NEP阻害活性を有する2,4-ジ置換ペンタンジカルボン酸アミド誘導体の合成

この論文をさがす

著者

    • 菅野, 英幸 カンノ, ヒデユキ

書誌事項

タイトル

NEP阻害活性を有する2,4-ジ置換ペンタンジカルボン酸アミド誘導体の合成

著者名

菅野, 英幸

著者別名

カンノ, ヒデユキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第7339号

学位授与年月日

1997-11-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 キラルN-Acyloxazolidinoneへのジアステレオ選択的アルキル化反応による4位置換2-Benzylpentanedioic Acid Amide 誘導体の合成 / p10 (0008.jp2)
  4. 第二章 キラルN-Acyloxazolidinoneのジアステレオ選択的付加―脱離反応による2-Biphenylmethyl-4-phenoxymethylpentanedioic Acid Amide 誘導体の合成 / p16 (0011.jp2)
  5. 第一節 ジアステレオ選択的な付加―脱離反応を適用する鍵中間体4-Phenoxymethylenepentanedioic Acid 誘導体の合成 / p17 (0011.jp2)
  6. 第二節 2位置換4-Phenoxymethylpentanedioic Acid Amide 誘導体の合成 / p21 (0013.jp2)
  7. 第三節 2-ビフェニルメチル誘導体の絶対構造の決定 / p26 (0016.jp2)
  8. 第三章 キラルN-Acyloxazolidinoneへのパラジウム触媒ジアステレオ選択的カップリング反応を適用する4位置換2-Biphenylmethylpentanedioic AcidAmide誘導体の合成 / p29 (0017.jp2)
  9. 第一節 鍵中間体2-Biphenylmethyl-4-alkylidenepentandioic Acid 誘導体およびその類縁体の合成:パラジウム触媒下のN-AcyloxazolidinoneとAcrylate類とのジアステレオ選択的カップリング反応の発見 / p29 (0017.jp2)
  10. 第二節 4-Alkyl(or 4-Alkylidene)-2-biphenylmethylpentanedioic Acid Amide 誘導体およびその類縁体の合成 / p35 (0020.jp2)
  11. 第三節 4-Methyl-2-(5-phenylpyrimidin-2-yl)methylpentanedioic Acid Amide 誘導体の合成 / p38 (0022.jp2)
  12. 第四章 誘導体のインビトロNEP阻害活性 / p40 (0023.jp2)
  13. 第一節 [化学式]部分の変換と構造活性相関 / p40 (0023.jp2)
  14. 第二節 [化学式]部分の変換と構造活性相関 / p43 (0024.jp2)
  15. 結論 / p48 (0027.jp2)
  16. 謝辞 / p50 (0028.jp2)
  17. 第五章 実験の部 / p51 (0028.jp2)
  18. 第一節 第一章の実験 / p52 (0029.jp2)
  19. 第二節 第二章第一節の実験 / p65 (0035.jp2)
  20. 第三節 第二章第二節の実験 / p74 (0040.jp2)
  21. 第四節 第二章第三節の実験 / p92 (0049.jp2)
  22. 第五節 第三章第一節の実験 / p98 (0052.jp2)
  23. 第六節 第三章第二節の実験 / p117 (0061.jp2)
  24. 第七節 第三章第三節の実験 / p130 (0068.jp2)
  25. 第八節 第四章の実験 / p136 (0071.jp2)
  26. 参考文献とノート / p140 (0073.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154056
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093067
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318370
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ