反応時間課題の遂行過程における異系感覚刺激の効果

この論文をさがす

著者

    • 中野, 良樹 ナカノ, ヨシキ

書誌事項

タイトル

反応時間課題の遂行過程における異系感覚刺激の効果

著者名

中野, 良樹

著者別名

ナカノ, ヨシキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第6156号

学位授与年月日

1997-10-23

注記・抄録

博士論文

課程

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 本論文の目的と構成 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 人間の情報処理と反応時間課題 / p4 (0008.jp2)
  4. 1.感覚系の特性と相互作用現象 / p4 (0008.jp2)
  5. 2.情報処理心理学 / p7 (0011.jp2)
  6. 3.統合モデルの構築に向けて / p17 (0021.jp2)
  7. 第2章 聴覚刺激を異系感覚刺激とした場合の効果 / p22 (0026.jp2)
  8. 1.感覚間促進効果 / p23 (0027.jp2)
  9. 2.実験1-1:輝度の操作による検討 / p24 (0028.jp2)
  10. 3.実験1-2:音圧の操作による検討 / p31 (0035.jp2)
  11. 4.実験1の考察 / p36 (0040.jp2)
  12. 第3章 ディップ成分とトレント成分の検討 / p39 (0043.jp2)
  13. 1.実験2:音の周波数によるディップ成分の変化 / p39 (0043.jp2)
  14. 2.実験3:トレンド成分のtrade-off検証 / p43 (0047.jp2)
  15. 3.実験4:音の出現確率による検討 / p49 (0053.jp2)
  16. 4.トレンド成分の発生因に関する考察 / p52 (0056.jp2)
  17. 第4章 トレンド成分に関する精神生理学的検討 / p54 (0058.jp2)
  18. 1.事象関連電位 / p54 (0058.jp2)
  19. 2.実験5:LRPとP300による感覚間促進の検討 / p60 (0064.jp2)
  20. 3.実験6:意図的な反応準備と感覚間促進の関連 / p67 (0071.jp2)
  21. 第5章 alertnessの概念による感覚間促進の説明 / p81 (0085.jp2)
  22. 1.alertnessの神経生理学的基盤 / p81 (0085.jp2)
  23. 2.感覚間促進の説明モデル / p88 (0092.jp2)
  24. 第6章 嗅覚刺激を異系感覚刺激とした場合の効果 / p95 (0099.jp2)
  25. 1.実験7:香り刺激の種類と効果の特性 / p96 (0100.jp2)
  26. 2.実験8:感情・情動系を経由した香りの効果 / p108 (0112.jp2)
  27. 3.実験9:香りによる快・不快の感情変化が心的作業に及ぼす影響 / p118 (0122.jp2)
  28. 第7章 反応時間課題の遂行過程と刺激評価系の機能 / p132 (0136.jp2)
  29. 引用文献 / p138 (0142.jp2)
  30. 補遺 / p147 (0151.jp2)
  31. 謝辞 / p153 (0157.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153945
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092957
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000318259
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ