初期マルサス経済学の研究

この論文をさがす

著者

    • 横山, 照樹 ヨコヤマ, テルキ

書誌事項

タイトル

初期マルサス経済学の研究

著者名

横山, 照樹

著者別名

ヨコヤマ, テルキ

学位授与大学

同志社大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第156号

学位授与年月日

1998-02-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第1章『人口論』初版における経済理論 / p1 (0011.jp2)
  3. 第1節『人口論』初版における経済分析 / p1 (0011.jp2)
  4. 1.需要供給論 / p1 (0011.jp2)
  5. 2.貨幣的分析 / p3 (0013.jp2)
  6. 3.農業剰余生産物 / p4 (0014.jp2)
  7. 第2節『人口論』初版における労働維持ファンド論 / p5 (0015.jp2)
  8. 1.スミス批判 / p5 (0015.jp2)
  9. 2.第2と第3の部分 / p8 (0018.jp2)
  10. 第3節『人口論』初版における生産的労働論 / p10 (0020.jp2)
  11. 第4節『人口論』初版の改訂とアンダーソン / p11 (0021.jp2)
  12. 1.『人口論』初版出版後について / p11 (0021.jp2)
  13. 2.『洞察』における農業理論 / p13 (0023.jp2)
  14. 3.『洞察』における穀物法についての議論 / p14 (0024.jp2)
  15. 第2章『人口論』第2版における農業保護論の展開 / p19 (0029.jp2)
  16. 第1節『人口論』第2版出版当時の経済情勢 / p19 (0029.jp2)
  17. 第2節 農業保護論の基礎理論 / p20 (0030.jp2)
  18. 1.初版との変更点 / p20 (0030.jp2)
  19. 2.穀物輸入の短期的影響 / p21 (0031.jp2)
  20. 3.穀物輸入の長期的問題 / p22 (0032.jp2)
  21. 第3節 農業制度と商業制度 / p23 (0033.jp2)
  22. 1.第1の部分 / p23 (0033.jp2)
  23. 2.第2の部分 / p23 (0033.jp2)
  24. 3.耕作者の剰余生産物 / p24 (0034.jp2)
  25. 第4節 イギリス農業の現状と輸出奨励金 / p28 (0038.jp2)
  26. 1.イギリス農業の現状 / p28 (0038.jp2)
  27. 2.穀物輸入と穀物輸出 / p30 (0040.jp2)
  28. 3.収穫逓減の法則について / p31 (0041.jp2)
  29. 第5節 穀物法と輸出奨励金 / p33 (0043.jp2)
  30. 1.穀物法の有効性 / p33 (0043.jp2)
  31. 2.スミス批判 / p34 (0044.jp2)
  32. 3.奨励金の作用について / p37 (0047.jp2)
  33. 第3章 J.ミルの農業保護論批判 / p39 (0049.jp2)
  34. 第1節 ミル『不得策』の主題 / p39 (0049.jp2)
  35. 第2節 穀物貿易の変動の原因 / p40 (0050.jp2)
  36. 第3節 穀物法批判の論理 / p42 (0052.jp2)
  37. 第4章『人口論』第3版における農業保護論 / p46 (0056.jp2)
  38. 第1節 工業品と労働者の状態 / p46 (0056.jp2)
  39. 1.第3版における変更点 / p46 (0056.jp2)
  40. 2.変更の意図 / p48 (0058.jp2)
  41. 第2節 重農主義的な考えの変化 / p50 (0060.jp2)
  42. 第3節 第9章の改訂について / p51 (0061.jp2)
  43. 1.第1の変更箇所 / p52 (0062.jp2)
  44. 2.第2の変更箇所 / p53 (0063.jp2)
  45. 3.第3の変更箇所 / p55 (0065.jp2)
  46. 第4節 第10章の改訂について / p56 (0066.jp2)
  47. 1.第1の部分について / p56 (0066.jp2)
  48. 2.第2の部分について / p57 (0067.jp2)
  49. 3.第3の部分における議論の要約 / p58 (0068.jp2)
  50. 4.「最近行われた議論」の影響 / p60 (0070.jp2)
  51. 5.穀物自由貿易と農業保護政策 / p62 (0072.jp2)
  52. 6.地代について / p63 (0073.jp2)
  53. 第5章『諸考察』における穀物輸入制限論 / p65 (0075.jp2)
  54. 第1節『諸考察』における収穫逓減の法則 / p66 (0076.jp2)
  55. 1.イギリスが穀物輸出国になる可能性 / p67 (0077.jp2)
  56. 2.穀物法と穀物価格の変化 / p67 (0077.jp2)
  57. 3.農工均衡論と経済発展 / p69 (0079.jp2)
  58. 4.農業保護を実施した場合の影響 / p71 (0081.jp2)
  59. 第2節『諸考察』における商工業の位置づけ / p72 (0082.jp2)
  60. 第3節 穀物輸入制限の影響 / p75 (0085.jp2)
  61. 第4節『諸考察』における穀物輸入制限論 / p79 (0089.jp2)
  62. 第6章『諸根拠』における農業保護論 / p81 (0091.jp2)
  63. 第1節『諸根拠』における現状認識 / p81 (0091.jp2)
  64. 1.農業の改良 / p82 (0092.jp2)
  65. 2.不況についてのマルサスの認識 / p83 (0093.jp2)
  66. 3.為替の状態とフランスの穀物輸出政策 / p84 (0094.jp2)
  67. 4.理論的な分析の必要性 / p85 (0095.jp2)
  68. 第2節『諸根拠』における農業保護論 / p86 (0096.jp2)
  69. 1.問題の提示 / p86 (0096.jp2)
  70. 2.穀物自給の可能性 / p86 (0096.jp2)
  71. 3.労働者について / p87 (0097.jp2)
  72. 4.農業者について / p90 (0100.jp2)
  73. 5.製造業について / p90 (0100.jp2)
  74. 6.地主について / p93 (0103.jp2)
  75. 第3節『地代論』と農業保護論 / p94 (0104.jp2)
  76. 1.『地代論』における剰余理論 / p94 (0104.jp2)
  77. 2.新たに生産された価値としての剰余生産物 / p96 (0106.jp2)
  78. 第4節『諸考察』、『諸根拠』、『地代論』 / p97 (0107.jp2)
  79. 1.『諸考察』と『地代論』 / p97 (0107.jp2)
  80. 2.『諸考察』と『諸根拠』 / p98 (0108.jp2)
  81. 第7章『人口論』第5版における農業保護論の基礎理論 / p100 (0110.jp2)
  82. 第1節『人口論』第5版の改訂について / p100 (0110.jp2)
  83. 1.改訂の経緯 / p100 (0110.jp2)
  84. 2.「第5版への序文」 / p102 (0112.jp2)
  85. 第2節 農業制度 / p103 (0113.jp2)
  86. 1.農業制度の定義 / p103 (0113.jp2)
  87. 2.最良の農業精度 / p103 (0113.jp2)
  88. 3.最悪の農業制度 / p104 (0114.jp2)
  89. 4.農業の剰余生産物 / p107 (0117.jp2)
  90. 5.農業制度についての結論 / p108 (0118.jp2)
  91. 第3節 商業制度 / p108 (0118.jp2)
  92. 1.商業制度の定義 / p108 (0118.jp2)
  93. 2.商業精度の害悪 / p109 (0119.jp2)
  94. 第4節 農商併存制度 / p111 (0121.jp2)
  95. 1.農商併存制度と農業制度 / p111 (0121.jp2)
  96. 2.農商並存制度と商業制度 / p112 (0122.jp2)
  97. 3.利潤率の低下を阻止する要因 / p115 (0125.jp2)
  98. 第8章『人口論』第5版における穀物輸入制限論 / p117 (0127.jp2)
  99. 第1節 穀物輸出奨励金 / p117 (0127.jp2)
  100. 1.穀物輸入国になる原因 / p117 (0127.jp2)
  101. 2.穀物輸出奨励金について / p118 (0128.jp2)
  102. 第2節 穀物輸入制限 / p120 (0130.jp2)
  103. 1.問題の設定 / p120 (0130.jp2)
  104. 2.穀物輸入制限が有利な理由 / p121 (0131.jp2)
  105. 3.アミンの和約後の繁栄と1815年以降の苦境 / p124 (0134.jp2)
  106. 第3節 第5版における現状認識と農業保護論 / p127 (0137.jp2)
  107. 1.第5版における現状認識 / p127 (0137.jp2)
  108. 2.第5版における農業保護論の意味 / p130 (0140.jp2)
  109. 3.第5版出版後について / p133 (0143.jp2)
  110. 参考文献 / p134 (0144.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153370
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087426
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317684
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ