微生物農薬作用を有する枯草菌が生産する低分子ペプチド性物質に関する分子生物学的解析

この論文をさがす

著者

    • 黄, 介辰 コウ, カイシン

書誌事項

タイトル

微生物農薬作用を有する枯草菌が生産する低分子ペプチド性物質に関する分子生物学的解析

著者名

黄, 介辰

著者別名

コウ, カイシン

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3547号

学位授与年月日

1997-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  4. 1-1 微生物を利用した植物の病害防除 / p1 (0010.jp2)
  5. 1-2 Bacillus属が生産するペプチド性物質に関する研究 / p1 (0010.jp2)
  6. 1-3 Siderophoreに関する研究 / p3 (0012.jp2)
  7. 1-4 本研究の目的と概要 / p6 (0015.jp2)
  8. 参考文献 / p8 (0017.jp2)
  9. 表、図 / p11 (0020.jp2)
  10. 第2章 枯草菌のペプチド性抗生物質生産に関連する遺伝子の単離 / p17 (0026.jp2)
  11. 2-1 緒論 / p17 (0026.jp2)
  12. 2-2 制限酵素切断点地図及び小型化 / p18 (0027.jp2)
  13. 2-3 塩基配列の決定 / p21 (0030.jp2)
  14. 2-4 考察 / p22 (0031.jp2)
  15. 参考文献 / p24 (0033.jp2)
  16. 表、図 / p26 (0035.jp2)
  17. 第3章 遺伝子産物の相同性検索と特性検討 / p36 (0045.jp2)
  18. 3-1 緒論 / p36 (0045.jp2)
  19. 3-2 相同性を持つ遺伝子の検討 / p36 (0045.jp2)
  20. 3-3 コア配列と相同性を持つ遺伝子の検索 / p38 (0047.jp2)
  21. 3-4 遺伝子配列による遺伝子産物の分析 / p40 (0049.jp2)
  22. 3-5 近傍領域の検討 / p41 (0050.jp2)
  23. 参考文献 / p43 (0052.jp2)
  24. 表、図 / p46 (0055.jp2)
  25. 第4章 lpa-14遺伝子の機能解析 / p58 (0067.jp2)
  26. 4-1 緒論 / p58 (0067.jp2)
  27. 4-2 相同性を示した遺伝子の機能的互換性 / p58 (0067.jp2)
  28. 4-3 C末端アミノ酸配列と抗生物質生産性の相関関係 / p62 (0071.jp2)
  29. 4-4 遺伝子産物が機能できるペプチド鎖の長さ / p63 (0072.jp2)
  30. 4-5 sfpº遺伝子が染色休において機能しない原因の探索 / p65 (0074.jp2)
  31. 参考文献 / p68 (0077.jp2)
  32. 表、図 / p69 (0078.jp2)
  33. 第5章 B.subtilis RB14株からのsiderophoreの単離と解析 / p87 (0096.jp2)
  34. 5-1 緒論 / p87 (0096.jp2)
  35. 5-2 lpa-14とsiderophore生産の関係 / p88 (0097.jp2)
  36. 5-3 RB14株が生産するsiderophore、2,3-dihydroxybenzoylglycineの単離 / p90 (0099.jp2)
  37. 5-4 2,3-DHBGの化学合成及びHPLCによる検出システム / p93 (0102.jp2)
  38. 5-5 2,3-DHBGの生産とlpa-14遺伝子との関連についての検討 / p94 (0103.jp2)
  39. 5-6 C末端アミノ酸配列と2,3-DHBGの生産性 / p96 (0105.jp2)
  40. 5-7 B.subtilis168による2,3-DHBGの生産性 / p97 (0106.jp2)
  41. 5-8 結論 / p99 (0108.jp2)
  42. 参考文献 / p100 (0109.jp2)
  43. 表、図 / p102 (0111.jp2)
  44. 第6章 lpa-14遺伝子産物の機能メカニズムの検討 / p114 (0123.jp2)
  45. 6-1 緒論 / p114 (0123.jp2)
  46. 6-2 タンパク質機能領域(特異配列)の検索 / p115 (0124.jp2)
  47. 6-3 Casein kinase-2(CK-2)にリン酸化されるB-50タンパク質との類似性 / p116 (0125.jp2)
  48. 6-4 機能メカニズムモデル / p118 (0127.jp2)
  49. 参考文献 / p120 (0129.jp2)
  50. 表、図 / p122 (0131.jp2)
  51. 第7章 Surfactinの生産に関与する新たな制御遺伝子の単離 / p128 (0137.jp2)
  52. 7-1 緒論 / p128 (0137.jp2)
  53. 7-2 R△1/pClllのsurfactin生産性 / p128 (0137.jp2)
  54. 7-3 srfP遺伝子塩基配列の決定及び相同性の検索 / p130 (0139.jp2)
  55. 7-4 RB14株のsrfP欠損株の取得及びそのiturin A、surfactin生産性 / p132 (0141.jp2)
  56. 参考文献 / p134 (0143.jp2)
  57. 表、図 / p135 (0144.jp2)
  58. 第8章 結論 / p144 (0153.jp2)
  59. 8-1 本研究のまとめ / p144 (0153.jp2)
  60. 8-2 今後の展開 / p146 (0155.jp2)
  61. 8-3 考える農薬-微生物農薬の展望 / p147 (0156.jp2)
  62. 参考文献 / p148 (0157.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153749
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092763
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318063
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ