ウニ卵細胞内におけるガングリオシド

この論文をさがす

著者

    • 庄籠, 秀彦 ショウゴモリ, ヒデヒコ

書誌事項

タイトル

ウニ卵細胞内におけるガングリオシド

著者名

庄籠, 秀彦

著者別名

ショウゴモリ, ヒデヒコ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第3473号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 略号 / (0005.jp2)
  4. I.序論 / p1 (0006.jp2)
  5. II.結果 / p5 (0010.jp2)
  6. 1.抗M5モノクローナル抗体の反応特異性 / p5 (0010.jp2)
  7. 2.未受精卵単離表層を用いた免疫電子顕微鏡法によるM5ガングリオシドの分布 / p5 (0010.jp2)
  8. 3.凍結置換後の試料中に残存するガングリオシド量 / p6 (0011.jp2)
  9. 4.末受精卵におけるM5ガングリオシドの分布 / p7 (0012.jp2)
  10. 5.細胞分画 / p8 (0013.jp2)
  11. 6.卵黄顆粒ライゼート可溶性画分中に存在するM5ガングリオシドの存在状態 / p9 (0014.jp2)
  12. 7.M5ガングリオシドと卵黄リポタンパク質との相互作用 / p9 (0014.jp2)
  13. 8.受精後の胚におけるM5ガングリオシドの分布 / p10 (0015.jp2)
  14. III.考察 / p25 (0030.jp2)
  15. 1.ガングリオシドの細胞内分布を調べる手段としての免疫電子顕微鏡法 / p25 (0030.jp2)
  16. 2.小胞体に存在するM5ガングリオシド / p27 (0032.jp2)
  17. 3.卵黄顆粒に存在するM5ガングリオシド / p28 (0033.jp2)
  18. 4.微絨毛の細胞膜に存在するM5ガングリオシド / p29 (0034.jp2)
  19. 5.初期胚におけるM5ガングリオシドの分布 / p30 (0035.jp2)
  20. IV.総括 / p31 (0036.jp2)
  21. V.材料と方法 / p32 (0037.jp2)
  22. 1.実験動物及びその配偶子 / p32 (0037.jp2)
  23. 2.抗M5ガングリオシドモノクローナル抗体 / p32 (0037.jp2)
  24. 3.TLC免疫染色及びウェスタンブロッテイング / p32 (0037.jp2)
  25. 4.前包埋法による免疫電子顕微鏡法 / p33 (0038.jp2)
  26. 5.後包埋法による免疫電子顕微鏡法 / p34 (0039.jp2)
  27. 6.未受精卵の細胞分画 / p35 (0040.jp2)
  28. 7.卵黄顆粒ライゼートの調製と解析 / p36 (0041.jp2)
  29. 8.M5ガングリオシドと卵黄リポタンパク質との相互作用 / p36 (0041.jp2)
  30. 9.超遠心浮上法による卵黄リポタンパク質の精製 / p37 (0042.jp2)
  31. 10.受精後の胚におけるM5ガングリオシドの分布 / p37 (0042.jp2)
  32. VI.参考文献 / p38 (0043.jp2)
  33. VII.謝辞 / p42 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153675
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092690
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317989
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ