固体[13]C NMR化学シフトテンソルによるペプチドおよびポリペプチドの水素結合の構造研究

この論文をさがす

著者

    • 亀田, 恒徳 カメダ, ツネノリ

書誌事項

タイトル

固体[13]C NMR化学シフトテンソルによるペプチドおよびポリペプチドの水素結合の構造研究

著者名

亀田, 恒徳

著者別名

カメダ, ツネノリ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3425号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p3 (0006.jp2)
  4. 第2章 理論 / p14 (0016.jp2)
  5. 2.1 NMR化学シフト異方性 / p15 (0017.jp2)
  6. 2.2 遮蔽定数の理論計算 / p24 (0026.jp2)
  7. 第3章 固体¹³C NMR化学シフトテンソルによるペプチドおよびポリペプチドの水素結合の構造解析 / p43 (0044.jp2)
  8. 3.1 序論 / p44 (0045.jp2)
  9. 3.2 実験 / p45 (0046.jp2)
  10. 3.3 結果および考察 / p48 (0049.jp2)
  11. 3.4 結論 / p60 (0061.jp2)
  12. 第4章 固体¹³C NMR化学シフトによるポリペプチドおよびタンパク質のコンホメーション解析 / p62 (0062.jp2)
  13. 4.1 序論 / p63 (0063.jp2)
  14. 4.2 マップの作成 / p65 (0065.jp2)
  15. 4.3 結果および考察 / p76 (0076.jp2)
  16. 4.4 結論 / p82 (0082.jp2)
  17. 第5章 固体¹³C NMR化学シフトテンソルによるポリアミドの水素結合の構造解析への応用 / p85 (0083.jp2)
  18. 5.1 序論 / p86 (0084.jp2)
  19. 5.2 実験 / p87 (0085.jp2)
  20. 5.3 結果および考察 / p98 (0096.jp2)
  21. 5.4 結論 / p110 (0108.jp2)
  22. 第6章 結論 / p112 (0109.jp2)
  23. 参考文献 / p115 (0112.jp2)
  24. 補遺A ゲージ依存を含んだ遮蔽定数理論式 / p122 (0119.jp2)
  25. 補遺B ゲージ依存を含んだ原子軌道式(GIAO) / p126 (0123.jp2)
  26. 謝辞 / p127 (0124.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153627
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092647
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317941
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ