
  39. 第1節 余剰期間の意義 / p299 (0152.jp2)
  40. 第2節 契約期間に付記されたアバウト(about)「約」という語の意味 / p302 (0154.jp2)
  41. 第3節 合理的余剰期間の範囲 / p306 (0156.jp2)
  42. 第4節 損害賠償の方法 / p308 (0157.jp2)
  43. 第5節 契約の本質との関係 / p316 (0161.jp2)
  44. 第6節 わが国法の下における超過・未超過余剰期間原理の適用の有無 / p318 (0162.jp2)
  45. 第8章 フラストレイション(Frustration of Contract of Affreightment) / p320 (0163.jp2)
  46. 第1節 フラストレイションの概念 / p320 (0163.jp2)
  47. 第2節 フラストレイションの原因となる事由 / p320 (0163.jp2)
  48. 第3節 フラストレイションの定義 / p324 (0165.jp2)
  49. 第4節 フラストレイションの原因 / p325 (0165.jp2)
  50. 第5節 フラストレイション法理の適用 / p326 (0166.jp2)
  51. 第6節 フラストレイションの時期及び効力 / p328 (0167.jp2)
  52. 第7節 わが国法下におけるフラストレイション法理の適用 / p334 (0170.jp2)
  53. 第9章 コモン・キャリヤとプライペイト・キャリヤ / p336 (0171.jp2)
  54. 第1節 序説 / p336 (0171.jp2)
  55. 第2節 コモン・キャリヤの特質 / p336 (0171.jp2)
  56. 第3節 プライベイト・キャリヤの特質 / p344 (0175.jp2)
  57. 第4節 航空運送人 / p346 (0176.jp2)
  58. 第10章 船内荷役業者,到着地貨物取扱業者等の責任 / p347 (0176.jp2)
  59. 第1節 序説 / p347 (0176.jp2)
  60. 第2節 運送人と船内荷役業者との法律関係 / p347 (0176.jp2)
  61. 第3節 業務遂行とuder the supervision of the masterの規定の適用関係 / p349 (0177.jp2)
  62. 第4節 運送人に対する責任の発生原因 / p350 (0178.jp2)
  63. 第5節 海上物品運送法上の運送人責任制限規定適用の有無 / p353 (0179.jp2)
  64. 第6節 海上物品運送法の出訴期間制限と船内荷役業者の責任 / p366 (0186.jp2)
  65. 第7節 到着地貨物取扱業者の責任 / p367 (0186.jp2)
  66. 第11章 定期傭船所説に対する補論 / p375 (0190.jp2)
  67. 第1節 定期傭船契約の法的性質について / p375 (0190.jp2)
  68. 第2節 定期傭船契約の内部関係 / p413 (0209.jp2)
  69. 第3節 定期傭船契約の外部関係 / p436 (0221.jp2)
  70. 第4節 定期傭船契約の下で発行された船荷証券上の運送人は誰か / p449 (0227.jp2)
  71. 第12章 海事先取特権に対する若干の考察 / p466 (0236.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153363
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087419
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317677
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ