共分散構造分析による骨粗鬆症危険因子逐次因果モデルの構築 A study on a recursive model of risk factors for osteoporosis using covariance structure analysis

この論文をさがす

著者

    • 宮村, 季浩 ミヤムラ, トシヒロ

書誌事項

タイトル

共分散構造分析による骨粗鬆症危険因子逐次因果モデルの構築

タイトル別名

A study on a recursive model of risk factors for osteoporosis using covariance structure analysis

著者名

宮村, 季浩

著者別名

ミヤムラ, トシヒロ

学位授与大学

山梨医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第135号

学位授与年月日

1997-12-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. I.緒言 / p1 (0003.jp2)
  3. II.研究方法 / p2 (0004.jp2)
  4. 1.対象 / p2 (0004.jp2)
  5. 2.骨塩量測定方法 / p2 (0004.jp2)
  6. 3.各危険因子に関する調査 / p2 (0004.jp2)
  7. 4.分析方法 / p3 (0005.jp2)
  8. III.結果 / p5 (0007.jp2)
  9. IV.考察 / p5 (0007.jp2)
  10. V.要約 / p8 (0010.jp2)
  11. VI.引用文献 / p9 (0011.jp2)
  12. 図 / p12 (0014.jp2)
  13. 表 / p16 (0018.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153380
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087436
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317694
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ