ドイツ中世の領邦と貴族

この論文をさがす

著者

    • 服部, 良久 ハットリ, ヨシヒサ

書誌事項

タイトル

ドイツ中世の領邦と貴族

著者名

服部, 良久

著者別名

ハットリ, ヨシヒサ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第9735号

学位授与年月日

1998-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 序論 成立期領邦研究の現状と課題 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一節 帝国と領邦 / p1 (0006.jp2)
  5. 第二節 ブルンナー説をめぐって / p3 (0007.jp2)
  6. 第三節 ブルンナー説と戦後の領邦史研究 / p7 (0009.jp2)
  7. 第四節 オーストリア領邦史研究の課題 / p12 (0012.jp2)
  8. 第一篇 ラントの成立―叙任権闘争期前後における貴族の動向を通して― / p16 (0014.jp2)
  9. 第一章 中世盛期の貴族史・国制史研究の現状と課題 / p16 (0014.jp2)
  10. 第一節 帝国貴族から貴族家門へ / p17 (0015.jp2)
  11. 第二節 シュミット説をめぐって / p19 (0016.jp2)
  12. 第三節 貴族家門と国制―バイエルンを中心に― / p21 (0017.jp2)
  13. 第二章 叙任権闘争以前のバイエルンとその辺境地域 / p24 (0018.jp2)
  14. 問題の所在 / p24 (0018.jp2)
  15. 第一節 再建期のオストマルクにおける貴族集会 / p25 (0019.jp2)
  16. 第二節 一一世紀前半のオストマルクとベーメン・ハンガリー / p28 (0021.jp2)
  17. 第三節 叙任権闘争以前の辺境伯と貴族 / p30 (0022.jp2)
  18. 第四節 エーベルスベルガーの権力基盤と親族構造 / p36 (0026.jp2)
  19. 小括 / p41 (0029.jp2)
  20. 第三章 叙任権闘争期のバイエルン・オストマルク / p43 (0030.jp2)
  21. 第一節 叙任権闘争初期の政治的動向 / p43 (0030.jp2)
  22. 第二節 トゥルン集会とマイルベルクの戦い / p45 (0031.jp2)
  23. 第三節 グレゴリウス改革と貴族 / p47 (0032.jp2)
  24. 第四節 オストマルクと叙任権闘争 / p52 (0034.jp2)
  25. 第四章 叙任権闘争以後のバイエルン・オストマルクの貴族 / p54 (0035.jp2)
  26. 第五章 辺境伯レオポルト三世時代のラント / p68 (0044.jp2)
  27. 小括 / p76 (0048.jp2)
  28. 第二篇 ラントの統合―ミニステリアーレンと騎士・都市― / p78 (0049.jp2)
  29. 第一章 ミニステリアーレン・騎士研究の現状と課題 / p78 (0049.jp2)
  30. 第一節 領邦研究とミニステリアーレン / p78 (0049.jp2)
  31. 第二節 ミニステリアーレンの出自と社会的上昇 / p80 (0050.jp2)
  32. 第三節 法的な能力と制約 / p82 (0051.jp2)
  33. 第四節 騎士研究の動向 / p89 (0055.jp2)
  34. 第五節 領邦形成とミニステリアーレン・騎士 / p94 (0057.jp2)
  35. 第二章 ミニステリアーレンの政治的発展 / p101 (0061.jp2)
  36. 第一節 証書史料におけるミニステリアーレン / p101 (0061.jp2)
  37. 第二節 ミニステリアーレンの上昇とラント / p105 (0063.jp2)
  38. 第三節 ラントヘレン身分と「ヘルシャフト」 / p110 (0065.jp2)
  39. 第四節 ミニステリアーレンとランデスヘル / p115 (0068.jp2)
  40. 第三章 騎士身分の形成 / p121 (0071.jp2)
  41. 第一節 初期の騎士 / p122 (0072.jp2)
  42. 第二節 ランデスヘルのレーエン政策と騎士・都市 / p125 (0073.jp2)
  43. 第四章 一三世紀における政治的ダイナミズムとラント法 / p128 (0075.jp2)
  44. 第一節 フリードリヒ二世時代の蜂起 / p128 (0075.jp2)
  45. 第二節 ベーメン王オトカール/初期ハプスブルク時代 / p130 (0076.jp2)
  46. 第三節 ラント法とラントヘレン・騎士・都市 / p133 (0077.jp2)
  47. 第四節 ヘルシャフトと騎士 / p140 (0081.jp2)
  48. 第五節 宮廷騎士文化・騎士理念と身分的現実 / p142 (0082.jp2)
  49. 小活 / p146 (0084.jp2)
  50. 第三篇 ラントと地域支配―ヘルシャフトの構造― / p148 (0085.jp2)
  51. 第一章 クエンリンガーのヘルシャフトと騎士 / p148 (0085.jp2)
  52. 第一節 クエンリンガーとラント / p148 (0085.jp2)
  53. 第二節 初期のクエンリンガー / p150 (0086.jp2)
  54. 第三節 ヴァルトフィーアテルにおけるヘルシャフトの形成 / p152 (0088.jp2)
  55. 第四節 ヘルシャフト・ツヴェトルと騎士 / p161 (0093.jp2)
  56. 第五節 ヘルシャフト・ヴァイトラと騎士 / p168 (0097.jp2)
  57. 第六節 ヴァッハウ渓谷地方のヘルシャフトと騎士 / p178 (0103.jp2)
  58. 第七節 騎士の共同行為と活動範囲の広がり / p180 (0104.jp2)
  59. 小活 ラント・ヘルシャフト・騎士 / p185 (0106.jp2)
  60. 第二章 ヘルシャフト・シュタイアとラント・上オーストリア / p189 (0108.jp2)
  61. 第一節 ラント・上オーストリアの形成とヘルシャフト・シュタイア / p190 (0109.jp2)
  62. 第二節 オタカール家支配下のヘルシャフト・シュタイア / p194 (0111.jp2)
  63. 第三節 バーベンベルガーとオトカール支配下のヘルシャフト・シュタイア / p197 (0113.jp2)
  64. 第四節 ヘルシャフトとミニステリアーレン / p201 (0115.jp2)
  65. 第五節 シュタイアの市民と騎士 / p205 (0118.jp2)
  66. 第六節 ヘルシャフトとラント・上オーストリア / p213 (0122.jp2)
  67. 結語 / p217 (0124.jp2)
  68. (巻末) / p1 (0126.jp2)
  69. 注 / p1 (0126.jp2)
  70. 参考文献一覧 / p65 (0158.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154103
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093113
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318417
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ