都市鉄道における移動過程の機能とその発現構成に関する研究 都市 鉄道 移動 過程 機能 発現 構成

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 尊秋 カトウ, タカアキ

書誌事項

タイトル

都市鉄道における移動過程の機能とその発現構成に関する研究

タイトル別名

都市 鉄道 移動 過程 機能 発現 構成

著者名

加藤, 尊秋

著者別名

カトウ, タカアキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3345号

学位授与年月日

1996-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 【目次】 / (0004.jp2)
  3. 序論 / (0006.jp2)
  4. 1 本研究における基礎的な用語の定義 / p1 (0007.jp2)
  5. 2 本研究の背景 / p2 (0008.jp2)
  6. 3 本研究の目的 / p7 (0010.jp2)
  7. 4 本研究の構成 / p8 (0011.jp2)
  8. 5 本研究の前提 / p10 (0012.jp2)
  9. 第1章 都市の移動に関する既存研究と本研究の考え方 / (0013.jp2)
  10. 1-1 目的と分枠枠組み / p13 (0014.jp2)
  11. 1-2 交通計画学における都市内の移動過程の扱いと本研究の考え方 / p13 (0014.jp2)
  12. 1-3 移動過程の機能および構成の研究 / p18 (0017.jp2)
  13. 1-4 分析方法に関する本研究の考え方 / p35 (0025.jp2)
  14. 1-5 結語 / p37 (0026.jp2)
  15. 第2章 移動過程の分析枠組み / (0030.jp2)
  16. 2-1 本章の考え方と分析枠組み / p45 (0031.jp2)
  17. 2-2 都市鉄道による移動過程モデルの構築 / p45 (0031.jp2)
  18. 2-3 移動過程の構成要素の区分 / p48 (0033.jp2)
  19. 2-4 分節の長さと組立の意味づけ / p51 (0034.jp2)
  20. 2-5 結語 / p63 (0040.jp2)
  21. 第3章 都市鉄道における移動過程の機能 / (0042.jp2)
  22. 3-1 本章の考え方と分析枠組み / p67 (0043.jp2)
  23. 3-2 機能の抽出 / p89 (0054.jp2)
  24. 3-3 機能の特徴 / p112 (0066.jp2)
  25. 3-4 移動者の属性と機能の関係 / p123 (0071.jp2)
  26. 3-5 都市鉄道と都市間鉄道の移動過程の機能の比較 / p151 (0085.jp2)
  27. 3-6 結語 / p153 (0086.jp2)
  28. 第4章 機能と移動過程全体の構成 ―通勤を例に― / (0088.jp2)
  29. 4-1 本章の考え方と分析枠組み / p157 (0089.jp2)
  30. 4-2 機能と移動過程全体の構成の関連 / p164 (0093.jp2)
  31. 4-3 結語 / p180 (0101.jp2)
  32. 第5章 機能と鉄道による移動過程の特性に関わる構成 / (0102.jp2)
  33. 5-1 本章の考え方と分析枠組み / p183 (0103.jp2)
  34. 5-2 機能と鉄道による移動過程の特性に関わる構成の関連 / p184 (0104.jp2)
  35. 5-3 結語 / p206 (0115.jp2)
  36. 第6章 機能と鉄道の車両および運行形態の構成 / (0116.jp2)
  37. 6-1 本章の考え方と分析枠組み / p209 (0117.jp2)
  38. 6-2 気分変化機能 / p233 (0129.jp2)
  39. 6-3 私的コミュニケーション多様化機能 / p240 (0133.jp2)
  40. 6-4 社会的コミュニケーション発生機能 / p258 (0142.jp2)
  41. 6-5 知識提供機能 / p320 (0173.jp2)
  42. 6-6 動きの楽しさ提供機能 / p322 (0174.jp2)
  43. 6-7 時間および空間の提供機能 / p324 (0175.jp2)
  44. 6-8 結語 / p328 (0177.jp2)
  45. 第7章 都市鉄道の車両および運行形態の設計の方向性 / (0179.jp2)
  46. 7-1 本章の考え方と分析枠組み / p333 (0180.jp2)
  47. 7-2 現状の都市鉄道の車両設計において考慮される要素と問題点 / p335 (0181.jp2)
  48. 7-3 新たな移動者の行動による機能への影響の把握 / p345 (0186.jp2)
  49. 7-4 都市鉄道における機能の組み合わせの類型 / p352 (0190.jp2)
  50. 7-5 結語 / p378 (0203.jp2)
  51. 結論 / (0204.jp2)
  52. 1 本研究の結論 / p381 (0205.jp2)
  53. 2 今後の課題 / p384 (0207.jp2)
  54. 参考文献一覧 / p387 (0209.jp2)
  55. 資料 / (0215.jp2)
  56. 1 文学作品データ場面一覧 / p399 (0216.jp2)
  57. 2 新聞投稿作品データ場面一覧 / p411 (0222.jp2)
  58. 3 鉄道車両行動アンケート調査票 / p416 (0225.jp2)
  59. 4 通勤アンケート調査票 / p428 (0231.jp2)
  60. 5 乗客行動目視・ビデオ観察調査対象路線 / p435 (0234.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153547
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087587
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000317861
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ