分子動力学法による固体液体の構造と物性の研究

この論文をさがす

著者

    • 三上, 益弘 ミカミ, マスヒロ

書誌事項

タイトル

分子動力学法による固体液体の構造と物性の研究

著者名

三上, 益弘

著者別名

ミカミ, マスヒロ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第3025号

学位授与年月日

1997-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2 計算化学による物質の理論的解明の現状 / p1 (0009.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的と本論文の構成 / p6 (0014.jp2)
  7. 参照文献 / p8 (0016.jp2)
  8. 第2章 分子動力学法の計算方法 / p9 (0017.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p9 (0017.jp2)
  10. 2.2 分子動力学法の概要 / p10 (0018.jp2)
  11. 2.3 分子動力学法の理論体系 / p14 (0022.jp2)
  12. 2.4 剛体系の分子動力学法 / p16 (0024.jp2)
  13. 2.5 拘束系の分子動力学法 / p21 (0029.jp2)
  14. 2.6 温度・圧力一定の分子動力学法 / p28 (0036.jp2)
  15. 2.7 化学ポテンシャル一定の分子動力学法 / p32 (0040.jp2)
  16. 2.8 周期境界条件 / p37 (0045.jp2)
  17. 2.9 静電ポテンシャルの計算方法 / p41 (0049.jp2)
  18. 2.10 数値積分法 / p50 (0058.jp2)
  19. 2.11 高速化の方法 / p55 (0063.jp2)
  20. 参照文献 / p59 (0067.jp2)
  21. 第3章 ポテンシャル関数 / p61 (0069.jp2)
  22. 3.1 緒言 / p61 (0069.jp2)
  23. 3.2 ポテンシャル関数の概要 / p62 (0070.jp2)
  24. 3.3 ペアポテンシャル関数 / p64 (0072.jp2)
  25. 3.4 ペア汎関数ポテンシャル関数 / p71 (0079.jp2)
  26. 3.5 クラスターポテンシャル関数 / p75 (0083.jp2)
  27. 3.6 クラスター汎関数ポテンシャル関数 / p78 (0086.jp2)
  28. 3.7 分子間モデルポテンシャル関数 / p82 (0090.jp2)
  29. 3.8 ポテンシャル関数データーベース / p85 (0093.jp2)
  30. 参照文献 / p90 (0098.jp2)
  31. 第4章 シミュレーション結果の解析方法 / p92 (0100.jp2)
  32. 4.1 緒言 / p92 (0100.jp2)
  33. 4.2 アンサンブル平均 / p92 (0100.jp2)
  34. 4.3 熱力学的諸量 / p94 (0102.jp2)
  35. 4.4 構造情報 / p97 (0105.jp2)
  36. 4.5 輸送係数 / p100 (0108.jp2)
  37. 4.6 分光学的性質 / p103 (0111.jp2)
  38. 参照文献 / p106 (0114.jp2)
  39. 第5章 溶融硝酸リチウム塩とルビジウム塩の構造と動的性質の研究 / p107 (0115.jp2)
  40. 5.1 緒言 / p107 (0115.jp2)
  41. 5.2 分子動力学シミュレーションの方法 / p108 (0116.jp2)
  42. 5.3 溶融硝酸リチウムとルビジウム塩の構造 / p108 (0116.jp2)
  43. 5.4 溶融硝酸リチウムとルビジウム塩の動的性質 / p112 (0120.jp2)
  44. 5.5 結論 / p114 (0122.jp2)
  45. 参照文献 / p115 (0123.jp2)
  46. 第6章 溶融Na(N0₃-N0₂)系の構造と動的性質の研究 / p127 (0135.jp2)
  47. 6.1 緒言 / p127 (0135.jp2)
  48. 6.2 分子動力学シミュレーションの方法 / p127 (0135.jp2)
  49. 6.3 結果と考察 / p128 (0136.jp2)
  50. 6.4 結果 / p132 (0140.jp2)
  51. 参照文献 / p133 (0141.jp2)
  52. 第7章 LJ物質の薄膜構造の研究 / p145 (0153.jp2)
  53. 7.1 緒言 / p145 (0153.jp2)
  54. 7.2 計算モデル系と計算方法 / p145 (0153.jp2)
  55. 7.3 結果と考察 / p147 (0155.jp2)
  56. 7.4 結論 / p153 (0161.jp2)
  57. 参照文献 / p154 (0162.jp2)
  58. 第8章 ベンゼンクラスターの構造の研究 / p172 (0180.jp2)
  59. 8.1 緒言 / p172 (0180.jp2)
  60. 8.2 計算方法 / p173 (0181.jp2)
  61. 8.3 結果と考察 / p175 (0183.jp2)
  62. 8.4 結論 / p177 (0185.jp2)
  63. 参照文献 / p179 (0187.jp2)
  64. 第9章 反強誘電性液晶の構造の研究 / p191 (0199.jp2)
  65. 9.1 緒言 / p191 (0199.jp2)
  66. 9.2 計算方法 / p193 (0201.jp2)
  67. 9.3 結果 / p194 (0202.jp2)
  68. 9.4 考察 / p196 (0204.jp2)
  69. 9.5 結論 / p198 (0206.jp2)
  70. 参照文献 / p199 (0207.jp2)
  71. 第10章 リン酸アルミニウム塩の圧力誘起構造相転移の研究 / p214 (0222.jp2)
  72. 10.1 緒言 / p214 (0222.jp2)
  73. 10.2 分子動力学シミュレーションの方法 / p215 (0223.jp2)
  74. 10.3 結果と考察 / p217 (0225.jp2)
  75. 10.4 結論 / p220 (0228.jp2)
  76. 参照文献 / p221 (0229.jp2)
  77. 第11章 遷移金属の応力誘起相転移の研究 / p233 (0241.jp2)
  78. 11.1 緒言 / p233 (0241.jp2)
  79. 11.2 計算方法 / p233 (0241.jp2)
  80. 11.3 結果と考察 / p235 (0243.jp2)
  81. 11.4 結論 / p239 (0247.jp2)
  82. 第12章 総括 / p248 (0256.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153895
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092909
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318209
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ