巨視的経済理論の軌跡 : リカードウ、マルサスから「ケインズ革命」まで

この論文をさがす

著者

    • 岡田, 元浩 オカダ, モトヒロ

書誌事項

タイトル

巨視的経済理論の軌跡 : リカードウ、マルサスから「ケインズ革命」まで

著者名

岡田, 元浩

著者別名

オカダ, モトヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第9738号

学位授与年月日

1998-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 序言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第I編 ケインズ以前の巨視的経済理論 / (0007.jp2)
  4. 第1章 古典派経済学時代の巨視的理論 / p5 (0008.jp2)
  5. 1 販路説とその批判者 / p5 (0008.jp2)
  6. 2 リカードウの貨幣経済理論 / p16 (0014.jp2)
  7. 3 マルサスの有効需要理論 / p29 (0020.jp2)
  8. 4 通貨論争と銀行学派 / p47 (0029.jp2)
  9. 第2章 ヴィクセルによるリカードウ的貨幣経済理論の再構築 / p66 (0039.jp2)
  10. 1 ヴィクセル貨幣経済理論の基礎 / p66 (0039.jp2)
  11. 2 ヴィクセルの物価変動理論体系 / p79 (0045.jp2)
  12. 第3章 ホブスンの過少消費説 / p118 (0065.jp2)
  13. 第II編 「ケインズ革命」の生成 / (0080.jp2)
  14. 第1章 『貨幣論』の意義 / p151 (0081.jp2)
  15. 『貨幣論』の重要性―「基本方程式」をめぐって―『貨幣論』の貯蓄観―『貨幣論』における投資価格決定の理論―利子率と巨視的経済変動―『貨幣論』と「ギプソンの逆説」―貨幣と物価―ケインズ対ハイエク,ロバートソン―『貨幣論』と数量説 / p151 (0081.jp2)
  16. 第2章 「ケインズ革命」と『一般理論』 / p195 (0103.jp2)
  17. 1 『貨幣論』的思考の継続期 / p196 (0104.jp2)
  18. 2 「ケインズ革命」 / p201 (0106.jp2)
  19. 3 『一般理論』へ向かって / p232 (0122.jp2)
  20. 4 『一般理論』 / p245 (0128.jp2)
  21. 参考文献 / p257 (0134.jp2)
  22. 後記 / p273 (0142.jp2)
  23. 人名索引 / p275 (0143.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154106
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093116
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318420
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ