分子動力学法を用いた氷の融解に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 姜, 埰東 カン, チェドン

書誌事項

タイトル

分子動力学法を用いた氷の融解に関する研究

著者名

姜, 埰東

著者別名

カン, チェドン

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3431号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / 1-1 / (0011.jp2)
  4. 1-1まえがき / 1-1 / (0011.jp2)
  5. 1-2 研究の背景 / 1-2 / (0012.jp2)
  6. 1-3 従来の研究 / 1-4 / (0014.jp2)
  7. 1-4 本論文の目的 / 1-13 / (0023.jp2)
  8. 1-5 本論文の概要 / 1-13 / (0023.jp2)
  9. 第2章 体積一定条件下における氷の壁面融解現象 / 2-1 / (0026.jp2)
  10. 2-1 融点の算出について / 2-1 / (0026.jp2)
  11. 2-2 非球型の剛体における運動方程式 / 2-6 / (0031.jp2)
  12. 2-3 初期状態および加熱条件 / 2-11 / (0036.jp2)
  13. 2-4 周期境界条件 / 2-12 / (0037.jp2)
  14. 2-5 融解過程 / 2-14 / (0039.jp2)
  15. 2-6 融解潜熱について / 2-28 / (0053.jp2)
  16. 2-7 本章の結論 / 2-35 / (0060.jp2)
  17. 第3章 大気圧条件下における氷の融解現象 / 3-1 / (0063.jp2)
  18. 3-1 まえがき / 3-1 / (0063.jp2)
  19. 3-2 圧力一定の条件 / 3-1 / (0063.jp2)
  20. 3-3 計算方法 / 3-4 / (0066.jp2)
  21. 3-4 大気圧下でのBNSモデルの検討 / 3-5 / (0067.jp2)
  22. 3-5 TIP4Pモデル / 3-7 / (0069.jp2)
  23. 3-6 体積一定条件下で壁面加熱を伴う氷の融解(TIP4Pモデル) / 3-10 / (0072.jp2)
  24. 3-7 初期配置 / 3-10 / (0072.jp2)
  25. 3-8 融解過程 / 3-10 / (0072.jp2)
  26. 3-9 本章の結論 / 3-34 / (0096.jp2)
  27. 第4章 氷の結晶構造上の違いが融解現象に及ぼす影響 / 4-1 / (0099.jp2)
  28. 4-1 分子配置 / 4-1 / (0099.jp2)
  29. 4-2 加熱方法 / 4-6 / (0104.jp2)
  30. 4-3 体積変化法 / 4-6 / (0104.jp2)
  31. 4-4 融解過程 / 4-8 / (0106.jp2)
  32. 4-5 分子配置による融解現象の違いに関する考察 / 4-21 / (0119.jp2)
  33. 4-6 本章の結論 / 4-27 / (0125.jp2)
  34. 第5章 加熱位置の違いが氷の融解現象に及ぼす影響 / 5-1 / (0128.jp2)
  35. 5-1 加熱方法 / 5-1 / (0128.jp2)
  36. 5-2 体積変化 / 5-2 / (0129.jp2)
  37. 5-3 計算方法 / 5-2 / (0129.jp2)
  38. 5-4 全体加熱 / 5-7 / (0134.jp2)
  39. 5-5 z軸(c軸)に垂直な壁面(<0001>面)加熱 / 5-7 / (0134.jp2)
  40. 5-6 z軸(c軸)に平行な壁面(<1010>面)加熱 / 5-16 / (0143.jp2)
  41. 5-7 点加熱 / 5-26 / (0153.jp2)
  42. 5-8 本章の結論 / 5-34 / (0161.jp2)
  43. 第6章 結論 / 6-1 / (0164.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153633
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092653
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317947
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ