近世日本の儒学と兵学

この論文をさがす

著者

    • 前田, 勉 マエダ, ツトム

書誌事項

タイトル

近世日本の儒学と兵学

著者名

前田, 勉

著者別名

マエダ, ツトム

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第7261号

学位授与年月日

1997-06-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はじめに / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 近世思想史の対立軸としての兵学と朱子学 / p11 (0008.jp2)
  3. 第一節 朱子学不適合説の問題 / p13 (0009.jp2)
  4. 第二節 兵営国家と兵学 / p19 (0012.jp2)
  5. 第三節 近世日本の朱子学の可能性 / p41 (0023.jp2)
  6. 第四節 兵学と朱子学との対立点 / p67 (0036.jp2)
  7. 第一章 林家の朱子学 / p81 (0043.jp2)
  8. 第一節 林羅山の挫折 / p83 (0044.jp2)
  9. 一、羅山の「天地の間の一廃人」意識 / p83 (0044.jp2)
  10. 二、羅山の挫折体験 / p86 (0046.jp2)
  11. 三、「堪忍」の処世法 / p91 (0048.jp2)
  12. 四、排仏論の意義 / p94 (0050.jp2)
  13. 五、羅山の兵書解釈の矛盾 / p100 (0053.jp2)
  14. 六、羅山を継ぐ者 / p107 (0056.jp2)
  15. 第二節 林読耕斎の隠逸願望 / p116 (0061.jp2)
  16. 一、読耕斎の「山林」願望 / p116 (0061.jp2)
  17. 二、読耕斎の当代批判 / p118 (0062.jp2)
  18. 三、持続する批判精神 / p121 (0063.jp2)
  19. 四、読耕斎の憂愁 / p125 (0065.jp2)
  20. 第二章 山鹿素行の「異端」批判 / p133 (0069.jp2)
  21. 第一節 素行学確立以前の兵学と朱子学―素行の「遊民」批判― / p135 (0070.jp2)
  22. 一、「武門之学問」としての素行学 / p135 (0070.jp2)
  23. 二、山鹿流兵学の軍隊統制論と社会観 / p137 (0071.jp2)
  24. 三、神儒仏老一致時代と朱子学中心時代 / p142 (0074.jp2)
  25. 四、素行学の成立 / p150 (0078.jp2)
  26. 第二節 素行の心性論 / p161 (0083.jp2)
  27. 一、『亡羊談』の「自発」 / p161 (0083.jp2)
  28. 二、「感通知識」する性 / p164 (0085.jp2)
  29. 三、情欲と誠意説 / p175 (0090.jp2)
  30. 四、素行の「誠」 / p180 (0093.jp2)
  31. 第三節 素行の「異端」統制策 / p189 (0097.jp2)
  32. 一、寛文期の政治課題と素行 / p189 (0097.jp2)
  33. 二、素行の「異端」認識 / p195 (0100.jp2)
  34. 三、林鵞峰の「異端」対策 / p198 (0102.jp2)
  35. 四、「いがた」による風俗教化 / p205 (0105.jp2)
  36. 五、「詭道」としての「いがた」 / p211 (0108.jp2)
  37. 第三章 徂徠学の原型 / p225 (0115.jp2)
  38. 第一節 『孫子国字解』の思想 / p227 (0116.jp2)
  39. 一、『孫子国字解』の注釈態度 / p227 (0116.jp2)
  40. 二、謀略的な軍隊統制論 / p229 (0117.jp2)
  41. 三、『鈐録』との関連 / p243 (0124.jp2)
  42. 第二節 兵学と「聖人の道」の接点 / p252 (0129.jp2)
  43. 一、徂徠学における『易』の位置 / p252 (0129.jp2)
  44. 二、徂徠『易』解釈 / p253 (0129.jp2)
  45. 三、「天命」と決断 / p268 (0137.jp2)
  46. 第四章 反徂徠学者の兵学と朱子学 / p279 (0142.jp2)
  47. 第一節 闇斎学派の『孫子』注釈 / p281 (0143.jp2)
  48. 一、山口春水と「孫子考」 / p281 (0143.jp2)
  49. 二、『孫子考』の注釈態度 / p284 (0145.jp2)
  50. 三、浅見絅斎・若林強斎の兵学観 / p288 (0147.jp2)
  51. 四、軍隊統制論と戦術論 / p291 (0148.jp2)
  52. 五、春水の矛盾 / p299 (0152.jp2)
  53. 第二節 松宮観山の徂徠批判 / p304 (0155.jp2)
  54. 一、観山の略伝 / p304 (0155.jp2)
  55. 二、『鈐録』の兵学思想への批判 / p308 (0157.jp2)
  56. 三、徂徠の「聖人の道」への共感と反撥 / p316 (0161.jp2)
  57. 第三節 観山の経世策 / p331 (0168.jp2)
  58. 一、観山のイデオロギー政策 / p331 (0168.jp2)
  59. 二、観山の経済政策 / p341 (0173.jp2)
  60. 三、観山の思想の影響 / p347 (0176.jp2)
  61. 第五章 幕末の兵学と朱子学 / p357 (0181.jp2)
  62. 第一節 『新論』の尊王攘夷思想 / p359 (0182.jp2)
  63. 一、後期水戸学のバックボーン / p359 (0182.jp2)
  64. 二、戦略・戦術論の基本的砕組みとしての『孫子』 / p361 (0183.jp2)
  65. 三、横井小楠の「事功派」批判 / p366 (0186.jp2)
  66. 四、徂徠学との異同 / p373 (0189.jp2)
  67. 五、後期水戸学の「富国強兵」策 / p380 (0193.jp2)
  68. 第二節 古賀侗庵の世界認識 / p396 (0201.jp2)
  69. 一、「儒林の贅物、聖代の畸人」侗庵 / p396 (0201.jp2)
  70. 二、侗庵の中国観 / p401 (0203.jp2)
  71. 三、侗庵の西洋観 / p408 (0207.jp2)
  72. 四、侗庵の自国意識 / p414 (0210.jp2)
  73. 第三節 幕末日本のアヘン戦争観 / p426 (0216.jp2)
  74. 一、古賀侗庵の『鴉片醸変記』 / p426 (0216.jp2)
  75. 二、侗庵のアヘン戦争観の影響 / p431 (0218.jp2)
  76. 三、道義と軍事力の緊張 / p438 (0222.jp2)
  77. 第四節 吉田松陰における兵学と朱子学の止揚 / p447 (0226.jp2)
  78. 一、松陰理解の前提 / p447 (0226.jp2)
  79. 二、松蔭の山鹿流兵学批判 / p449 (0227.jp2)
  80. 三、松蔭の昌平黌朱子学批判 / p456 (0231.jp2)
  81. 四、松蔭の思想の意義 / p464 (0235.jp2)
  82. あとがき / p475 (0240.jp2)
  83. 索引 / p492 (0249.jp2)
18アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153978
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001092990
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318292
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ