音声・オーディオ用高精度A/D、D/A変換回路設計技術の研究

この論文をさがす

著者

    • 松谷, 康之 マツヤ, ヤスユキ

書誌事項

タイトル

音声・オーディオ用高精度A/D、D/A変換回路設計技術の研究

著者名

松谷, 康之

著者別名

マツヤ, ヤスユキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2915号

学位授与年月日

1996-06-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 1.序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 まえがき / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 A/D、D/A変換回路の方式と適用 / p2 (0007.jp2)
  6. 1.3 各回路の適用領域と本研究の範囲 / p11 (0011.jp2)
  7. 1.4 高精度A/D・D/A変換回路の性能推移および技術推移と本研究の位置付け / p14 (0013.jp2)
  8. 1.5 本論の構成 / p18 (0015.jp2)
  9. 1.6 まとめ / p19 (0015.jp2)
  10. 2.荷重回路によるA/D・D/A変換回路技術 / p21 (0016.jp2)
  11. 2.1 まえがき / p21 (0016.jp2)
  12. 2.2 荷重回路A/D・D/A変換器の構成と検討課題 / p21 (0016.jp2)
  13. 2.3 荷重回路の精度と設計 / p22 (0017.jp2)
  14. 2.4 S/H回路の高精度化 / p27 (0019.jp2)
  15. 2.5 荷重回路の精度補正 / p31 (0021.jp2)
  16. 2.6 まとめ / p42 (0027.jp2)
  17. 3.ノイズシェーピング変換方式 / p44 (0028.jp2)
  18. 3.1 まえがき / p44 (0028.jp2)
  19. 3.2 ノイズシェーピングの原理 / p45 (0028.jp2)
  20. 3.3 ノイズシェーピングの精度 / p47 (0029.jp2)
  21. 3.4 高次ノイズシェーピング方式 / p52 (0032.jp2)
  22. 3.5 カスケード構成による高次化 / p58 (0035.jp2)
  23. 3.6 低電圧ノイズシェーピング回路 / p64 (0038.jp2)
  24. 3.7 ノイズシェーピング回路の研究の流れ / p68 (0040.jp2)
  25. 3.8 まとめ / p68 (0040.jp2)
  26. 4.ノイズシェーピングA/D・D/A変換器の設計 / p71 (0041.jp2)
  27. 4.1 まえがき / p71 (0041.jp2)
  28. 4.2 積分器の設計手法 / p72 (0042.jp2)
  29. 4.3 DACの設計 / p79 (0045.jp2)
  30. 4.4 量子化器の設計 / p88 (0050.jp2)
  31. 4.5 低電圧化 / p88 (0050.jp2)
  32. 4.6 微小直流入力による発振 / p94 (0053.jp2)
  33. 4.7 A/D・D/A変換器の回路・性能例 / p95 (0053.jp2)
  34. 4.8 まとめ / p109 (0060.jp2)
  35. 5.ノイズシェーピング回路におけるディジタル回路技術 / p112 (0062.jp2)
  36. 5.1 まえがき / p112 (0062.jp2)
  37. 5.2 MASH回路における積分器特性変動の補正技術 / p113 (0062.jp2)
  38. 5.3 歪み補正技術 / p115 (0063.jp2)
  39. 5.4 DACの誤差補正技術 / p116 (0064.jp2)
  40. 5.5 デシーション・インタポレーション回路 / p119 (0065.jp2)
  41. 5.6 ディジタルフィルタの回路構成 / p121 (0066.jp2)
  42. 5.7 ノイズシェーピング回路におけるディジタルフィルタの効果 / p126 (0069.jp2)
  43. 5.8 まとめ / p126 (0069.jp2)
  44. 6.ノイズシェーピング回路のシミュレーション技術 / p130 (0071.jp2)
  45. 6.1 まえがき / p130 (0071.jp2)
  46. 6.2 Fortranによるシミュレーション手法 / p131 (0071.jp2)
  47. 6.3 要素回路の非理想特性を考慮したシミュレーション / p139 (0075.jp2)
  48. 6.4 本シミュレーション手法の確度と効果 / p146 (0079.jp2)
  49. 6.5 まとめ / p148 (0080.jp2)
  50. 7.今後の動向と低電圧化技術 / p149 (0080.jp2)
  51. 7.1 まえがき / p149 (0080.jp2)
  52. 7.2 高精度A/D・D/A変換器の動向 / p149 (0080.jp2)
  53. 7.3 高精度化および広帯域化 / p150 (0081.jp2)
  54. 7.4 低電圧化 / p150 (0081.jp2)
  55. 7.5 まとめ / p153 (0082.jp2)
  56. 8.終章 / p155 (0083.jp2)
  57. 謝辞 / p158 (0085.jp2)
  58. 本研究に関する論文・発表文献・特許リスト / p159 (0085.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153785
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092799
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318099
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ