ヒスタミンH[2]受容体-ガストリン受容体デュアル拮抗薬の分子設計と合成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川西, 康之 カワニシ, ヤスユキ

書誌事項

タイトル

ヒスタミンH[2]受容体-ガストリン受容体デュアル拮抗薬の分子設計と合成に関する研究

著者名

川西, 康之

著者別名

カワニシ, ヤスユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第7363号

学位授与年月日

1997-12-04

注記・抄録

博士論文

14401乙第07363号

博士(薬学)

大阪大学

1997-12-04

13471

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論の部 / (0004.jp2)
  3. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2章 ドラッグデザイン / p5 (0007.jp2)
  5. 第3章 スペーサーを含まない直結型ハイブリッド化合物の合成と薬理活性評価 / p12 (0011.jp2)
  6. 第4章 スペーサーを含むアミド型ハイブリッド化合物の合成と薬理活性評価 / p15 (0012.jp2)
  7. 第5章 スペーサーを含むカルバマート型ハイブリッド化合物の合成と薬理活性評価 / p19 (0014.jp2)
  8. 第6章 経口吸収性改善の検討(1) H₂受容体拮抗薬逆結合型ハイブリッド化合物の合成と薬理活性評価 / p25 (0017.jp2)
  9. 第7章 経口吸収性改善の検討(2) 疎水性を低下させたハイブリッド化合物の合成と薬理活性評価 / p33 (0021.jp2)
  10. 第8章 経口吸収性改善の検討(3) ベンゾジアゼピンハイブリッド関連化合物(ベンゾジアゼピン骨格の化学修飾と薬理活性評価) / p39 (0024.jp2)
  11. 第9章 経口吸収性改善の検討(4) ベンゾジアゼピンハイブリッド関連化合物(直鎖ジペプチド系ハイブリッド化合物の合成と薬理活性評価) / p47 (0028.jp2)
  12. 第10章 構造-活性相関の考察 / p53 (0031.jp2)
  13. 第11章 結語 / p57 (0033.jp2)
  14. 実験の部 / (0035.jp2)
  15. 第3章に関する実験 / p61 (0036.jp2)
  16. 第4章に関する実験 / p63 (0037.jp2)
  17. 第5章に関する実験 / p65 (0038.jp2)
  18. 第6章に関する実験 / p69 (0040.jp2)
  19. 第7章に関する実験 / p78 (0045.jp2)
  20. 第8章に関する実験 / p82 (0047.jp2)
  21. 第9章に関する実験 / p92 (0052.jp2)
  22. 薬理活性評価の実験方法 / p95 (0053.jp2)
  23. 参考文献 / p98 (0055.jp2)
  24. 謝辞 / p103 (0057.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153511
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087558
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317825
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ