溶融法で作製したYBa[2]Cu[3]O[x]バルク超伝導体における臨界電流密度と応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 木村, 圭一 キムラ, ケイイチ

書誌事項

タイトル

溶融法で作製したYBa[2]Cu[3]O[x]バルク超伝導体における臨界電流密度と応用に関する研究

著者名

木村, 圭一

著者別名

キムラ, ケイイチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7244号

学位授与年月日

1997-06-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 研究の背景と位置づけ / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 溶融法 / p4 (0007.jp2)
  5. 1-3 研究の目的と論文の構成 / p11 (0010.jp2)
  6. 第2章 YBa₂Cu₃Oxバルク超伝導体の液体窒素温度における輸送臨界電流密度 / p21 (0016.jp2)
  7. 2-1 緒言 / p21 (0016.jp2)
  8. 2-2 実験方法 / p22 (0017.jp2)
  9. 2-3 実験結果 / p25 (0018.jp2)
  10. 2-4 考察 / p31 (0021.jp2)
  11. 2-5 小括 / p36 (0024.jp2)
  12. 第3章 YBa₂Cu₃Oxバルク超伝導体内に分散するY₂BaCuO₅相と液体窒素温度における臨界電流密度 / p50 (0031.jp2)
  13. 3-1 緒言 / p50 (0031.jp2)
  14. 3-2 実験方法 / p51 (0032.jp2)
  15. 3-3 結果 / p56 (0034.jp2)
  16. 3-4 考察 / p68 (0040.jp2)
  17. 3-5 小括 / p76 (0044.jp2)
  18. 第4章 YBa₂Cu₃Oxバルク超伝導体の臨界電流密度の温度依存性 / p100 (0057.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p100 (0057.jp2)
  20. 4-2 実験方法 / p101 (0058.jp2)
  21. 4-3 実験結果 / p104 (0059.jp2)
  22. 4-4 考察 / p107 (0061.jp2)
  23. 4-5 小括 / p112 (0063.jp2)
  24. 第5章 Y₂BaCuO₅相の微細化による臨界電流密度の向上 / p136 (0075.jp2)
  25. 5-1 緒 言 / p136 (0075.jp2)
  26. 5-2 実験方法 / p137 (0076.jp2)
  27. 5-3 実験結果 / p139 (0077.jp2)
  28. 5-4 小括 / p143 (0079.jp2)
  29. 第6章 YBa₂Cu₃Oxバルク超伝導体の応用 / p150 (0082.jp2)
  30. 6-1 緒言 / p150 (0082.jp2)
  31. 6-2 YBa₂Cu₃Oxバルク超伝導体の接合 / p153 (0084.jp2)
  32. 6-3 200A級電流リードの実用化 / p159 (0087.jp2)
  33. 6-4 1000A級電流リードの試作 / p165 (0090.jp2)
  34. 6-5 小括 / p171 (0093.jp2)
  35. 第7章 総括 / p196 (0108.jp2)
  36. 7-1 本研究の総括 / p196 (0108.jp2)
  37. 7-2 今後の課題 / p199 (0110.jp2)
  38. 参考文献 / p201 (0111.jp2)
  39. 関連公表文献 / p209 (0115.jp2)
  40. 謝辞 / p211 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153961
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092973
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318275
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ