ナノフィルトレーション膜によるホエー中の非タンパク態窒素成分の分離に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 徐, 建華 ジョ, ケンカ

書誌事項

タイトル

ナノフィルトレーション膜によるホエー中の非タンパク態窒素成分の分離に関する研究

著者名

徐, 建華

著者別名

ジョ, ケンカ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3506号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 既往の研究の概要 / p9 (0015.jp2)
  6. 1.3 本研究の背景と目的 / p12 (0018.jp2)
  7. 1.4 論文の構成と内容 / p13 (0019.jp2)
  8. 第2章 ホエー溶液中の非タンパク態窒素成分と金属イオンの分離 / p14 (0020.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p14 (0020.jp2)
  10. 2.2 実験装置と実験方法 / p15 (0021.jp2)
  11. 2.3 実験結果及び考察 / p23 (0029.jp2)
  12. 2.4 本章のまとめ / p32 (0038.jp2)
  13. 第3章 ホエーモデル溶液を用いたカルニチンと金属イオンの分離特性の検討 / p33 (0039.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p33 (0039.jp2)
  15. 3.2 実験と実験方法 / p34 (0040.jp2)
  16. 3.3 結果と考察 / p36 (0042.jp2)
  17. 3.4 本章のまとめ / p51 (0057.jp2)
  18. 第4章 イオンの膜透過モデル / p52 (0058.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p52 (0058.jp2)
  20. 4.2 膜電位 / p53 (0059.jp2)
  21. 4.3 膜へのイオンの吸着と膜の含水率 / p59 (0065.jp2)
  22. 4.4 イオンの膜透過モデルの構築 / p66 (0072.jp2)
  23. 4.5 単成分系についてのパラメーターの求め方 / p74 (0080.jp2)
  24. 4.6 本章のまとめ / p81 (0087.jp2)
  25. 第5章 分離プロセスのシミュレーション / p82 (0088.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p82 (0088.jp2)
  27. 5.2 ホエー濃縮についてのモデルの検証 / p83 (0089.jp2)
  28. 5.3 クロスフロー型膜モジュールの必要な面積 / p96 (0102.jp2)
  29. 5.4 所要面積と塩分除去率への操作条件の影響 / p102 (0108.jp2)
  30. 5.5 本章のまとめ / p105 (0111.jp2)
  31. 第6章 総括 / p106 (0112.jp2)
  32. 6.1 本研究の総括 / p106 (0112.jp2)
  33. 6.2 今後の課題 / p108 (0114.jp2)
  34. 使用記号 / p111 (0117.jp2)
  35. 引用文献 / p114 (0120.jp2)
  36. 本論文に関する著者の論文と学会口頭発表 / p119 (0125.jp2)
  37. 謝辞 / p120 (0126.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153708
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092723
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318022
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ