次世代アニメーション制作システムに関する研究 次世代 アニメーション 制作 システム

この論文をさがす

著者

    • 金子, 満 カネコ, ミツル

書誌事項

タイトル

次世代アニメーション制作システムに関する研究

タイトル別名

次世代 アニメーション 制作 システム

著者名

金子, 満

著者別名

カネコ, ミツル

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第3337号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1-1 研究の概要 / p1 (0008.jp2)
  5. 1-2 本論文の内容 / p3 (0010.jp2)
  6. 第2章 従来のコンピュータアニメーションに関する研究 / p5 (0012.jp2)
  7. 2-1 はじめに / p5 (0012.jp2)
  8. 2-2 2Dアニメーション / p6 (0013.jp2)
  9. 2-3 3Dアニメーション / p7 (0014.jp2)
  10. 2-4 おわりに / p8 (0015.jp2)
  11. 第3章 次世代アニメーション制作システムについて / p10 (0017.jp2)
  12. 3-1 はじめに / p10 (0017.jp2)
  13. 3-2 次世代アニメーション制作システムの目的 / p10 (0017.jp2)
  14. 3-3 次世代アニメーション制作システムのアプローチ / p16 (0023.jp2)
  15. 3-4 おわりに / p24 (0031.jp2)
  16. 第4章 視覚化技術に関する手法 / p25 (0032.jp2)
  17. 4-1 はじめに / p25 (0032.jp2)
  18. 4-2 文字から映像への変換 技術について / p26 (0033.jp2)
  19. 4-3 TIコンバージョン法について / p29 (0036.jp2)
  20. 4-4 時間経過表現の共通化 / p39 (0046.jp2)
  21. 4-5 ESBコンバージョン法について / p41 (0048.jp2)
  22. 4-6 おわりに / p55 (0062.jp2)
  23. 第5章 映像化技術に関する手法 その1 ―画面構成用手法― / p56 (0063.jp2)
  24. 5-1 はじめに / p56 (0063.jp2)
  25. 5-2 ふちどり線の発生 / p57 (0064.jp2)
  26. 5-3 色と陰及び影 / p75 (0082.jp2)
  27. 5-4 おわりに / p86 (0093.jp2)
  28. 第6章 映像化技術に関する手法その2 ―動き構成用手法― / p87 (0094.jp2)
  29. 6-1 はじめに / p87 (0094.jp2)
  30. 6-2 マルチワールドアニメーション法について / p88 (0095.jp2)
  31. 6-3 マルチワールドアニメーション法の特色 / p98 (0105.jp2)
  32. 6-4 マルチワールドアニメーション法のアルゴリズム / p100 (0107.jp2)
  33. 6-5 マルチワールドアニメーション法の実用例 / p107 (0114.jp2)
  34. 6-6 おわりに / p111 (0118.jp2)
  35. 第7章 映像化技術に関する手法その3 ―繋ぎ構成用手法― / p112 (0119.jp2)
  36. 7-1 はじめに / p112 (0119.jp2)
  37. 7-2 スプレッドシートに関する従来の研究 / p113 (0120.jp2)
  38. 7-3 アニメーションスプレッドシート法について / p114 (0121.jp2)
  39. 7-4 アニメーションスプレッドシートの利用手順と利用例 / p128 (0135.jp2)
  40. 7-5 おわりに / p135 (0142.jp2)
  41. 第8章 管理技術に関する手法 / p136 (0143.jp2)
  42. 8-1 はじめに / p136 (0143.jp2)
  43. 8-2 データ管理について / p137 (0144.jp2)
  44. 8-3 シートアンドスクリーン法について / p142 (0149.jp2)
  45. 8-4 環境管理について / p145 (0152.jp2)
  46. 8-5 バイパースタジオ法 / p146 (0153.jp2)
  47. 8-6 おわりに / p153 (0160.jp2)
  48. 第9章 次世代アニメーション制作システムの構成 / p154 (0161.jp2)
  49. 9-1 はじめに / p154 (0161.jp2)
  50. 9-2 ハードウェア構成 / p156 (0163.jp2)
  51. 9-3 ソフトウェア構成 / p158 (0165.jp2)
  52. 9-4 周辺機器構成 / p159 (0166.jp2)
  53. 9-5 おわりに / p163 (0170.jp2)
  54. 第10章 各手法を利用した実験制作とその比較 / p164 (0171.jp2)
  55. 10-1 はじめに / p164 (0171.jp2)
  56. 10-2 実験制作内容の選択 / p164 (0171.jp2)
  57. 10-3 プレプロダクションについて / p165 (0172.jp2)
  58. 10-4 プロダクションについて / p173 (0181.jp2)
  59. 10-5 ポストプロダクションについて / p178 (0186.jp2)
  60. 10-6 実験結果と従来型手法との比較 / p178 (0186.jp2)
  61. 10-7 おわりに / p186 (0194.jp2)
  62. 第11章 終論 / p188 (0196.jp2)
  63. 11-1 はじめに / p188 (0196.jp2)
  64. 11-2 システムの全体像 / p188 (0196.jp2)
  65. 11-3 今後の課題 / p191 (0199.jp2)
  66. 11-4 おわりに / p192 (0200.jp2)
  67. 謝辞 / p193 (0201.jp2)
  68. 参考文献 / p194 (0202.jp2)
  69. 研究業績 / p199 (0207.jp2)
22アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153539
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087582
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317853
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ